(Sponsored Link)

40代は必見!おすすめできる美白化粧品を厳選しました。

 

 

成分・効果・口コミなど全てを総評してランキングをつけました。

 

美白化粧水のランキングTOP5!

bihaku

1位アスタリフトホワイト

asutarifutowite

この商品の魅力はなんといってもその浸透力です。

 

 

肌に弾力やハリが出てきて以前の(若い時の)肌に戻ってきます。

 

 

その秘密には「アスタリフトホワイト」に含まれている成分によるものです。

 

 

今回はその一例としてアウタキサンチンについて説明させて頂きます。

 

 

このアウタキサンチンには肌を紫外線から守ってくれる効果とシミの原因となるメラニン色素の沈着を抑える効果も持っています。

 

 

一番注目できる効果として非常に強い抗酸化作用が上げられます。

 

 

この高い抗酸化作用は他に類を見ないほど高く、その抗酸化力はビタミンEの約500~約1000倍の差もあいます。

 

 

この他にもアウタキサンチンは、他の肌に良い成分をパワーアップさせる事や逆にパワーを増幅させられることがあります。

 

 

一般的にアウタキサンチンは本来の色であるオレンジ(赤)色に近いほど効果があるといわれており、

 

 

「アスタリフトホワイト」の色は濃いオレンジ(赤)色となっています。

 

button_010-300x53

 

アスタリフトホワイトの効果をさらに知る!

 

 

2位:アンプルール

anpuru-ru

モンドコレクション2014年金賞を受賞した化粧品メーカーが作った化粧水です。

 

 

シミ予備軍(目にはまだ見えていないが、実際にはメラニンが肌の奥底にある状態)が本格的にシミとして出る前に、

 

 

メラニン生成を促す原因を止める効果を持ってシミを出る事を防ぐ効果があります。

 

 

この化粧水の特徴は「新安定型ハイドロキノン」成分が含まれている所です。

 

 

そもそもハイドロキノンはアメリカでは美肌効果がある成分として広く認知されている成分です。

 

 

日焼け跡やメラニン色素を抑制する力が非常に強い事で有名です。

 

 

しかし、このハイドロキノンは欠点も持ち合わせています。

 

 

濃度が高すぎる(5%以上)と肌のかぶれ・赤みが出てしまい、塗った箇所がヒリヒリしてしまうのです。

 

 

アンプルールはこの副作用が出ないように、濃度を薄め皮膚の専門家から高い安全性を確認して貰い商品を販売しています。

 

 

実際配合率も適正で、肌への刺激も少なく即効性が期待できる化粧品です。

 

 

スポットケア用として使用されている方もいらっしゃるので皆さんの頑固なシミを消す為に使用されてみてはいかがでしょうか。

 

button_010-300x53

 

アンプルールの美白効果をさらに知る!

 

 

3位:サエル

saraeru

あの有名なポーラ・オルビス(文化・芸術の分野を支援をしている)グループが敏感肌用に立ち上げたブランドです。

 

 

この化粧水に特徴ですが、「ヴァイタサイクルヴェール」と呼ばれる特許技術が挙げられます。

 

 

この技術は肌の表面にバリアを形成します。

 

 

バリアは紫外線ダメージによって乱れた各層(角質が乱れていると肌内部の水分が蒸発し易い状態となり乾燥肌になってしまう)の代わりとなり、

 

 

人型ナノセラミド(浸透していくと更にばらけ、角質深部まで潤す効果)が

 

 

隙間だらけだった角質のすみずみまで浸透して、保水機能を高めてくれます。

 

 

敏感肌や妊婦さんといった肌に弱い方向けに作られているので、

 

 

敏感肌の悩みを持つ方はこちらを使われてみてることをおすすめします。

 

button_010-300x53

 

サエルの美白効果をさらに知る!

