(Sponsored Link)

「便秘で肌荒れ!デトックスや食べ物で改善?」

 

現代病として便秘があげられます。

 

便秘を始めとした排便リズムの乱れに悩む人はかなりの数にのぼり、女性のおよそ6割が便秘に悩んでいるという報告もされています。

 

女性だけでなく、小中学校で排便についてのアンケートを行ったところ、1日1回排便すると答えた小中学生は4割程度しか見られなかったそうです。

 

ビジネスマンに向けて同様のアンケートをした際にもおよそ3割が便通が定期的ではない、便秘気味だと答えたそうです。

 

食生活の欧米化やストレス等が便秘を引き起こす原因となっていると考えられます。

 

そんな多くの人が悩む便秘ですが、女性にとっては特に気になるであろう肌荒れを引き起こす原因にもなります。

 

便秘で肌の調子が悪い、なんだか肌がくすんでいる、吹き出物が気になると悩む人も多いのではないでしょうか?

 

便秘による肌荒れは腸内環境を整えるデトックスによって改善出来ます。

 

その詳細について説明します。

 

便秘で肌荒れ時はデトックスで改善できる?

便秘は何日も排便が無い状態だったり、排便はあっても硬くて量が少なく、出した後もなんだかすっきりしないといった残便感が残るといった状態を指します。

 

便秘が慢性化すると、腸内には常に便が残っている状態になります。

 

便とは摂取した食べ物から体に必要な栄養素を吸収した後に残った老廃物ですので、いつまでも体の中に残っているのは好ましくないのは想像が出来ますよね。

 

しかも、便秘となれば3日も4日も便が出ない状態です。

 

そうすると食べた分の便は外に出ていないわけですので腸内を想像しただけでもおぞましいですよね。

 

長期的に便が体内に居座り続けると、便の腐敗や発酵が進みます。

 

美肌や健康でいる為に必要な善玉菌が減少し、悪玉菌が増えてしまうのです。

 

結果有害物質やガスが発生します。

 

もちろん、それらを体は排出しようとしますが、便として排出するのが困難なわけですから他の場所から出そうとします。

 

有害物質は腸壁から吸収され、血液に交じって全身を巡るのです。

 

そして最終的には汗や皮脂等に混じり毛穴から排出されます。

 

ですが、肌細胞には元々肌に溜まった垢や汚れ、余分な水分等を排出する大事な役割があります。

 

そこに有害物質の排除という働きも加わることで通常の肌細胞の働きが疎かになり、肌の汚れを取りきれずに肌荒れを起こしてしまうことがあります。

 

腸内環境の悪化はさらに自律神経の働きを弱めてしまうこともあります。

 

自律神経は肌のターンオーバーと深く関わりがあります。

 

この働きが弱まれば肌のトラブルを招きやすく、免疫力も低下する為に荒れてしまった肌を修復するのも困難になります。

 

また、自律神経の働きが弱まると、腸の機能は自律神経に左右されますので余計に便秘が悪化する可能性もあります。

 

こうして便秘と肌荒れの負のサイクルが出来上がってしまうのです。

 

恐ろしいですよね。

 

これを解消する為には規則的に排便をし、老廃物を体の中に留めないこと、その為に腸内環境を整えることが大変重要になってきます。

 

その方法としてデトックスがあります。

 

体の中に溜まってしまった有害物質(毒)を体の外へ排出することを「デトックス」と呼びます。

 

体内に溜まった毒素の割合ですが、便から75%、尿からは20%、毛髪や爪からは2%が排出されます。

 

これからわかるように、その大部分を占めるのは便ですので、腸内環境を整えて毒素を出すのは最も効果的です。

 

腸内環境が改善されると、腸内には血液がたくさん集中している為に代謝も促進され、体内に溜まっていた不要な老廃物や毒素もしっかりと洗浄してくれます。

 

お肌は腸の鏡とも言われますので腸内環境が整っていくと肌は本来の美しさ、健やかさを取り戻していきます。

(Sponsored Link)

 

