(Sponsored Link)

「便秘で肌荒れやむくみ!症状で肌のかゆみも!?」

 

通常ですと、便通は毎日あるのが健康な状態です。

 

便秘というのは、自分で満足できる排便がない状態を言います。

 

便が3日以上でなかったり、排便後もなんだか残便感が残りすっきりしない、排便は毎日あるが、硬くて量が少ない状態であれば便秘と判断します。

 

便秘になると排便も困難になることが多く、排便時には腹痛を伴ったり、腹部肥満感や食欲不振になることもあります。

 

男性よりも女性のほうが一般的には便秘になる可能性が高いといわれています。

 

それは女性には生理があり、月経前には黄体ホルモンが多く分泌される為に腸の排便を促すぜんどう運動が弱くなります。

 

筋力が弱いことも便秘になる原因となります。

 

筋力自体が弱いことも、腸の運動が弱くなる為に便秘になりやすいのですが、運動不足だと腸が刺激されないため、便秘の原因になります。

 

また、女性は胃下垂や内臓下垂が起こりやすいので、臓器が下垂した状態で腸が圧迫されてしまうと便秘になってしまう傾向にあります。

 

妊娠した際にもホルモンの影響で便秘になりやすくなります。

 

こういった様々な要因から女性は特に便秘に陥り易いのですが、便秘になると肌が荒れたりお腹が張って気分が悪かったり、わけもなくイライラしてしまったりということが起こります。

 

特に便秘時に肌の不調を訴える女性は多いです。

 

どうして便秘によって肌が荒れてしまうのでしょうか?

 

また、便秘はダイエットにも大きな弊害となります。便秘時には体のむくみを感じる方も多いのではないでしょうか?

 

それらの原因について解説していきますね。

 

便秘で肌荒れ!デトックスで改善?

 

便秘の原因とは!?

摂取した食べ物は胃や小腸で消火され、大腸へ行き、水分が緩やかに吸収されることで固形化され、そのまま肛門を通して排出されます。

 

それが何日も大腸内にあるとさらに水分吸収が進み、硬く小さくなります。

 

これを出す為には脳から指令を送り、ぜんどう運動を促すことが必要となります。

 

通常であれば胃に食べ物が入ると指令を出し、便が直腸に達すると脳に指令が送られて便意を催しますが、ストレス等が原因で自律神経がうまくはたらかなくなるとぜんどう運度が起こらずに便が滞ってしまいます。

 

便秘の種類は大きく分けると機能性便秘と器質性便秘に分けられます。

 

機能性便秘は更に3種類に分けられますが、弛緩性便秘は大腸の運動が低下し、ぜんどう運動が十分に行われない為に起こります。

 

運動不足や水分不足、腹筋力の低下や極端な食事制限をするダイエットなどが原因になります。

 

けいれん性便秘は精神的すとれる、環境の変化、過敏性腸症候群等が原因として挙げられ、副交感神経が過度に興奮してしまうことから腸管が緊張してしまい、便がうまく運ばれないでコロコロした状態の便が排出されます。

 

下痢と便秘に交互に繰り返してしまう方も多いといえますね。

 

直通性便秘に関しては、寝たきりや高齢者といった筋力が低下している方や、便や痔を我慢することが多い人に多いです。

 

うまく体の反応が起こらずに直腸に便が停滞してしまいます。

 

器質性便秘はイレウスや大腸がん長官癒着等の病気が原因となり、消化管に通過障害が起きてしまいます。

 

腹痛や嘔吐といった症状が見られます。

 

病気という点にいては糖尿病や甲状腺機能低下症などの全身性疾患が原因で便秘になることもあります。

(Sponsored Link)

 

女性は男性に比べると便秘の症状を訴える方が多いです。

 

その原因としては元々筋力が弱い為に大腸が便を送り出す力が弱かったり、生理前や妊娠中には黄体ホルモンが多く分泌される為に便秘になりやすいです。

 

また、女性では食事量を極端に減らしたり、特定の食べ物しか食べないといった無理なダイエットをする方が多いです。

 

そうするとぜんどう運動にも影響がおよび、便を排出しにくくしてしまいます。

 

また、これは女性だけに起きることではありませんが、精神的ストレスも便秘の要因となります。

 

その他、薬剤の影響により腸のぜんどう運動が抑制されてしまい、便秘になることもあります。

 

便秘で肌荒れやむくみが起きる!?

便秘は便がうまく体外に排出出来ないことを言いますが、便は元々食事から必要な栄養素を取り除いた後の老廃物ですので体にいつまでも残っていて良い影響があるはずはありません。

 

便が長期的に体内に滞在すると善玉菌が減少し、悪玉菌が増殖して有害物質やガスが発生します。

 

これらは便として排出出来ない為に腸壁から吸収されて血液中に溶け出し、全身を巡ります。

 

体中へ行き届いた有害物質は汗や皮脂に交じって毛穴などから体外へ排出されますが、肌には元々、肌に溜まった汚れなどを排出機能がありますので、有害物質の排出に手間取ってしまうと通常の働きが疎かになってしまうことがあり、結果として肌荒れを引き起こしてしまいます。

 

腸内環境が悪化すると自律神経の働きを弱める場合もあります。

 

自律神経は新陳代謝に関わる部分ですのでこの働きが弱まることで肌トラブルを引き起こしやすくなったり、免疫力も低下するので肌を修復するのも困難になります。

 

自律神経は腸を正常に働かせる為にも重要な働きを行いますので、自律神経の働きが弱まると更に便秘も悪化してしまいます。

 

そうすると便秘も肌荒れもひどくなる悪循環に陥ってしまいます。

 

便秘によって体がむくむと感じる人も多いのではないでしょうか?

 

便秘とむくみが同時に起きる場合には2つの原因があります。

 

1つは自律神経の乱れです。

 

排便は自律神経である副交感神経により制御されています。

 

これが乱れると便秘や過敏性腸症候群を起こすこともあります。

 

むくみの原因は循環器系の器官に異常があると発生しますが、循環器系も自律神経に大きく関与しています。

 

ですので自律神経に乱れが生じると便秘もむくみも同時に起こってしまうということが起きます。

 

便秘が原因となってむくみが起きることもあります。

 

便が体内に長期に渡り滞在することにより出た腐敗ガスが腸内に充満すると静脈やリンパ腺を圧迫し、血流を悪くしたり細胞間の水分を排出出来なくなります。

 

これがいわゆるぽっこりお腹と呼ばれるものです。

 

溜まった便から排出された毒素は血液によって運ばれ、各細胞に留まります。

 

これによっても体にむくみが起きてしまいます。

 

便秘が原因で肌荒れが起きたりむくみが起きるということが分かって頂けたでしょうか。

 

便秘で肌のかゆみの症状も発症!?

美肌でいる為に必要な肌のターンオーバーは自律神経によって制御されています。

 

肌のターンオーバーが正常に起こらないと、肌の乾燥や肌荒れを起こします。

 

それが悪化すると肌に痒みが出ることがあります。

 

先ほども説明しましたように、便秘は自律神経の乱れが原因で起こることもありますし、便秘によって自律神経の働きを弱めてしまう場合もあります。

 

よって便秘と同時に肌にトラブルが起き、悪化して痒みが出てきてしまうことも考えられます。

 

(Sponsored Link)