(Sponsored Link)

「ビーグレンで目元ケア!目の下のたるみを解消?」

 

 

目の下にたるみがあったり、クマが出来ていると疲れて見えてしまいますし、何よりも老けて見えてしまうことが多いです。

 

 

人と話をする際には目を見て話すことが礼儀ですのでどうしても目元は人の目線を集めてしまう部分です。

 

 

目元で印象が決まってしまうこともあります。

 

 

目元は皮膚が薄く、メイク等で刺激を受けやすい部分でもあります。

 

 

その為に年齢とともに顕著にダメージが現れます。

 

 

肌の曲がり角はおよそ25歳です。

 

 

20代後半には目元のシワが気になってきたなんて方も少なくないです。

 

 

そして目元はダメージを受けやすいだけでなく、ケアを行っても皮膚が薄い為に保水力も少なく、

 

 

成分も長く留めて置けない為に高価な化粧品を使っても効果が現れにくい部分です。

 

 

そういったしつこいたるみ、クマにも効果を発揮するのがビーグレンです。

 

 

ビーグレンが目の下のたるみやクマに効く理由等について調べました。

 

 

目の下にたるみやクマが出来る原因とは?

b-gren

一言に目の下のたるみと言っても、その原因は様々です。

 

 

・老化が原因によるたるみ

加齢によって足や腕の筋力が下がることは知っておられると思います。

 

 

あまり実感が湧かないかもしれませんが、加齢によって顔の筋力も低下します。

 

 

そうすると頭皮や顔の筋肉が下がってしまう為に目の下にたるみが出来ます。

 

 

また、加齢が原因で目の下の皮膚の弾力性が低下してしまうことによっても目の下にたるみが出来ます。

 

 

 

・体質が原因によるたるみ

生まれ持って目の周りの骨がくぼんでいたり、頬骨が高い、脂肪が柔らかく前に出やすい、

 

 

目の下の皮膚が薄く目の周りの脂肪が多いといった人は目の下のたるみが出来やすいです。

 

 

寒い地方に住む人は目の周りの脂肪が厚く目の下のたるみは目立ちにくいのですが、

 

 

日本人はモンゴロイドの混血人種ですので目の下の皮膚は薄い傾向にあります。

 

 

 

・まばたきが原因によるたるみ

まばたきが原因になるとは驚きですよね。

 

 

まぶたはまばたきをすることによって目の筋力を保っています。

 

 

他の体の部分と同様に加齢とともにまぶたの筋力も衰えます。

 

 

更に現代病としてパソコン、スマートフォン等を見る時間が長い為にまばたきをする回数が減ってしまうと、

 

 

筋力の低下が更に助長されてしまいます。

 

 

筋肉が皮下脂肪を支えているので筋肉が衰えて支えが弱くなると目の下にたるみが出来てしまいます。

 

 

 

・頬骨のゆがみが原因によるたるみ

年齢とともに体にゆがみが出ることは知られていますが、顔や頭にも同様のことが言えます。

 

 

顔や頭にゆがみが出てしまい、顔の骨が内側にずれると目の下にたるみが出来ることがあります。

 

 

 

・化粧品が原因によるたるみ

油分の多い化粧品で、特にイソパラフェンが含まれている場合には、

 

 

この成分が皮膚の細胞に絡みつき、その重さによって目の下にたるみが出来てしまうことがあります。

 

 

 

目の下にクマが出来る原因

b-gren

目の下に出来るクマには4種類があります。

 

 

・赤くま

目の周りには眼輪筋がありますが、血行が悪かったり目の下のふくらみにより眼輪筋が圧迫されてしまうことで

 

圧迫された眼輪筋が透けて赤く見えます。

 

 

・茶くま

目をこすることによる色素沈着、角質肥厚、小さいシミの集合体などが原因になります。

 

 

・黒くま

加齢等により目元にたるみが出来ることが原因です。

 

 

・青くま

血行不良や肌荒れ、生まれつき皮膚が薄いことが原因になります。

(Sponsored Link)

 

 

ビーグレンの成分は目の下のたるみやクマに効果的?

b-gren

ビーグレンが他の化粧品と違う点は、サイエンスコスメであるという点です。

 

 

浸透テクノロジーの第一人者であるブライアン・ケラー氏が生み出したキューソームという技術を使用することにより、

 

 

肌に医療並みのアプローチをすることを可能としています。

 

 

ビーグレンシリーズの目元ケアとして、トータルリペアアイセラムがあります。

 

 

これはキューソームを応用し、15種類もの有効成分を微小カプセルに閉じ込め、肌の奥まで浸透し、

 

 

しっかりと留まるといった複合成分キューソームアイリペアコンプレックスを用いた目元ケアに有効な化粧品です。

 

 

目元は皮膚が薄く、成分が長く留まれないところを、

 

 

キューソームアイリペアコンプレックスのスローリリース機能で成分が長く留まるようにし、

 

 

敏感な目元でも、極小のカプセルということで刺激を軽減し、

 

 

効果の出にくい目元でもしっかりと効果が得られるように作られています。

 

 

ビーグレンはアトピーや敏感肌には効果的?副作用は?

 

 

また、先ほども言いましたようにキューソームリペアコンプレックスには15種類もの有効成分が入っており、

 

 

同時に届けることが出来る為にあらゆる目元の悩みにアプローチが出来ます。

 

 

ビーグレンのの有効性分とは!?

■ハリや弾力の元となるコラーゲンやエラスチン

 

■ヒアルロン酸を作り出す作用のあるヒトオリゴペプチドー13

 

■コラーゲンを分解する酵素を抑制し、肌にハリをもたらすアイリジェナー

 

■保護膜を作って肌を乾燥から守り、肌の水分量を増やす働きのあるスキンミミックス

 

■肌を若々しく保つクロノライン、抗酸化作用があり、肌をいきいきとさせるα―グルコシルヘスペリジン

 

■肌のターンオーバーを正常に戻す作用のあるIGF-2/EDP3

 

 

これらの有効成分が目元の気になる部分の肌内部にしっかりと留まり、

 

 

その効果を発揮してくれる為に目の下に出来る、

 

 

たるみやクマ、他に乾燥、シワ等のあらゆる目元の悩みに効果が期待出来ます。

 

 

ビーグレンで目元をケアする具体的な方法とは?

b-gren

ビーグレンによると、トータルリペアアイセラムを効果的に使用する為には、

 

 

必ず油分を含む化粧品の前に付けることだそうです。

 

 

ホワイトクリーム、エイジングクリーム等がそれに当たります。使い方ですが、両目で1プッシュが基本の量です。

 

1. 目の縁の下まぶたに4点、上まぶたに2点、均等になるようにクリームを目元に置きます。

 

2. 目頭から目尻に向かう順序でトントンとクリームをまぶたに馴染ませていきます。

 

3. シワの気になる目尻にはまぶたを押し広げてクリームを塗ります。

 

4. リンパの流れを良くする為に、下まぶたの目尻から目頭へ向けて指をすべらせ、

 

目頭まで来たら眉間の部分を指で押さえたまま数秒キープします。

 

 

その後上まぶたから目尻へ、目元を引き上げるようにして指をすべらせ、こめかみを押さえます。

 

 

ビーグレンから使用方法としては説明されていないのですが、

 

 

眉頭の上には皺眉筋(すうびきん)と呼ばれる目元の表情に影響を与える筋肉があります。

 

 

筋肉の流を考慮し、この部分にもクリームを塗るとより目元のリフトアップが期待出来るとも言われています。

 

button_010-300x53

 

(Sponsored Link)