(Sponsored Link)

「肝斑にハイドロキノンの使い方!トレチノインで消す?」

 

 

肝斑は、30〜50代の女性の半分近くが悩むと言われていて、

 

 

なんといっても厄介なのは、顔に現れるものだということです。

 

 

原因は、妊婦やピルを服用している人に発症するということもあって、

 

 

女性ホルモンの変調によるものであることと、ストレスによって更に悪化することから、

 

 

ストレスによって肝斑が発症するとされています。

 

 

治療法としては、一般的なシミとは違ってレーザーによる治療はできません。

 

 

やり方としては体の内部から治す治療法と、クリーム等を塗ることによって治す方法があります。

 

 

また、肝斑の症状が表れないようにするためには、

 

 

まずは、ストレスをためないで、ストレスが溜まったら発散するということ。

 

 

それとやはり紫外線はお肌にとっては大きなストレスになるので、

 

 

まずはきちんと紫外線対策をするということは忘れないようしましょう。

 

 

肝斑にハイドロキノンは大丈夫?使い方や効果とは

kanpan

それは肝斑にはどういう外的な治療があるのかというと、

 

 

一つはハイドロキノンを使うというやり方があります。

 

 

ハイドロキノンは、皮膚科でも使われている美白効果の高い成分です。

 

 

ハイドロキノンの効能としては、シミの原因であるメラニンの生成をふせぐことにあります。

 

 

その効果はかなり高いといえるのですが、実は副作用もあります。

 

 

副作用が起きるケースというのは、

 

 

・使用上の注意事項をまもらなかった

・使ったハイドロキノンが自分には合わなかった

・濃度の濃いハイドロキノンを使ってしまった
このようなときには次のような副作用が起こりますので、注意をしてください。

・赤みや炎症

・色素沈着の悪化

・白斑

 

 

このような症状が起きた場合にはまず医師の診断を受けて、きちんと指示に従ったほうが良いでしょう。

 

 

ハイドロキノンは、一般的に市販されているのは薬事法で4%までの濃度とされているものだけです。

 

 

それ以上の濃度のものを使う場合には、医師の処方がないと使うことができないことになっています。

 

 

通常、ハイドロキノンのトラブルが有る場合は、濃い濃度のものを使ったケースが認められています。

 

 

したがって、もし上記のようなトラブルがあった場合には、

 

 

まずは、濃度の濃いものを使うようにするべきですし、医師もそのように診断をするはずです。

 

 

トレチノインは肝斑に効果的?

kanpan

特にトレチノイン自体は我々の血中の中にもごく微量ですが流れています。

 

 

ですので、アレルギー反応を引き起こすこともないですね。

 

 

トレチノンは肌の新陳代謝を強力に促進させることが特徴です。

 

 

一般的に肌の表皮というのは、基底層で生まれて、徐々に押し上げられて、それが角質となり、

 

 

最後はアカとなって皮膚から離れていくというサイクルがあるのですが、

 

 

これを皮膚のターンオーバーと言います。

 

 

シミやしわがある皮膚は、ターンオーバーの時間が遅くなり角質が厚くなってしまっています。

 

 

この場合、シミの原因となっているメラニンが表皮の基底層にあることで、

 

 

シミがいつまでたっても治らないということになっています。

 

 

トレチノインはこのメラニンを外に出す効能があるため、

 

 

このクリームをシミの部分とかにぬると、メラニンが外に押し出されます。

(Sponsored Link)

 

 

さらに、ヒアルロン酸やコラーゲン産生を促進し、真皮血管の新生により肌の若返りも果たすために、

 

 

シミや肝斑を薄くする効果があるのです。

 

 

トレチノインを塗り始めると、先ず数日で炎症が起こります。

 

 

症状としては薬を塗った部分が赤くなったりかさかさになったりします。

 

 

この時が一番つらい状況ですが、使用上の注意をよく守って、塗っていくと、

 

 

だんだん反応が軽くなってきます。

 

 

時間的には2週間〜8週間ほどです。

 

 

このようにトレチノイン自体もハイドロキノン同様効き目が強力なこともありますので、

 

 

何か自分の中で疑問などが起きればすみやかに医師の診断を仰ぐべきだと思いますね。

 

 

トレチノインの副作用については、色々と言われていますが、

 

 

この項でご説明をした炎症が強いということです。

 

 

これはどうしてそう言う状況になるのかというと、

 

 

肌のターンオーバーは4週間とされているのですが、

 

 

トレチノインはターンオーバーを2週間ほどに縮めてしまいます。

 

 

炎症はその過程におこるもので、この炎症が収まると、きれいな肌になりますから、

 

 

それほど心配をすることはないかもしれません。

 

 

ただ、トレチノインの治療をしているときは、紫外線対策はしっかりやってください。

 

 

これをしないと、塗ったところにまたシミが出来たりしますので、注意が必要です。

 

 

また、トレチノイン自体は劇薬されていますので、

 

 

妊婦や授乳中の人が使うことができないことになっています。

 

 

ですので、こちらもしっかり注意を払っておく必要があります。

 

 

シミをハイドロキノンやトレチノイン、ヘパリンで除去!経過は?

 

 

ハイドロキノンとトレチノインの両方が含むものは危険?

kanpan

では、このハイドロキノンとトレチノインを同時に使ったりすることは出来るのかどうかという疑問が出てきますよね。

 

 

こちらも結論から言うと、同時にクリームを塗ることは可能です。

 

 

実際に肝斑やシミの治療をした医師の処方箋にはハイドロキノンが含まれているクリームと、

 

 

トレチノインを含むクリームをもらって、それで肝斑を薄くしている人はいくらでもいます。

 

 

実際に、医師からハイドロキノンクリームとトレチノインクリームを同時に塗ることで良くなっています。

 

 

具体的には、同時に肝斑やシミにハイドロキノンクリームとトレチノインクリームを塗ると、

 

 

その部分がくすんでいる状態ではなくなり、やや赤みが出てくるようになります。

 

 

この時点で肝斑やシミが「薄くなっている」か「落ちている」状態になっています。

 

 

ですので、あとは赤みが引くまではトレチノインクリームの使用をやめて、

 

 

ハイドロキノンクリームを塗ることで徐々に赤みもとれていくことになります。

 

 

以上のことから、医師の処方によるハイドロキノンとトレチノインを同時に使うということは問題はありません。

 

 

また、医師も問題がないように注意を払って処方箋を出すからです。

 

 

問題なのは、個人輸入でハイドロキノンやトレチノインを使った場合です。

 

 

実際に個人輸入でハイドロキノンとトレチノインを全く知識のないままで使って、

 

 

取り返しの付かないケースになったケースもいくらでもあります。

 

 

この場合の失敗は、濃度の濃いものを使ったことで大変なことになっているケースが殆んどです。

 

 

ですから、早く効くからということで、強いハイドロキノンやトレチノインを使ったりすると、

 

 

結局ひどい目に合う可能性が高いので、個人輸入はしないことを強くお薦めします。

 

 

まずは、皮膚科に行き、自分の希望を意思に伝えて治療するべきでしょう。

 

肝斑にアンプルールの効果とは!?

 

(Sponsored Link)