(Sponsored Link)

例えば、シミを取るための方法として液体窒素が効果的であるという噂を聞いたことはないでしょうか?

 

今回は、その液体窒素での治療法について詳しくご紹介したり、液体窒素の治療というのは顔のシミにも効果的なのか?ということについても掘り下げていこうと思います。

 

春から夏にかけての暑い季節には、特に紫外線も多くなって肌荒れが頻繁に起こると言われておりますので、ぜひ正しい知識をつけてシミ対策を行ってみてくださいね。

 

液体窒素でシミを取れる!?効果はどう

ekitaichisso

皮膚科でのシミの除去というのは、一般的にレーザーで行われます。しかし、液体窒素によって除去する方法もあると言われております。

 

液体窒素は、一般的にはイボや魚の目などを除去するときに使用されるものなのですが、実はシミの除去にも効果的なのです。

 

ただし、この方法は厳密に言うとシミの『除去』ではありません。液体窒素をシミにあてることによって、皮膚を『再生』させることが出来るのです。

 

液体窒素の温度はマイナス196度と言われております。そのマイナス196度の液体窒素をシミの部分に5秒ほど押し当てることによって、シミの部分が凍傷してしまうわけです。

 

当然、凍傷することによって肌にダメージを与えてしまうのですが、ごく一部の範囲だけで済みますので火傷や怪我のように後遺症が残ることはありません。

 

こうして液体窒素をシミにあてることによって、シミの部分に水ぶくれができるようになります。その水ぶくれが最終的には黒いかさぶたとなって剥がれ落ちるのです。

 

膝などをすりむいてかさぶたになった場合をイメージしていただけばお分かりかと思いますが、かさぶたが剥がれた後は、新しい皮膚ができているのでピンクの皮膚が見えますよね?

 

あれはまさに新しい皮膚が再生されたという事なのです。それと一緒で、シミの部分にも新しい皮膚が再生されるので、シミを除去する事が出来てしまうという事なんです。

 

液体窒素で顔のシミは除去できるのか?

shimi1

基本的に、顔のシミも除去する事はできますが、病院によっては行ってくれない所もあるので、しっかりと調べてから行くようにしてください。

 

そもそもこの液体窒素の治療というのは、イボや魚の目などを除去するための治療法ですから、顔以外のシミであっても行ってくれない病院があると言われております。

 

そして、この治療は一回で終わる人もいれば、中には数回通って治療を続けなければ除去できない人もいますので、少なからずリスクがある治療とも言われております。

(Sponsored Link)

 

やはり顔となると、体の中でも最も露出が多い部位ですし、基本的に人と会話をするときに相手は自分の顔を見るわけですから、そういった事にも抵抗を感じない方であれば特に問題はないかと思います。

 

しかし、顔に液体窒素での治療を施すと、最終的には顔に黒いかさぶたができるわけですから、場所によっては非常に目立ってしまいます。

 

その辺もしっかりと考えた上で治療を検討するようにしてくださいね。また、この液体窒素の治療は紫外線が強い春から夏にかけては向いていないと言われております。

 

治療を始めても、そこに紫外線を新たに受けてシミが出来てしまえば意味がなくなってしまいます。特に顔は紫外線を受けやすい部分ですから、リスクが高いのです。

 

ですから、もし顔に液体窒素での治療を施すのであれば、出来るだけ紫外線が少ない秋から冬にかけての時期に行ってみてはいかがでしょうか。

 

液体窒素をシミの除去に使用する危険性とは

shimi2

液体窒素での治療というのは、肌を凍傷させる事によって水ぶくれを作り、最終的にかさぶたにして剥がれ落ちるのを促進するという方法です。

 

ですからもちろん、肌に少なからずダメージを与えてしまうわけです。ですから、少ない範囲を治療する分にはまだ問題ありませんが、広い範囲に液体窒素の治療を施すのは非常に危険なのです。

 

人によってシミの大きさも異なると思いますので、あまりにもシミの範囲が広い場合には液体窒素での治療は行わないようにしてください。

 

また、当然肌を凍傷させる訳ですから、治療を受けた直後は非常に激しい痛みを感じる事になります。そして激しい痛みを感じるものの、確実にシミを除去できるという訳でもないのです。

 

ですから、もし液体窒素での治療で完治しなかった場合には早めにレーザー治療に切り替える事をお勧めします。レーザー治療であれば、液体窒素ほど激しい痛みを感じる事はありません。

 

ただし、レーザー治療も確実に完治するという保証はありません。やはり、その後に紫外線を多く浴びてしまえばシミはいくらでも再発してしまう可能性がありますから、どれだけ普段の肌へのケアを徹底できるかが最も重要になるということなのです。

 

まとめ

紫外線は最も肌に良くないですから、春から夏にかけての特に紫外線が多くなる季節には、しっかりと日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたりして、出来るだけ紫外線から肌を守るように取り組んでいきましょう。

 

そしてしっかりと栄養を補給することも重要です。体の内側からもシミの対策は行っていくことができますし、特にビタミンCやビタミンEなどは、肌をきれいに保つために重要な役割を果たしております。

 

なので、外食ばかりしている方や、ファーストフードを食べる機会が多い方などは特に注意するようにしてください。液体窒素の治療やレーザー治療などを行わなくて済むように、まずは体のケアを徹底していきましょうね。

 

(Sponsored Link)