(Sponsored Link)

「日焼けサロンでシミやアトピーは大丈夫?デメリットや注意点」

 

日焼けと言うと、あ〜夏が来たなぁと思いますね。

 

肌が白いよりは、小麦色に焼けると健康的に見える日焼けですが、焼け過ぎも余り身体的にはよくありません。

 

肌トラブルの原因になるので、メリット、デメリットをある事を考えて利用して下さい。

 

日焼けサロンでシミやアトピーは大丈夫なの?

アトピー性皮膚炎では、日焼けサロンはおススメしません。

 

何故なら日焼けサロンで行うのは、紫外線で焼きます。

 

軽度のアトピーでも、蕁麻疹やかゆみが酷くなります。

 

確かに日焼けサロンでアトピーが治ったと言う方はいます。

 

ですが、基本的に専門の治療を受けている場合には紫外線治療として行われているということもあり、普通に日焼けをしただけでも、かゆみや蕁麻疹で酷くなって痛みが伴ないます。

 

それと、ステロイド剤を塗って焼くのもいけません。

 

ステロイド剤には、抗生物質があります。

 

身体に負担があるので、大量に塗る事は出来ません。

 

肌を焼くと言う事は、火傷になっている状態です。

 

そこに、ステロイド剤まで塗れば、肌や体にはかなりの負担がかかります。

 

アトピー性皮膚炎の治療として、紫外線治療がありますので、病院での治療兼ねた方が綺麗に治ります。

 

また、ガンクロと言われるまで日焼けサロンで焼いた後ですが、やはり顔や背中のシミが多く出ます。

 

お手入れもしっかりとしていてもやはり、出ています。

 

日焼けサロンのデメリットや注意点とは

体の細胞は、強い紫外線を浴びる事によって、組織を守る防衛反応が出ます。

 

それは、メラニンを生成する事です。

 

そして、日焼けによってメラニンが生成されて肌が黒くなります。

 

日焼けサロンは日光と違う事は、自然の太陽から有害紫外線含まれていますが、日焼けサロンはメラニンを生成に必要な紫外線だけ照らしています。

 

他にも、紫外線や日光を浴びる事によって体への負担は、かなり大きいです。

 

主な症状として結核になりやすい、また、皮膚炎の状態によってフケ、乾癬、骨軟化症など最も身体の影響に出やすい事で認められています。

 

ただ、紫外線を浴びる事でコレステロールが減る事もわかって来ましたが、有無を言わせるまでは至っていません。

 

日焼けサロン以外で綺麗な小麦肌にする方法とは

日焼けと言っても、良い日焼けと悪い日焼けと2通りあります。

 

良い日焼けは、「サンタニング」と言われています。

 

これは、日光を浴びる事でメラニン色素が生まれ、無理なく自然に定着されることが出来ます。

(Sponsored Link)

 

また、一気に焼く事はしないで、徐々に段階を踏んで日光を浴びる事を勧めます。

 

そうすると、綺麗にむらなく小麦色の肌になります。

 

さて、悪い日焼けとは「サンバーン」と言います。

 

悪い日焼けは、急激に強い日光を短時間で浴びた為に、肌の表面がやけどを起こして炎症になっている状態を言います。

 

この状態では、日焼けとは言い得ません。

 

逆に火傷によって皮膚組織が死んでしまい、剥がれ落ちてしまいます。

 

メラニン色素は定着をせずにシミの原因になってしまいます。

 

そして、何度も同じことを繰り返すと、皮膚がんのリスクに入ります。

 

綺麗に小麦色の肌になるコツは、慌てないのとせっかちにならない事です。

 

日光を浴びる時間として、初日は時間を短くする事です。

 

2日目は1日目よりも少し時間を長くと、徐々に肌を慣らすことが大事な事です。

 

主に、日光浴する時間としては、午前中10時までに浴びるか午後15時ごろから浴びると良いでしょう。

 

何故なら、午前10時から午後15時は最も紫外線が強く肌にも負担が大きいので避けると良いからです。

 

他にも、海水浴などで日光浴をする場合は、「小麦肌」ローションが販売されています。

 

短時間で肌を焼ける事が出来ます。

 

シミを作らずに日焼けをする方法!ブロンズターナーで綺麗に小麦肌を手に入れる?

 

また、シミやしわになりたくない、手っ取り早く綺麗に日焼け肌になりたい方にオススメな商品です。

 

全身でも顔だけでも日焼けする事ができて、縫って5時間で放置で小麦色の肌になります。

 

自然な感じで日焼けが出来ますので、日焼けサロンでの不安な方にはおススメします。

 

日焼け後の手入れ方法

日焼けサロンでも自然と日焼けしても、お手入れを十分にしてください。

 

日焼け後の肌は真っ赤になっています。

 

この状態の肌は火傷と言ってもおかしくない状態です。

 

そこで、手入れが不十分になると後々、シミ、しわの原因になります。

 

手入れとして、濡れたタオルを5分位に患部に当てます。

 

特に、顔や背中、肩など当てて下さい。

 

肌は火傷の状態ですが、熱が引いている用でしたら保湿ケアをしましょう。肌が乾燥をしているので、保湿がある美容化粧水などたっぷりつけて塗ってください。

 

日焼けのケアが徐々に効いて来ますのでシミ予防になります。

 

まとめ

日焼けサロンでも自然と出来る日焼けでも、シミやしわ、皮膚炎、皮膚がんのリスクはあります。

 

また、出来てしまったシミは、手間と時間が係る事をおぼえておくことが重要となりますね。

 

事前の予防となる日焼けクリームを塗る事で、シミ予防になるのでおススメします。

 

(Sponsored Link)