(Sponsored Link)

「アンプルールが合わない?副作用で肌荒れ?赤くなった?」

 


アンプルールの化粧品は、美白効果が期待出来るとインターネットや口コミで高い評価を得ています。

 

しかし、美白化粧品と言えば、某化粧品メーカーの白斑問題が記憶に新しく美白化粧品を使うことに躊躇される方も多いのではないでしょうか?

 

 

アンプルールの化粧品は安全か?効果はどれほどか?等について紹介していきます。

 

 

アンプルールの副作用で肌荒れや赤くなるの?

fukusayou

アンプルールの化粧品には新安定型ハイドロキノンという成分が含まれています。

 

 

ハイドロキノンという言葉を某化粧品メーカーの問題から耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか?

 

 

某化粧品メーカーでの白斑問題は、

 

 

某化粧品メーカーの開発した美白成分ロドデノールという成分を肌に与え続けることによって

 

 

肌を守る役割を持つメラニンを作る細胞の働きが弱まったり、

 

 

その細胞が無くなってしまうことによって紫外線のダメージをモロに受けてしまう為に肌に白斑が出来るというものでした。

 

 

その問題の際に同時に問題視されたのがハイドロキノンです。

 

 

それはなぜか?と言いますと、ハイドロキノンにもメラニンの生成を抑制する強い働きがあった為です。

 

 

しかし、ハイドロキノンはロドデノールの問題が起きるまで、耳にしたことがある人は少なかったと思いますが、

 

 

実はハイドロキノンの実績は長く、欧米ではかなり昔からシミの治療法としてハイドロキノンを使用していましたし、

 

 

日本でも皮膚科では処方されていました。

 

 

皮膚科でも医師からの処方が無ければ手に入らなかったのでハイドロキノンを知っている人が少なかったのです。

 

 

ハイドロキノンの美白効果は普通の美白成分のおよそ100倍とも言われています。

 

 

「シミの消しゴム」と言われる程ですのでその効果の高さは予想が出来ます。

 

 

しかし、なぜこのような有効な成分が世に出回らなかったのでしょうか?

 

 

シミが簡単に消せるとなれば世の中の大半の女性は大喜びでしょう。

 

 

ハイドロキノンが世の中に出回らなかった理由としてはハイドロキノンは熱や光に酸化しやすく、

 

 

医師でもその扱いが大変であったことや、その効果が強い為に使い方を間違ってしまうと、

 

 

反対にシミが出来たり、ひどい場合には白斑が起きたり、肌がボロボロになってしまう可能性があったからです。

 

 

ですので皮膚科等でも医師の厳重な注意のもと、少量しか処方されませんでした。

 

 

ですが、この有効な美白成分を世の中に出さないのは勿体ないといち早くハイドロキノンの効果に目を付け、

 

 

ハイドロキノンを化粧品に配合し、家でもクリニックレベルの美白ケアが出来るようにしたいと動き出したのが、

 

 

アンプルールの創設者である皮膚科の女性医師です。

 

anpuru-ru

 

そして、ハイドロキノンを処方箋なしで安全で安心して化粧品として使用出来るように開発を進め、

 

 

新安定型ハイドロキノンを開発しました。

 

 

従来のハイドロキノンは、先ほども説明したような副作用の他、

 

 

赤み、痛み、痒み、時にはアレルギー症状や皮膚炎を引き起こす等の副作用が心配されていました。

 

 

しかし、この新安定型ハイドロキノンは従来のハイドロキノンに安定化を促進させる物質を結合させた為にハイドロキノンの欠点であった熱や光等の影響を受けにくく、

 

 

安定した物質となり、刺激性、アレルギー反応について、

 

 

パッチテストを50名のモニターに対して行ったところ、赤み等を訴えた症例は見られなかったということです。

(Sponsored Link)

 

 

アンプルールに含まれるハイドロキノンは安全?

anpuru-ru

anpuru-ru

先ほども説明しましたようにアンプルールには新安定型ハイドロキノンという成分が配合されています。

 

 

これは従来のハイドロキノンの欠点を安定化をする物質と結合させることによって無くしたものです。

 

 

ハイドロキノンではその副作用が心配されました。

 

 

特に白斑について心配される方が多いと思いますが、ハイドロキノンでの白斑症状は、

 

 

10%以上の濃い濃度のハイドロキノンを使用した場合に発生するもので、

 

 

5%以下のハイドロキノンを使用した場合において白斑の症例は確認されていません。

 

 

このアンプルールにもハイドロキシンは配合されていますが、最大で2.5%と低濃度の為に白斑の心配は無いと言えます。

 

 

配合されているといっても、ハイドロキノンを安定させる物質を加えた新安定型ハイドロキノンを配合していますし、

 

 

この新安定型ハイドロキノンをさらにマイクロカプセル化していますので一気に肌に浸透することが無く、

 

 

ゆっくりと肌に浸透していく為に肌への刺激は更に少なくなります。

 

 

よってアンプルールに含まれるハイドロキノンは安全で、安心して使用出来るものだと言えます。

 

 

アンプルールの成分の効果や安全性とは

anpuru-ru

アンプルールは新安定型ハイドロキノンを配合しているというお話しをしましたが、

 

 

いくらハイドロキノンがシミに効果があり、美白に有効な成分だとしても、

 

 

その成分を2.5%しか含んでおらず、更に手を加えている為にその効果がきちんと得られるのか?

 

 

といった疑問も出てくると思います。

 

 

効果があるのか?に関しましては、

 

 

低濃度でも十分、従来のハイドロキノンと同様の美白効果、シミを消す効果があると言うことが報告されています。

 

 

更にアンプルールでは、新安定型ハイドロキノンと幾つかの成分をカプセルに閉じ込めることによって美白の相乗効果を得る事が出来ます。

 

 

その成分とは、以下の4つとなります。

 

・速効性ビタミンC誘導体(ハイドロキノンに並んで美白効果があるとされている成分で、速効性、安定性にも優れています)

 

・α—リポ酸(体内で参加したビタミンCやビタミンEを再生させる抗酸化作用があります)

 

・レスベラトロール(ポリフェノールの一種でサーチュインを活性化させると言われています)

 

・マキベリーエキス(美肌に有効な抗酸化活性が高いと言われています)

 

 

これらによって更に美白効果を期待出来る商品と言えるでしょう。

 

 

そして口コミや雑誌等でも美白効果が高いという点で良く話題に上がることや、

 

 

皮膚のスペシャリストである皮膚科の医師が開発に携わったという点でもその効果には期待が持てるのではないでしょうか?

 

 

安全性につきましては、先ほども説明しましたように、ハイドロキノンの割合が低濃度だということ。

 

 

しかもハイドロキノンを安定化した新安定型ハイドロキノンを配合し、直接肌に届けるのでは無く、

 

 

マイクロカプセルに閉じ込めて肌に付けることで、ハイドロキノンが一気に肌に浸透することを防ぎます。

 

 

ですので、肌への刺激を少なくしているということから安心して使える化粧品だと言えますね。

 

button_010-300x53

 

(Sponsored Link)