(Sponsored Link)

「ほうれい線を予防!ガムや蒸しタオルが効果的!?」

 

『最近いきなり自分の顔が老けた気がする』というような悩みを持たれたことはありませんか?

 

恐らく、自分の顔が老けたように見えてしまう最も大きな原因は、シワやほうれい線が出てくるということが最も大きいかと思います。

 

実際、年を重ねるにつれてシワやほうれい線が現れてきますので、そういった肌のハリが、見た目の印象としても現れてきてしまうのです。

 

今回は、そんな顔の老化の原因とも言えるほうれい線の予防方法についてご紹介していこうと思います。

 

ほうれい線は、基本的に一度現れてしまうと完全に治すことはできないと言われております。

 

しかし、そのほうれい線をできる限り見えないように改善することは可能だと言われているのです。

 

ですから、できる限りほうれい線が目立たないように、様々な方法を駆使して改善していきましょう。

 

今回はそんな、ほうれい線の改善方法として『ガム』を使って行う方法や、『蒸しタオル』を使って行う方法、そして『ベロ回し』を行って改善する方法をお話ししていこうと思います。

 

ほうれい線の予防はガムでできる!?

ほうれい線ができる原因としては、『口元』の老化によるものが大きいと言われております。

 

ですから、口元の老化を防ぐことがほうれい線予防、ほうれい線改善には重要ということなのです。

 

では、口元の老化というのは、具体的にどのようなものなのかをご説明していこうと思います。

 

口元が老化している方には主にこのような症状が現れると言われております。

 

まず一つ目が『気がつくと口がポカンと開いている』という方です。

 

無意識のうちに口が開いてしまっているというのは、口輪筋という筋肉が衰えている証拠なのです。

 

そして、『よく噛まずにものを食べている』という方も口元の老化が進みやすい方の典型的なケースです。

 

さらに、『奥歯を噛みしめる癖がある方』や『片方の歯ばかりで食べ物を噛む癖がある方』なども口元の老化が起きやすいと言われておりますので、気をつけなくてはなりません。

 

そんな方々に特におすすめなのが、ガムを噛むという方法です。

 

ガムを噛むことで、口輪筋を鍛えることができると言われております。

 

左右の奥歯で、30回ずつガムをしっかりと噛むようにしましょう。

 

これを1日に2回行うだけで、口輪筋を鍛えていくことができると言われております。

 

口輪筋を鍛えることで、ほうれい線を予防したり、ほうれい線を改善することができますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

また、ガムを噛むことによって、より多くの唾液が分泌されるようになります。

 

唾液が分泌されることによって口臭予防にもつながりますので、口内環境を整えるという効果を得ることもできます。

 

ぜひ、積極的にガムを噛んでみてください。

 

ほうれい線の予防は蒸しタオルが効果的!?

ほうれい線の予防としては様々な方法があるのですが、その中の一つとして『蒸しタオル』を使用するという方法もあります。

 

顔にも、腕や脚、お腹、背中などと同じように多くの筋肉があります。

(Sponsored Link)

 

その筋肉をしっかりと使わなければ肌のたるみ、そしてほうれい線ができてしまうことの原因となるのです。

 

ですから、しっかりと顔の筋肉も使うようにしていきましょう。

 

そんな顔の筋肉すなわち表情筋を鍛えるのと同時に、顔をマッサージしていくことでもほうれい線を予防することが出来ると言われております。

 

そしてそのマッサージをする前に、蒸しタオルを使うことによって、より効果が倍増すると言われているのです。

 

顔のたるみの原因の一つとして、顔のむくみも関係していると言われております。

 

ですから、そのむくみを解消するためにもマッサージは非常に効果的なのです。

 

基本的に顔がむくんでいる時というのは、顔に老廃物が溜まっているという証拠でもあります。

 

ですから、マッサージをすることでその老廃物を流していく必要があるのです。

 

その老廃物を流すやすくするために蒸しタオルを使うことで、顔全体が温まり、マッサージによって老廃物がさらに流れていきやすくなるということなのです。

 

蒸しタオルでうまく顔を温め、そしてマッサージをしてあげることでほうれい線の改善にもつながりますので、ぜひ行ってみてください。

 

ほうれい線にベロ回しの方法や効果とは!?

ほうれい線の予防・改善には、ベロの運動も非常に大切だと言われております。

 

なぜかと言うと、ベロを動かすことによって口周りの筋肉を鍛えることが出来るのです。

 

そして口周りの筋肉を鍛えることによって、血行が良くなり、新陳代謝もさらに良くなると言われております。

 

それがほうれい線の予防・改善につながるということなのです。なので今回は、そんなベロ回しの方法についてご紹介していこうと思います。

 

まず、口を閉じたままでベロを歯の表面に沿って20回ほど回していきましょう。

 

次に反対方向にも20回ほど回していきましょう。

 

これを1セットとして、1日に3セットを毎日行っていきましょう。

 

これだけで、口周りの筋肉を鍛えることができます。

 

また、ベロの運動はほうれい線の予防や改善の効果があるだけでなく、二重顎にも効果があると言われております。

 

この運動には、顎舌骨筋という顎の筋肉を鍛える効果もありますので顎の下の脂肪にも効果があるのです。

 

さらにベロ回しの効果はそれだけではありません。

 

ベロ回しには、顔の歪みを改善してくれるという効果もあるのです。

 

ベロを動かすことによって、口周りの筋肉だけでなく顔全体の筋肉も少しずつ連動して動くのです。

 

それによって、今まで動かしていなかった筋肉にも刺激が伝わり、左右均等に筋肉が動くように働きかけることができるのです。それによって、今までの顔の歪みが少しずつ改善してくるということなのです。

 

このようにベロ回しは、ほうれい線の予防や改善だけでなく顔周りの健康を手に入れることができる非常に便利な運動なのです。

 

ぜひ、積極的にベロ回しを行ってみてくださいね。

 

そして、積極的に口周りの運動を行うことで、より若返った肌を手に入れられるように頑張っていきましょう。

 

(Sponsored Link)