(Sponsored Link)

ほうれい線は基本的には一度できてしまうと完璧に消す事は出来ないと言われております。しかし、できる限り薄くしていく事は可能なのです。

 

ですから、もし加齢によってほうれい線が出てきてしまった方の場合でも、決して諦める必要はありません。今からでもほうれい線を改善していく事は可能なので、ぜひ肌のケアを行ってみてくださいね。

 

今回は、加齢に伴ったほうれい線ではなく、若い世代に起きてしまうほうれい線の原因と対処法についてご紹介していこうと思います。

 

ほうれい線は30代を過ぎた方に多く現れるのですが、20代や10代にも現れるケースがあると言われております。なので、ぜひ若い世代の方もしっかりと予防していくようにしましょうね。

 

ほうれい線ができやすい!遺伝なの?ぶつぶつは?

 

十代といった若い年齢でほうれい線ができる原因とは

wakai2

ほうれい線は、顔のしわの中でも特に目立つと言われており、ほうれい線があるか無いかで見た目の印象も一気に変わってしまうと言われております。そんなほうれい線ですが、決して加齢と共に現れるだけでは無いのです。

 

10代の若い人にも現れる可能性はあると言われておりますので、気をつけなくてはなりません。そんな10代や20代の若い世代にもほうれい線が出来てしまう原因としては、『肌の乾燥』が挙げられます。

 

肌の乾燥によって、肌に潤いやハリがなくなってしまい、ほうれい線ができてしまうのです。ですから、できるだけ肌の保湿を怠らないようにしていきましょう。

 

ほうれい線の原因は寝方や寝相!?

 

10代・20代は皮脂で悩んでる?

ただ、10代や20代の方というのはどちらかというと乾燥というよりも皮脂が多い肌に悩んでいる人の方が多いかと思います。ただ、実はその脂も乾燥が原因だったりするのです。

 

肌というのは乾燥してしまうと乾燥を防ぐためにより多くの皮脂が分泌されるように出来ているのです。ですから、その皮脂の分泌も乾燥からきている可能性が高いということです。

 

なので、できるだけ洗顔後に化粧水と乳液を使って、潤いを閉じ込めていくようにしましょう。そうすることで、肌の乾燥を防ぐことも出来ますし、肌の乾燥から引き起こる皮脂の分泌も抑えることができます。

 

10代はホルモンバランスが崩れやすい!

また、10代の方というのは思春期でもありますから、ホルモンバランスが崩れやすい傾向もあります。そのため、ニキビなどの肌荒れも他の世代より多くできてしまう傾向にあるのです。

 

そのため、より肌のケアを念密に行っていく必要があります。思春期のニキビというのはあまり跡になりにくいとは言われておりますが、それでも跡が完全に消えるという保証はありません。

 

ほうれい線に加えてニキビの対策もしっかりと行っていきましょう。

 

若いうちからほうれい線を予防する方法とは

wakai

(Sponsored Link)

若いうちからほうれい線を予防する方法としては、できるだけ顔の筋肉をたくさん使うということが重要になってきます。顔も、脚や腕、お腹や背中と同様に筋肉が存在します。

 

そのためしっかりと筋肉を使わなければもちろん衰えてきてしまうのです。加齢と共に顔が垂れてきてしまうのは、この顔の筋肉である『表情筋』が衰えていることも原因の一つなのです。

 

ですから、若いうちから出来るだけ表情筋を使うように意識していくことで、ほうれい線の予防になりますのでぜひ取り組んでみてください。

 

表情筋のトレーニングで大事なのは笑うこと!

表情筋のトレーニングとしては、やはり様々な表情をするということが大事になってきます。特に大事なのが、笑うことです。

 

笑うことで、表情筋を多く使い、口角もあがりますので、よりほうれい線が出にくい顔を作り出すことができます。

 

ですから、普段からあまり表情を変えない方や、ストレスを溜め込んでいて気がつくと口がへの字になっている方などは、特に気をつけなくてはなりません。

 

とにかく顔の筋肉を積極的に動かすようにしていきましょう。それだけでも表情筋が衰えるのを防ぐことが出来ますし、ほうれい線予防につながりますのでぜひ取り組んでみてくださいね。

 

ほうれい線の予防!ガムや蒸しタオルが効く!?

 

ほうれい線に効果的なエクササイズとは

hyoujyoukin

ほうれい線を改善していくには、やはり表情筋を鍛えることが最も効果的です。なので、そんな表情筋を鍛えるのに効果的なエクササイズをご紹介していこうと思います。

 

今回ご紹介するのは『あいう体操』というものです。このあいう体操は、顎の下にある顎舌骨筋という舌を支えている筋肉を鍛えることができるエクササイズです。

 

この顎舌骨筋は、日常生活ではなかなか使われる機会がないため、衰えやすい筋肉だと言われております。

 

顎舌骨筋が衰えてしまうと、頬を支えている筋肉の衰えにも繋がってしまい、ほうれい線ができやすくなってしまうのです。

 

ほうれい線は顔の筋トレやストレッチ、リンパマッサージが効果的!?

 

『あいう体操』の方法とは

そんなほうれい線対策に効果的な顎舌骨筋のエクササイズですが、まず大きく口を開けて、10秒間ほど『あ』と言葉を発するときの形をキープしましょう。

 

そして次に、『い』の形で10秒間キープしていきましょう。そして最後に『う』の形で10秒間キープしていきましょう。これを1セットとして、毎日5セット行っていきます。

 

これで顎舌骨筋を鍛えることができると言われております。あまり時間のない方でもこのエクササイズであれば手軽にできますので、ぜひ取り組んでみてくださいね。

 

『あいう体操』の注意点

ただ、注意点がひとつあって、あまりやりすぎてしまうと今度は他の部分のシワの原因にもなってしまう可能性があります。

 

なので、多くても1日5セットまでにするようにしていきましょう。このように顔には意外と使われていない筋肉が多く存在しているのです。

 

ですから、ぜひ日々の生活で表情を豊かにしていけるように意識していきましょう。そして楽しい生活を送っていれば自然と笑顔も増えますので、口角もあがりやすくなります。

 

ほうれい線を消す化粧品でおすすめは!?

 

(Sponsored Link)