よって便秘によって肌荒れを起こしている場合にもデトックスは絶大な効果を発揮します。

 

便秘で肌荒れを改善できるデトックスの方法や食べ物とは

腸内環境を整える上で大変重要になってくるのは食生活の見直しです。

 

 

1. バランスの良い食事:まず最初に気を付けるべきはバランスの良い食事を摂ることです。

栄養が偏ると腸内環境のバランスも乱れやすくなります。栄養バランスが良くなるように心がけるだけでも食事は変わります。

 

好きなものばかり食べるのではなく、腸や肌のことを考えてバランスの良い食事を摂りましょう。

 

 

2. 食物繊維を摂る:便秘と言えば食物繊維を摂るのが良いということは有名ですよね。

食物繊維は腸内の掃除をしてくれます。

 

腸内が汚れていると栄養を摂取しても吸収しずらくなったり、老廃物が溜まっていきます。

 

腸内環境を整える土台作りとして食物繊維を摂りましょう。

 

食物繊維でも不溶性と水溶性がありますが、不溶性は腸の働きを活発にして排出を促す役割が、水溶性には有害な物質を吸着して一緒に排出するといった役割があります。

 

どちらかばかり摂取するのではなく、バランス良くどちらとも摂取しましょう。

 

 

3. 乳酸菌、オリゴ糖を摂る:乳酸菌は腸内環境を整える善玉菌の働きをサポートします。

オリゴ糖は善玉菌が働く為に必要なエサとなります。腸内が善玉菌優位になるようにバランスを調整してくれます。

 

よって腸内環境を整える為にはこれらを摂取することが必要不可欠になります。

 

 

4. 水分補給をしっかりとする:便秘になってしまう人の多くは水分補給がうまく出来ていない為に水不足の傾向があります。

水不足ですと便をスムーズに排出する為に必要な水分が補給されずに便が硬くなってしまい、排出するのが困難になりますし、出してもすっきりしないといったことも起きます。

 

水分不足だと体が水に対して飢餓状態のようになり、排出されるはずの水分をもう一度腸が吸収し、その水分が体内を循環することもあります。

 

本来は排出されるはずだった水分ですからもちろん良い影響があるはずがありません。

 

肌色が悪くなったり吹き出物が出たりといった悪影響を及ぼします。

 

水分補給はこまめに行いましょう。

 

 

腸内環境を整える食べ物としては、ヨーグルトが挙げられます。

 

ヨーグルトでも、有効な菌がきちんと腸まで届くものを選ぶことが大切です。

 

プロバイオティクスと呼ばれる機能性のヨーグルトを選びましょう。

 

菌を腸に届けることが出来たら、次は菌を増やすことが大切です。

 

オリゴ糖、グルコン酸、食物繊維を摂取します。オリゴ糖と食物繊維はバナナに多く含まれます。

 

グルコン酸ははちみつに多く含まれます。

 

植物性の乳酸菌を取り入れることによりさらに腸内環境を整える力がアップします。

 

植物性乳酸菌は生きたまま乳酸菌を腸に届けることが出来ます。

 

味噌、醤油、大豆食品、漬物等に多く含まれます。

 

こういったものを日常的に摂取できるように心がけましょう。

 

腸内デトックス法の注意点とは

腸内環境を早くリセット出来る方法として腸内デトックス法があります。

 

これは1日断食や、数日にわたり食べ物を制限し、腸内を綺麗に戻す、腸内の毒素を排出するというものですが、これを行う際には注意が必要です。

 

腸内デトックスは主に1日から数日に渡り、極度に食べ物を制限しますのでその後の食事に注意が必要です。

 

我慢の反動から暴飲暴食をしてしまうと胃腸や肝臓に負担がかかり、腸内デトックスが逆効果になります。

 

腸内デトックスは腸内をリセットするのに有効ですが、効果があるからといって頻繁に行うのはNGです。

 

腸本来の力を低下させる原因にもなりますのであくまでも緊急用として実践するようにしましょう。

 

(Sponsored Link)