(Sponsored Link)

「ほうれい線は寝方や寝相が原因?横向きで寝るのは?」

 

年を重ねるにつれて悩みが大きくなってくるのが、肌についての悩みではないかと思います。

 

特に、肌のたるみやほうれい線などは誰もが直面することですから、いかにそれらの進行を抑えることができるかが重要になります。

 

今回は、そんなほうれい線を抑えるための方法をご紹介していこうと思います。

 

基本的にほうれい線は、加齢とともに現れてくるものだと言われておりますが、決して加齢だけが原因ではありません。

 

生活習慣や運動習慣などによっても大きく変化してくると言われております。

 

特に顔の筋肉が大きいと言われております。

 

顔にも、脚や腕、背中やお腹と同じように筋肉がたくさんあるのです。

 

なので、その顔の筋肉が衰えてしまえば、顔にもたるみが出てきてしまい、シワやほうれい線が出来てしまう原因となってくるのです。

 

ほうれい線は何歳から?生まれつきなの?

 

ですから、表情筋を鍛えるためにも、日々の生活で表情を豊かにする意識をしてみてください。

 

それだけでも表情筋は鍛えることができると言われております。

 

また、ほうれい線は睡眠時の影響も大きいと言われております。

 

寝方や寝相などによっても大きな影響を受けると言われておりますので、今回は寝方という所に注目して、ほうれい線の予防法をお話ししていこうと思います。

 

ほうれい線は寝方や寝相が原因?

あなたは、いつも寝るときにどのような姿勢で寝ているでしょうか?

 

実は、その寝方次第で、顔にむくみやほうれい線が出来てしまうことがあるのです。

 

基本的に、うつ伏せで寝ていると顔がむくみやすくなると言われております。

 

さらに横向きで寝てしまうのもあまり良いことではないのです。

 

横向きで寝てしまうことでも、顔のたるみであったり、シワの原因となってしまうのです。

 

ですから、寝方としては仰向けで寝るのが良いと言われております。

 

基本的に、うつ伏せは最も体に良くない寝方と言われておりますので、できるだけそれ以外の寝方で寝るように意識していきましょう。

 

もちろん寝るときは無意識のうちにその寝相担ってしまうことがありますので、いきなり寝方を改善するということは難しいです。

 

さらに、いきなり寝相を改善しようとすると、その寝方に慣れておらず逆にストレスが溜まってしまうことがあります。

 

なので、少しずつ寝方を改善していくようにしましょう。寝るときに最も重要なのは、リラックスした状態で睡眠を取り、疲労を回復することです。

 

寝つきが悪くなってしまえば疲労回復ができなくなってしまうのはもちろん、むしろ体調を崩してしまう可能性も出てきますので、あくまでも体に負担がかからない程度に、寝相を改善していくようにしましょう。

 

横向きで寝るのはほうれい線ができる原因!?

横向きで寝るのもシワやほうれい線などの原因となると言われております。

 

横向きで寝てしまうと、片方の頬がつぶされてしまいます。

 

片方の潰された頬にはシワが寄ってしまうことになるので、シワがそのままの形でできてしまったり、ほうれい線が出来てしまう可能性も出てくるのです。

(Sponsored Link)

 

その下になった頬の方にどんどん肉が流れていってしまうわけですから、やはり横向きで寝るのはお勧めできません。

 

また、寝ている間に枕と肌が擦れてしまい、肌荒れであったりニキビなどが出来てしまう可能性も高くなると言われております。

 

そういった肌荒れが頻発してしまうと、ニキビなどの跡が残る可能性も少なからずあるのでシミが出来てしまうこと考えられます。

 

肌のシワやほうれい線だけでなく、シミの原因にもなってしまう可能性がありますので、あまり横向きで寝ないように気をつけるようにしましょう。

 

そして、横向きで寝るというのは、最も寝違えたり首を痛めたりする可能性が高いと言われております。

 

頻繁に寝違えてしまう方ほど横向きで寝ているのです。

 

ですから、そういった体への負担を減らすためにも横向きではなく、できるだけ仰向けで寝るようにしましょう。

 

基本的にほうれい線は加齢と共に現れると言われておりますが、この寝方次第でも現れる年齢は異なってきます。

 

ですから、うつ伏せや横向きで寝ている方ほど、ほうれい線が早く現れる可能性が高いのです。

 

なので、ほうれい線の予防の一環として、この寝方についても一度見直してみてはいかがでしょうか。

 

ほうれい線を生まない寝方とは

ほうれい線を生まないようにする寝方としては、仰向けが最もお勧めです。

 

仰向けであれば、顔が枕につくことは基本的になくなりますので、シワができやすくなるというリスクも抑えることができます。

 

ただし、ただ仰向けで寝ていれば大丈夫というわけでもありません。

 

それはどういうことかというと、寝るときの頭の角度も重要なのです。枕の高さが高すぎてしまうと、首にシワができやすくなってしまうのです。

 

ですから、枕の角度や硬さにも気を使って、ストレスなく呼吸ができる角度で、そして首にシワができにくい角度でもあることを基準に枕を選んでいくようにしましょう。

 

枕だけでなく敷き布団の硬さも非常に重要です。敷き布団が固すぎてしまったり、逆に柔らかすぎてしまったりすると、それも睡眠が浅くなる原因となります。

 

睡眠が浅くなると、寝相が悪くなってしまう可能性も出てきますので、できるだけ自分の体にフィットした寝やすい敷き布団と枕を準備するようにしましょう。

 

そういった環境を整えていくことで、より健康的な睡眠をとることができるようになりますし、シワやほうれい線が出来にくい寝方をすることもできるようになります。

 

ぜひ、睡眠の質を高められるように意識してみてください。

 

また、その睡眠の質を高めるための方法の一つとして、寝る前にストレッチをするというのも非常に効果的だと言われております。

 

ほうれい線は顔の筋トレやストレッチ、リンパマッサージで改善?

 

ストレッチをすることで体をほぐすことができるので、よりリラックスした状態で睡眠をとることができるようになると言われております。

 

特に、首周りや肩、腰、股関節などをストレッチでほぐしてあげることによって、筋肉がほぐれ、よりリラックスした状態で眠りにつくことができると言われております。

 

ぜひ、体に負担をかけない質の高い睡眠を取り入れて、シワやほうれい線を予防していくようにしてみてください。

 

(Sponsored Link)