(Sponsored Link)

「肝斑は自然に消える?治らない?自力で治す方法!」

 


肝斑は両頬にほぼ同じような状態ででてしまって、すごく鬱陶しいですよね。

 

 

肝斑の原因というのは、

 

・肝斑が妊婦やピルを服用している人に症状が現れることから、

 

女性ホルモンが変調によるものとされているということ。

 

 

・ストレスによって症状が表れ、

 

それを見ることで更にストレスが鬱積して症状が広がるということから、

 

女性ホルモンの変調とストレスによるものとされています。

 

 

また、また年代的に30〜50代の女性に肝斑が見られるというのも特徴で、

 

 

20代以前と60才以上の女性にはその症状が見られません。

 

 

肝斑は自然と消えるの?治らないの?

kanpan

ここで素朴な疑問としては、肝斑が20代以前の若い女性と、

 

 

60才以上の女性には症状が見られないということではありませんか?

 

 

肝斑を年代別に調べてみると、年代別の肝斑で悩んでいる人はと言うと、

 

 

その数字の高さに驚きを隠せないほどです。

 

 

 

第一三共株式会社の調べによると

・30〜34才:34%

・35〜39才:29%

・40〜44才:34%

・45〜49才:49%

・50〜54才:47%

 

 

というもので、40代後半になると二人に一人が肝斑で悩んでいるという、

 

 

これは実に衝撃的なデーターですよね。

 

 

この状態で60代になると、どうなるかというと、シミが薄くなり、消えたりします。

 

 

このように、女性の年齢が進むことで、肝斑の症状がなくなるということがわかっていますので、

 

 

高齢者になると肝斑の症状がなくなるということから、

 

 

やはり女性ホルモンと肝斑が密接な関係にあるということがわかります。

 

 

ただ、今の状態で肝斑があると、女性としてはシミが顔に出ているのでとてもいやですよね。

 

 

これは、お医者さんに行って、治療をして薬を服用しながら、クリームをもらって治すことができます。

 

 

それにインターネットで検索をすれば専門のお医者さんはいくらでも見つかります。

 

 

でも、日々仕事や家事でいっぱいいっぱいなのに、

 

 

具合が悪くないのにお医者さんに行くというのも何か気が引けますね。

 

 

そこで、家でリラックスして、肝斑対策はできる方法について紹介します。

 

 

自力で肝斑を薄くする方法とは

kanpan

自力で肝斑を薄くする方法はというと、まずはストレスを溜めないこと。

 

 

ストレスが溜まると、直接肌に影響が出てきますから、ストレスが溜まりそうになったら、

 

 

とにかく発散をして、温めのお風呂に長時間入って、十分な睡眠をとるということ。

 

 

これが一番大事です。

 

 

次に具体的に肌に対してどのようなケアをした方がいいのかということなのですが、

 

 

個人差があるので、一概にこれがベストとはいいませんが、ご参考に読んでみてください。

 

 

まずは、身体の中から治そうという時には、食べ物もきちんとチェックしたほうがいいですよ。

 

 

具体的にはどういう栄養素が肝斑に効くのかというと、以下がおすすめです。

・トラネキサム酸

・ビタミンC

・ビタミンE

 

 

一般的にお医者さんからもらう内服薬は、これらの成分が含まれていることが多いです。

 

 

これらの栄養素が含まれる食品はというと、

(Sponsored Link)

・トラネキサム酸は、医薬品なので、第一三共株式会社でトランシーノIIという内服薬があります。

 

・ビタミンC:

レモン、ピーマン、アセロラドリンク、明太子、キウイフルーツなど多数

 

・ビタミンE:

いくら、あゆ、明太子、かぼちゃ、鯛など多数

 

 

これらを服用することで、身体の中から肝斑を薄くすることが可能です。

 

 

次に紫外線対策。

 

 

肌に紫外線が良くないというのは、ご存知ですよね。

 

 

しかも、肝斑の症状がある状態と言うのは、その時点で肌の健康が落ちているということですから、

 

 

紫外線対策をきちんとしていないと、肝斑はますますひどくなっていきます。

 

 

ですから、外出する際には日焼け止めクリームをしっかり塗って、

 

 

紫外線の被害を受けないようにするということはとても大事なことです。

 

 

【保湿対策】

健康な肌の状態を保つためには、保湿対策も欠かせません。

 

特に肝斑が出ている状態ですから、保湿対策には特に神経を使うべきで、

 

その際にオススメなのがハイドロキノン成分のある化粧品がおすすめです。

 

それはハイドロキノンに含まれている成分が、

 

肝斑に対して有効だということが様々な研究結果でも実証されているからです。

 

こちらについては次項に詳しくお話をします。

 

このように肝斑対策として、自分で治すことは可能なので、

 

是非元のきれいなお肌に戻れるよう頑張ってケアをしてみてください。

 

 

ハイドロキノンは肝斑の改善に効果的?

kanpan

それではハイドロキノンについて、お話をしますね。

 

 

結論から言うと、ハイドロキノンは、肝斑に効果があります。

 

 

ではどうして効果があるのかということをご説明します。

 

 

ハイドロキノンは、美白成分で、実際に医療機関でもシミの治療で使用されています。

 

 

一般的に美白対策にはビタミンCやアルブチンがあります。

 

 

肝班にアロマオイルやココナッツオイルは?アルブチンで消す?

 

 

ですが、ハイドロキノンはそれらの成分よりも圧倒的に効果があるとされていて、

 

 

皮膚科でシミや肝斑の治療するときには、

 

 

ほぼこのハイドロキノンが含まれている薬を渡されると言ってもいいと思います。

 

 

肝班にハイドロキノンの使い方!トレチノインで消す?

 

 

ハイドロキノンがどうしてシミや肝斑に効果があるのかというと、

 

 

シミや肝斑の直接の原因となっているのが、メラニンなのですが、

 

 

ハイドロキノンはそのメラニンを作らせなくするという働きをするのです。

 

 

したがってハイドロキノンに美白効果があるというのは、

 

 

実はメラニンに対して強力な働きをするからだということです。

 

 

ただ、注意をしておきたいのは、ハイドロキノンは強力な美白効果があるということもあり、

 

 

安全性も実際に証明をされているのですが、

 

 

ハイドロキノンの濃度が濃かったり、投与量が多くなったりすると、

 

 

刺激性皮膚炎になったり、赤みや痒みが肌に現れることがありますので、

 

 

そう言う時は、濃度を薄いハイドロキノンを使ったり、投与量を減らすなどの調整が必要です。

 

 

一般的に日本国内ではハイドロキノンをの濃度2%までの配合が厚生労働省より許可がおりているので、

 

 

市販されているものは2%までのものです。

 

 

それ以上のものが必要な場合には、病院での処方が必要になりますし、

 

 

ハイドロキノンが5%のものになると、発がん性があるという実験結果が出ています。

 

 

実際にヨーロッパでは使用が禁止されている国もあります。

 

 

このように、ハイドロキノンは、効果がありすぎるということもあるので、

 

 

そのあたりはきちんと自分なり選別をしていく必要があるようです。

 

新型安定ハイドロキノンが含まれるアンプルールは肝斑に効果的!?

 

(Sponsored Link)