(Sponsored Link)

 

今回は、ストレスや栄養不足などと同じくらい、肌にシミを作る原因となると言われている日焼けについて詳しくご紹介していこうと思います。

 

日焼けの後にシミができないようにするためにはどのようにすれば良いのか?その方法であったり、効果的な薬などについて紹介していきます。

 

日焼けをしてしまった日の夜などに、肌がヒリヒリと痛くなってしまったという経験をされた事がある方は非常に多いのではないかと思います。あのヒリヒリとする痛みというのがまさに日焼けによって肌がダメージを受けている証拠なのです。

 

日焼け後にシミができないようにする方法とは

hiyake2

日焼けは、一種のやけどと同じ状態だと言われております。それくらい、高い熱が肌に当たり続けていたということなのです。ですから、日焼けをしてしまった後には、まず日焼けをした部分を冷やしてあげるようにしましょう。

 

冷たい水で冷やしたり、冷たい水を含ませたタオルをあてたり、保冷剤をタオルに包んであてたり、というようにできるだけ日焼けした部分に熱がこもらないようにしてあげる事が大切です。

 

そして、冷やし続ける事によって、日焼けした部分の火照りが取れてきます。火照りが取れてくると今度は肌が乾燥してきてしまいます。ですから、化粧水を日焼けした部分に塗り、乾燥を防ぐようにしていきましょう。

 

顔の日焼けは化粧水のパックがおすすめ!

また、もし顔が日焼けしてしまった場合でしたら、化粧水パックを使うのがオススメです。化粧水パックを使えば、顔を冷やすという作業と、顔の肌の水分補給という作業を同時に行うことができますので、ぜひ化粧水パックを使ってみてくださいね。

 

そして、日焼けの対策としても、日焼け後でも、ビタミンCを積極的に積極的に摂取するようにしていきましょう。

 

ビタミンCには、メラニンの生成を抑えてくれる働きがありますので、シミ対策には非常に効果的な成分なのです。ですから、ぜひ食事にビタミンCが豊富に含まれている食べ物を積極的に取り入れてみてください。

 

シミを作らずに日焼けをする方法とは

hiyake

若い男性や女性ですと、健康的に見せるためにもあえて日焼けをしたいという方も多いのではないかと思います。実際、夏場になるとプールサイドや海辺などで日焼けをしている方もたくさんいらっしゃいますよね。

 

しかし、日焼け用のオイルを塗っていたとしても、完全に肌を守りながら日焼けするということは難しいと言われております。

 

肌に受けるダメージを減らすことができたとしても、そのダメージを0にすることは出来ないのです。ですから、日焼けはあまりオススメではありません。

(Sponsored Link)

 

太陽光よりも日焼けサロンの方が安全?

もし、健康的に日焼けをしたいのであれば、太陽光での日焼けはオススメできません。太陽光の紫外線には有害な物質が多く含まれているのですが、日焼けサロンの紫外線には有害な物質が少なくなっております。

 

ですから、太陽光で日焼けをするよりも、出来るだけ日焼けサロンにいって体を焼いていく方が肌にも良いということなのです。

 

ただ、日焼けサロンのマシンによっても大きな違いがあると言われております。マシンによっては、非常に強力な紫外線を浴びせているものもあり、肌にダメージを与えてしまうものもあると言われております。

 

日焼けサロンの選び方

基本的には、10000以下のマシンを使って30分以内で体を焼いていくのが良いと言われておりますので、そういったマシン選びもしっかりと行うようにしていきましょうね。

 

ただし、やはり何と言っても肌の健康を考えるのならば日焼けをしないに越したことはありません。ですから、できるだけ紫外線を浴びないで済むようにしていくことが重要です。

 

そして、紫外線を多く浴びてしまった時にはしっかりと肌のケアを行い、日頃から栄養バランスの良い食事を心がけていくようにしましょう。

 

ブロンズターナーの効果や評判!最安値で購入する方法とは

bronze_turner_01

日焼けをしたいけど、肌にダメージを与えたくない。シミやソバカス、シワを増やしたくないけど、適度に焼いて引き締まった体を作りたい。

 

そんな場合には、太陽光で日焼けをするのではなく、ブロンズターナーを利用して程よく日焼けしてみてはいかがでしょうか。

 

ブロンズターナーは普通の太陽光による日焼けでもなく、日焼けサロンのマシンによる日焼けでもなく、ただ塗るだけで半日後くらいには肌が小麦色になっていく非常に便利なクリームなのです。

 

基本的に太陽光で日焼けをすると、メラニン色素を刺激してしまうため、シミの原因となってしまうのです。

 

しかし、ブロンズターナーのようなセルフタンニングであれば、肌の角質層だけを確実に小麦色に変えていくことができてしまうのでシミの原因を作り出すことなく肌を焼くことができてしまうのです。

 

ブロンズターナーは短期的な日焼けにおすすめ?

さらに、ブロンズターナーの場合であれば肌のターンオーバーによって1週間ほどで元の色に戻すことが出来てしまうので、短期間だけ肌を焼いて、すぐに元に戻してしまえますので、仕事や学校などに支障をきたす事なく日焼けを楽しむ事ができるのです。

 

そして、太陽光での日焼けのように肌がヒリヒリしてしまうような事にはなりません。そもそも肌に火傷を負わせるためのクリームではありませんので、健康的な肌のまま焼く事ができるのです。

 

ぜひ、健康な肌のままで肌を焼いてみてはいかがでしょうか。

 

ブロンズターナーの詳細はこちら

 

 

(Sponsored Link)