(Sponsored Link)

「ココナッツオイルの日焼け止めの効果とは?」

 

 

近年、飲んでも良いし塗っても良い万能薬のようなオイルが注目されています。

 

 

それが『ココナッツオイル』です。

 

 

このココナッツオイルが注目されているされている理由は、

 

 

まさに『様々な効能があるから』だと思います。

 

 

実際ココナッツオイルは、シミを改善してくれる効果や、アトピーを改善してくれる効果、

 

 

高血圧を改善してくれる効果など、様々な効能があるのです。

 

 

ココナッツオイルの効能!しみや高血圧、アトピーや髪に効果的!?

 

 

ですから、ココナッツオイルはいま最も注目されている、

 

 

健康・美容食品といっても過言ではないのではないかと思います。

 

 

今回は、そのココナッツオイルが与える肌への影響について、紹介していきます。

 

 

先ほども言った通り、ココナッツオイルにはシミを改善してくれる効果があると言われています。

 

 

ということは、『日焼け止め対策』としてもココナッツオイルは効果的なのでしょうか?

 

 

ココナッツオイルによる紫外線対策の効果とは

kokonattsu

実は、ココナッツオイルには、紫外線を20%ほどカットしてくれる効果があると言われています。

 

 

そのため、ココナッツオイルは日焼け止めとしても使うことが出来るのです。

 

 

ただ、ココナッツオイルはその名の通り油ですから、

 

 

『日焼け止めとして使うと肌がベタベタしそう』と思われてしまう方も多いのではないかと思います。

 

 

ですが、そのベタつきに関しては心配ありません。

 

 

ココナッツオイルは意外と粘土が低いため、サラサラしているのです。

 

 

なので、日焼け止めとして使用してもそこまでベタつきを感じることはありませんから、

 

 

ストレスなく使っていただけるかと思います。

 

 

そしてココナッツオイルには保湿効果もあります。

 

 

多くの方の肌のトラブルには、肌の乾燥が関わっていると言われています。

 

 

肌が乾燥してしまいますとシワやシミができやすくなってしまう傾向にありますので、

 

 

この保湿効果も肌を守る上で非常に重要な役割を果たしているのです。

 

 

つまり、ココナッツオイルを肌に塗ることで、

 

 

肌の乾燥を防ぎつつ紫外線からも守ってくれるという、非常に便利なものなのです。

 

 

なので、肌には非常に良いことがお分かり頂けると思いますが、

 

 

正直真夏の紫外線対策としてココナッツオイルを使用するのはお勧めできません。

 

 

なぜかというと、紫外線を20%しかカットできないからです。

 

 

市販の日焼け止めならば、さらに多くの紫外線をカットできますから、

 

 

20%しかカットできないココナッツオイルを塗っていても真夏はダメージを受けてしまう可能性が非常に高いのです。

 

 

なので、出来るだけ真夏はココナッツオイルではなく日焼け止めを塗られることをお勧めします。

 

 

ただ、真夏以外や、普段の肌のケアとしてココナッツオイルを使う分には非常に効果的だといえますね。

(Sponsored Link)

 

 

ココナッツオイルを塗って外出は大丈夫?

kokonattsu

ココナッツオイルは確かに日焼け止めとしての効果も期待できますが、

 

 

真夏にココナッツオイルを塗って外出されるのはお勧めできません。

 

 

やはり真夏は汗をかく量が増えてしまいますから、

 

 

ココナッツオイルを塗って外出すると、汗と一緒に流れ落ちてしまう可能性が高いです。

 

 

なので、もし日焼け対策をしたいのであれば、

 

 

市販の日焼け止めを塗った方が紫外線対策になります。

 

 

また、市販の日焼け止めは汗対策もしっかり出来ていて、

 

 

汗に強い日焼け止めもたくさん販売されていますのでお勧めです。

 

 

ココナッツオイルは確かに健康に良い成分が含まれている素晴らしいオイルですが、

 

 

日焼け止めとしての効果が非常に高いわけではありません。

 

 

日焼け止め対策として開発された日焼け止めの方が効果を発揮してくれることは事実なので、

 

 

日焼け止めを使うようにしてください。

 

 

また、あまりベタつくことのないココナッツオイルでも、

 

 

さすがに汗と一緒に流れてきてしまえば多少のベタつきを感じることはあります。

 

 

そしてココナッツオイルには独特の匂いがありますから、

 

 

あの匂いが苦手な方からすれば不快に感じてしまうかもしれません。

 

 

なので、あまり汗をかくことのない春や秋などであれば、

 

 

ストレスなく使用できるかと思いますが、真夏には向いていないと思います。

 

 

もちろんその感じ方には個人差がありますから、

 

 

ご自身に合ったものを使っていくようにしてみてください。

 

 

日焼け対策に効果的な使い方とは

ココナッツオイルは確かに日焼け止めとしては少し効果が薄いですが、

 

 

日焼けをケアする為のオイルとしては非常に効果的です。

 

 

なので、ココナッツオイルは日焼け止めとして使うよりも、

 

 

紫外線によるダメージのケアとして使っていく方が効果的という事なのです。

 

 

ですから、例えば外出前には市販の日焼け止めを塗って、帰宅してお風呂に入った後に、

 

 

化粧水などのケアと一緒にココナッツオイルを使って肌に栄養を与えていく事で、

 

 

日焼けによるダメージをできる限り少なくしていく事が出来るのです。

 

 

ココナッツオイルに含まれているラウリン酸には、免疫力を高めてくれる効果があると言われています。

 

 

その為、一日の間に浴びた紫外線によるダメージや、肌の乾燥などを改善してくれる効果があるという事です。

 

 

このようにココナッツオイルには肌の健康を保ってくれる成分が数多く含まれていますね。

 

 

また、ココナッツオイルは塗ることでも効果を得られますが、

 

 

そのまま食べることでも効果を得ることが出来ます。

 

 

特に動脈硬化の予防として効果があると言われており、

 

 

一日スプーン一杯くらいの量を食べるのがポイントです。

 

 

ココナッツオイルには余分な脂肪を溜めにくくしてくれる効果もありますので、

 

 

ダイエットを兼ねて使用してみるのも良いかと思われます。

 

 

 

(Sponsored Link)