(Sponsored Link)

「グリセリンカリ液の使い方!黒ずみに効果的?グリセリンと違う?」

 

肌の黒ずみについて、悩まれていませんか?

 

肌の黒ずみというのは、基本的には毛穴の汚れが原因だと言われておりますので、毛穴のケアをしっかりと行うようにしていきましょう。

 

例えば、蒸しタオルを使用することによって毛穴を開かせることが出来ますので、より毛穴に詰まった汚れや皮脂を取り除きやすくすることができると言われております。

 

ただ洗顔をしているだけでは毛穴の汚れを落とすことは難しいと言われておりますので、ぜひ一度蒸しタオルでのケアを行ってみてはいかがでしょうか。

 

また、肌の保湿効果という意味では『グリセリンカリ液』が効果的だと言われております。

 

今回は、このグリセリンカリ液について詳しくご紹介していこうと思います。

 

グリセリンカリ液というものが何なのかがわからないという方も非常に多いかと思いますので、まずはグリセリンカリ液がどういった物なのかという事から、グリセリンカリ液の使い方についてまで、詳しくお話ししていこうと思います。

 

グリセリンカリ液とは

グリセリンカリ液はどういった物なのかというと、水酸化カリウムとグリセリンを含んだ液体の事を言います。

 

そんなグリセリンカリ液には皮膚の角質を柔らかくしてくれる効果があり、感想を防ぐ事ができると言われております。

 

そのため、一般的には手や足のひび割れであったり、アカギレなどに使われる事が多い薬です。

 

そんなグリセリンカリ液はアルカリ性だと言われております。

 

アルカリ性と聞くと、肌に良くないのではないかと思われる方が多いかと思います。

 

しかし、すべてのアルカリ性が肌に良くないという訳ではないのです。

 

例えば、石鹸などが良い例です。石鹸は弱アルカリ性だと言われております。

 

アルカリ性はタンパク質を溶かしてしまう性質があるのですが、弱アルカリ性であれば肌に付着した老廃物となった角質、雑菌などだけを落とす事ができるのです。

 

そしてまだ肌に必要な角質や皮脂、そして水分などは落とさずに残す事ができるのです。

 

ですから、アルカリ性自体は肌に良い物ではないのですが、弱アルカリ性にすることによって、その性質をうまく利用して不要な物だけを落とす事ができるようになるのです。それが石鹸の仕組みなのです。

 

ただし、グリセリンカリ液は石鹸よりも強い、強アルカリ性だと言われております。

 

ですから、人によっては肌が荒れてしまう可能性がありますので気をつけるようにしてください。

 

そして使用する際にはコットンなどに少量を含ませて、優しく拭く程度がちょうど良いと言われております。

 

グリセリンカリ液とグリセリンの違いとは

グリセリンカリ液と聞くと、どうしてもグリセリンと名前が似ているため間違えられてしまう傾向にあるのですが、グリセリンカリ液とグリセリンには含まれている成分が異なると言われております。

 

グリセリンには、1mlあたりすべてがグリセリンとなっております。

 

それに対してグリセリンカリ液には、1mlあたりに水酸化カリウムが3mgと、グリセリンが0.2ml、そして添加物としてエタノールと香料が含まれております。

(Sponsored Link)

 

つまり、グリセリンカリ液はグリセリンが含まれている液体ということになる訳です。

 

また、グリセリンの中でも様々な種類があると言われております。

 

例えば、薬局で販売されているグリセリンと、化粧グレードのグリセリンとでは、とろみ具合が違うと言われております。

 

薬局で売られているグリセリンというのは、濃度が84%から87%でなければならないと言われております。

 

それに対して化粧グレードのグリセリンというのは濃グリセリンというもので、だいたい濃度が98%以上になっているのです。

 

グリセリンカリ液は黒ずみに効果的?使い方とは

このグリセリンやグリセリンカリ液は、黒ずみにも効果的だと言われております。

 

そんなグリセリンやグリセリンカリ液の効果的な使い方についてご紹介していこうと思います。

 

肌が黒ずんでしまうのは、角質が原因だと言われております。

 

ですから、その角質を取り除くことが黒ずみを改善するために重要になってくるのです。

 

グリセリンは、保湿力がある薬として知られておりますので、お風呂に入る前に塗るようにしていきましょう。

 

お風呂に入る前にグリセリンを塗ることによって、グリセリンが角質を柔らかくしてくれるのです。

 

角質が柔らかくなることによって、シャワーで洗うと共に角質が落ちていく可能性が高まるのです。

 

そしてさらにグリセリンには保湿効果がありますから、風呂を上がった後も肌の潤いを保つことができるという効果もあるのです。

 

ぜひ、うまくグリセリンを活用して肌の黒ずみを改善してみてくださいね。

 

また、グリセリンカリ液も肌の黒ずみに効果的だと言われております。

 

ただし、グリセリンは中性なのに対してグリセリンカリ液はアルカリ性となっているのです。

 

ですから、肌が弱い方が使用すると肌荒れを引き起こしてしまう可能性があるのです。

 

ですから、肌が弱い方は無理をして使わないようにしてくださいね。

 

もしグリセリンカリ液を使用する場合には、コットンに少量のグリセリンカリ液を含ませて、黒ずみが気になる部分を優しく拭いていきましょう。

 

先ほども言った通り、グリセリンカリ液はアルカリ性で、あまり大量に使ってしまうと肌に良くないと言われております。

 

ですから、使用する量に気をつけることもそうですし、使用する箇所にも気をつける必要があります。

 

できるだけ、顔には使用しないようにしましょう。顔の皮膚は他の部位と比べて特にデリケートになっております。

 

さらにもしも肌荒れが起きてしまった場合には、一番目立ってしまいますから、出来るだけ顔には使用しないようにしてください。

 

顔に使用する場合はグリセリンの方がオススメです。

 

もしくは、蒸しタオルを使用することによって顔の黒ずみは改善できますので、蒸しタオルによってうまく毛穴を開かせて、汚れを落としていくようにしてください。

 

そして蒸しタオルと併せて化粧水や乳液を使用することで綺麗な肌を手に入れることが出来ますので、うまく体の部位に合わせたケアを行っていくようにしましょうね。

 

(Sponsored Link)