 

 

4位ビーグレン

b-gren

(Sponsored Link)

ビーグレンには3種類の化粧水があり、使用効果はそれぞれ異なっています。

 

 

1つ目が癒しケア(クレイローション)と呼ばれる痛んだ肌を落ち着かせるキャッチコピーの化粧水です。

 

 

ニキビや乾燥肌に特化しており、次点として乾燥肌にも効果があります。

 

 

液体タイプはややさっぱり寄りです。

 

 

2つ目の化粧水が守りのケア(10-YBローション)で、潤いに満ちた肌を育てる効果があります。

 

 

しわ・たるみと乾燥肌に特化した商品で次点として毛穴にも効果があります。

 

 

液体タイプはややしっとり寄りです。

 

 

3つ目が攻めのケア(QuSomeホワイトローション)です。

 

 

こちらは紫外線のダメージに立ち向かう化粧水となっています。

 

 

シミ・くすみとニキビ跡に特化している商品です。

 

 

液体タイプは完全にしっとり寄りとなっています。

 

 

肌の用途により種類が別けられているので、

 

 

その時その時でご自身に肌の状態に合った化粧水を使用されることをお勧めします。

 

button_010-300x53

 

ビーグレンで目元のしわ・目の下のたるみを解消!?

 

 

5位ライスフォース

raifoce

ライフォースはライスパワーエキスと呼ばれるお米の成分が主に含まれています。

 

 

ライスパワーエキスはお米を乳酸菌や酵母で発酵・熟成させた成分となります。

 

 

100%科学物質が含まれていないお肌に優しい成分で、抽出する過程に置いては

 

 

実際にお米を蒸す事から始めています。

 

 

他の化粧水と違いは、この化粧水の場合私達が本来持っている(内側の)力を自然の力で引き出すものであるという点です。

 

 

ライスパワーはNo毎に振り分けられており、その効果は多岐に渡ります。

 

 

お米で作られており、私達の持つ力を引き出すものなので内側から自然に綺麗になりたい方にお勧めです。

 

button_010-300x53

 

ライスフォースでシミを消す!?洗顔方法は?

 

 

美白化粧水選びに迷ったらアスタリフトホワイト!?

bihaku

美白化粧水選びで迷われたのなら「アスタリフトホワイト」を使用すことをお勧めします。

 

 

この化粧水には紫外線に対する細やかな気遣いがされているからです。

 

 

実は紫外線の種類には「UVC」・「UVB」・「UVAのと3種類に別けられています。

 

 

その中で私達を害する原因となる紫外線は「UVB」と「UVA」の2種類です。

 

 

「UVB」は日焼けの原因に、「UVA」はハリを低下させ、しわを引き起こす厄介な紫外線を指します。

 

 

紫外線の中でも地上まで届く紫外線「UVA」が全体の約95%を占めています。

 

 

富士フィルムでは、「UVA」の中でも最も波長が長い紫外線を「Deep UVA」と名付けられていますが、

 

 

この「Deep UVA」は何と室内や車にいても窓ガラス越しにいれば肌の奥底まで入り込んで、

 

 

肌にダメージを与える事が出来るのです。

 

 

私達は健康の為には太陽光は必要不可欠なのでどうしても肌にダメージが入ってしまいます。

 

 

しかも先ほど触れた 「UVA」の内訳として約半分は「Deep UVA」が占めており、

 

 

私達は知らず知らずのうちにハリの低下としわを引き起こす紫外線をずっと浴び続けているのです。

 

 

予防しておけば良いのではと思われた方もおられるかもしれせんが、

 

 

日焼けにどんなに気をつける人でも必ず浴びてしまう紫外線なのです。

 

 

先ほど触れた窓越しの光以外にも日傘をして日焼け対策万全状態でもどうしても浴びてしまう紫外線なのです。

 

 

これまでこの厄介な紫外線を防ぐ方法はなかったのですが、

 

 

富士通フィルムは世界で初「Deep UVA」をカットする技術を開発しました。

 

 

40代を過ぎてしまえばどうしても肌は

 

・コラーゲン(肌の瑞々しさ保つ成分)・セラミド(角質保湿成分)

・エラスチン(コラーゲン繊維を支える成分)

・ヒアルロン酸(肌の弾力を保つ成分)

 

 

上記がどんどん不足しがちになります。

 

 

肌の新陳代謝(ターンオーバー)速度が落ちてしまい、

 

 

古い皮膚が厚くなり新しい皮膚が薄くなっていくことは年を取る以上仕方ない事ですが

 

 

それでも美白でいたいというのが私達の心理です。

 

 

肌を昔の若々しい肌に戻し紫外線へのダメージに待ったと歯止めをかけ防ぐ事が出来るのが「アフタリフトホワイト」なのです。

 

 

化粧水で迷われたのなら、「Deep UVA」をカットする事が出来る「アフタリフトホワイト」をおすすめします。

 

button_010-300x53

 

 

(Sponsored Link)