(Sponsored Link)

 

地黒な男性でも、毎日あきらめずにケアをすることで色白になることは可能です。

 

まずは、紫外線対策です。直射日光を浴びないように気をつける、長そで長ズボンを着用するなどして肌を露出しないようにする、日焼け止めクリームを塗るなど。紫外線対策は夏場だけ行っても不十分です。

 

地黒が色白になる方法とは

bihakudansei

紫外線にはA波とB波があり、しわやシミの原因となり、ジワジワと長い時間をかけて肌に悪影響を及ぼします。肌の奥深くの真皮まで侵入しコラーゲンを破壊します。

 

日本の場合5月がもっともA波の強い時期です。B波が強くなるのは7月8月です。肌に水ぶくれができたり、真っ赤に焼けたり、いわゆる「日焼け」の主の原因となります。

 

B波は肌表面が炎症を起こしたり、細胞を傷つけたりし、シミや皮膚ガンの原因にもなり、有毒性はA波の100〜1000倍と言われています。

 

冬や曇りの日でも紫外線はありますので、年間通して紫外線対策は必要となりますね。

 

美白コスメも有効的!?

美白コスメなどで肌をケアする、食品やサプリメントなどの美白に良いとされているものを摂取するのも有効です。美白コスメを使用するときは、きちんと洗顔を行い、肌にしっかり浸透させなくては効果がありません。

 

そして規則正しい食生活、睡眠をとることで肌の正常なターンオーバーを促します。どれも継続することが大切といえますね。

 

体の内側から色白になる方法とは

tomato

美白に効く食品と言えばビタミンCを豊富に含んでいる「レモン」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

 

他にも「美白食材」として効果が高いのがトマトです。トマトにはビタミンA・C・Eやリコピンが豊富に含まれています。

 

リコピンは抗酸化作用が非常に強く、メラニンの生成を抑える働きや、コラーゲンやエラスチンなどの肌のハリを元に戻す働きがあります。美白や老化防止に必要な1日15mgのリコピンをLサイズのトマト2個で摂取することができます。

 

更に良質なたんぱく質を摂ったり、腸内環境を整えたりすることで良質な肌を手に入れることができるだけでなく、免疫力が上がり花粉症予防や改善、アトピー性皮膚炎の改善、がんの予防、コレステロール値を下げる、血圧を下げるなどの働きもあるのです。

 

色白になる美容成分とは

biyoueki

以下に色白に効果的な美容成分を解説していきますね。

(Sponsored Link)

 

・ハイドロキノン

ブルーベーリーやイチゴ、コーヒーなどにも含まれている物質で、シミの原因のメラニン色素の生成を抑えるだけでなく、メラニン色素を作るメラノサイトそのものを減少させます。

 

肌の漂白剤と呼ばれ、様々な美白コスメに配合されています。ビタミンCやプラセンタの10〜100倍の美白効果があり、シミ予防だけではなく、皮膚に沈着したメラニン色素にまで働きかけます。

 

市販品は2%までの配合で、それ以上であれば病院での処方になります。ただし5%以上の配合は、動物実験で発がん性が指摘されています。

 


プラセンタ

プラセンタを日本語に訳すと「胎盤」という意味です。胎盤はお腹の赤ちゃんとへその緒で繋がっていて栄養や酸素を送ったりする働きを持っています。胎盤には赤ちゃんが成長するのに必要な栄養素がぎっしり詰まっています。

 

お肌の弾力やみずみずしさを保つコラーゲン・ヒアルロン酸、肌を若返らせ細胞の生まれ変わりを助ける「グローシング・ファクター」が含まれており、新陳代謝が活発になって老廃物の排除が促進され、美白につながります。

 


プラセンタの中で一番人気は「馬プラセンタ」、価格が手ごろで人気なのは「豚プラセンタ」です。プラセンタは美容効果だけではなく、健康効果もあります。

 

美容効果として代表的なものは、美白・シワやくすみが消える・肌のハリツヤが良くなる・しわがなくなる・髪の毛がツルツルになるなどです。

 

健康効果として代表的なものは、更年期障害の緩和・生理痛の緩和・疲労回復・二日酔い予防・肝機能障害の回復・情緒安定・ホルモンバランスの正常化などです。

 

美白におすすめのプラセンタサプリとは

 

・アルブチン

アルブチンは「ハイドロキノン」と「ぶどう糖」が結合してできた物質です。シミやそばかすの原因となるメラニン色素は、チロシンと言うアミノ酸の一種と控訴チロシナーゼと結びついたものです。

 

アルブチンはその酵素チロシナーゼに働きかけ、メラニン色素の生成を抑えるため美白に効果があるのです。アルブチンの美白成分には「αアルブチン」と「βアルブチン」の似種類があります。

 

昔からβアルブチンの効果は知られていましたが、最近になってαアルブチンはβアルブチンの10倍以上の効果があることがわかりました。

 

また、天然のものと合成のものがあり、合成の方が美白効果が強く、個人差があるもののトラブルも少なからずあります。トラブルを避けるため、天然アルブチン配合のものを選ぶ方が良いでしょう。

 

・ビタミンC

ビタミンCの必要摂取量は1日100mg程度ですが、美白や疲労回復などの効果を期待するのであれば、1日2000mg以上の内服が必要と言われています。

 

ビタミンCは消化吸収のプロセスで多く破壊されてしまい、生命維持のために脳や心臓に優先的に使われ、生命活動に関係ない肌に届けられるのは後回しになります。

 

そのため生命維持を行うためのビタミンCを脳や心臓に届け、尚且つ肌にいきわたるビタミンCをも摂取しなければならないのです。

 

2000mgものビタミンCを食品からのみ摂取するのはかなり難しくなりますので、美白のことを考えビタミンCを摂取するのであれば、サプリメントや医薬品からの摂取が必要になります。

 

(Sponsored Link)