(Sponsored Link)

「肝斑にアロマオイルやココナッツオイルは?アルブチンで消す?」

 

 

女性の悩みとして、肝斑があります。

 

 

肝斑は、顔に出てきてしまうし、そもそも顔は女性の命ですから、やはり重大なことだと思います。

 

 

そもそも肝斑とは両頬骨にそってあらわれることのあるシミです。

 

 

その特徴はというと、左右対称に同じ形で、同じ大きさで表れます。

 

 

形が大きいということもあって、その部分だけ色が抜けたような感じになります。

 

 

肝斑の原因の一つは、紫外線ですが、それ以外には、女性ホルモンの影響があります。

 

 

妊婦や経口避妊薬の服用がきっかけで肝斑ができることもあります。

 

 

また、精神的なストレスによってホルモンバランスが崩れ、

 

 

現れることもありますので、ストレスにも注意をしないといけないということになります。

 

 

ただ、肝斑は治すことができるので、まずはそのやり方などを色々とご紹介をしてこうと思います。

 

 

肝斑をアロマオイルで改善?

kanpan-aroma

まずは、肝斑とアロマオイル。

 

 

どう関係があるの?ということになりますが、アロマ自体はもともとハーブの1種ですから、

 

 

肝斑の改善に効くアロマというのは実際にあるんですね。

 

 

この場合、肝斑の原因というのは、女性ホルモンの変調によって、

 

 

顔に現れてしまうわけですから、女性ホルモンを整えてくれるアロマがあれば、

 

 

そのオイルを塗ったすると、実際に効果があります。

 

 

具体的には、どういうアルマが肝斑に効くとされているかというと、

 

 

・ ローズオットー

・ カモミールジャーマン

・ ネロリ

・ ジャスミン

・ ジンジャー

・ ラベンダー

・ イランイラン

 

 

 

これらのアロマは、直接肝斑に効くと同時、香りなどがストレス解消にも効くので、

 

 

その点からも肝斑を改善するためにはアロマは非常に良いとされています。

 

 

乾燥肌で脂っぽい?汗や遺伝で!?アロマやベビーオイルで改善?

 

 

肝斑にココナッツオイルはどう?

kanpan-aroma

肌に出来た肝斑というのは、実は体の中の内蔵や脳などにもできているとご存知でしたか?

 

 

つまり、肝斑ができているということは、そこに傷が付いていると思ってください。

 

 

したがって、肌に肝斑ができているということは、結局その部分に損傷があるからで、

 

 

やはりケアをしていかないとなかなか改善ができません。

 

 

そこでココナッツオイルと肝斑ということになるのですが、

 

 

ココナッツオイルは、スキンケアとしても優れていて、

 

 

古い角質を除去したり、肌の代謝を促進させる効果があります。

 

 

この辺りをもう少し詳しく話をすると、ココナッツオイルというのは、

 

 

肌の表面で死んだ細胞を除去をするので、肌が滑らかになるのです。

 

 

これはどうしてかというと、ココナッツオイルが表面の余計な角質を除去して、

 

 

その下にある新しい細胞を強化するという役割を果たすのです。

 

 

このように理想的な肌のケアをしてくれるココナッツオイルなので、

 

 

これを肝斑の部分で使ってみると、表面の角質を除去してくれるということで表面部分をみずみずしくします。

 

 

さらに、その下にある新しい肌細胞を強化する役割で、徐々にですが、肝斑を改善していくのです。

 

 

やり方としては、少量を必要に応じて何度も塗ってみること。

 

 

最初はつけすぎたかもしれないと思うかもしれませんが、

 

 

肌への吸収が半端ではないので、あっという間に吸収されます。

 

 

ですから、一般的な化粧品のように肌に残っている感は少ないと思います。

(Sponsored Link)

 

 

ただ、数分経過をしても肌がべたつくという状態であれば、

 

 

その時は、濡れたタオルで軽く拭いてください。

 

 

後は、とにかくココナッツオイルを塗ることで、

 

 

肌の表面にある角質を取りの除いて新しい細胞を繰り返します。

 

 

みるみる効果が上がってくるので、かなり驚きの体験が得られる可能性が高いです。

 

 

肝斑はアルブチンで消せる?

kanpan-aroma

アルブチンは、メラニン合成を阻害する働きをするので、

 

 

美肌効果のために化粧品には成分として含まれることが実に多いです。

 

 

 

アルブチンが優れているのは、国がその美肌効果の効能があるということを認めているということです。

 

 

具体的には、1989年に厚生省(現在の厚生労働省)が、美白の効果・効能を認定した

 

 

「医薬部外品」の美白成分として認めているんですね。

 

 

その美白効果があるとされている、アルブチンは、肝斑に効くのでしょうか。

 

 

まず、アルブチンが肝斑に効くかどうかということを調べる前に、

 

 

どうしてアルブチンに美白効果があるのかということを検証していきたいと思います。

 

 

アルブチンの本来の効果と言うのは、今冒頭でもかいたメラニン合成を阻害する働きです。

 

 

これはどういう意味を持つかというと、そばかすやシミの原因がメラニン色素となるのです。

 

 

メラニン色素は、ストレスや紫外線が原因で肌に発生した活性酸素により、

 

 

メラノサイトが活性化されることによって発生します。

 

 

このメラニン色素の働きを食い止める効能があるのが、アルブチンです。

 

 

本来この活性酵素というのは、人間にとってとても重要なものなのですが、

 

 

あまりにも増えすぎると、老化を促進したり、疾病を招いたりしてしまいます。

 

 

それは活性酵素の働きというのは、

 

 

本来は体内に入ってきたウィルスを攻撃して身体を守るからです。

 

 

ところが、活性酵素が増えすぎてしまうと、

 

 

正常な細胞まで攻撃してしまうことになり、老化を促進したり、疾病を招いてしまうという結果につながるのです。

 

 

肌で活性酵素が過剰に発生することで、シミやそばかすが出てきてしまうのですが、

 

 

アルブチンはメラニン色素が作るチロシナーゼに対して働きをかけて、

 

 

メラニン色素の生成をふせぐ働きをするのです。

 

 

このアルブチンに対する研究が進んでいて、

 

 

結論から言うと、アルブチンは肝斑には有効であるということがわかっています。

 

 

その理由としては、

 

 

・ アルブチンがメラニン産生とロシナーゼの活性化を防いでいるということが研究結果でわかっている

 

・ モルモットおよびヒトで、皮膚の組織へアルブチンを添加することによっても色素沈着を防ぐことがわかったとされています。

 

 

以上のことから、アルブチンは肌にある肝斑には効くとされています。

 

 

また、アルブチンはメラニン色素の過剰な生成を予防するだけではなくて、

 

 

色素沈着の抑制にも効果的です。

 

 

くすみやシミが生成されるまでに防いでくれますので、

 

 

美白成分として非常に有効的な成分となります。

 

 

こういうこともあって、美白系の化粧品にアルブチンが含まれるというのはよくわかりますよね。

 

 

では、アルプチンはどういう食品に含まれているのでしょうか。

 

 

アルブチンの含まれている食品は、以下が挙げられます。

 

・ サンタベリー

・ 梨

・ ウワウルシ

・ マッシュルーム

 

 

 

以上、肝斑について、

・ アロマオイル

・ ココナッツオイルを

・ アルブチン

 

 

の3つで効き目があるのかどうかチェックしましたが、

 

 

それぞれの効果がありそうです。

 

 

ですから、もし、肝斑にお悩みであれば、

 

 

どれか自分にあっているものを使ってみることをお薦めします。

 

肝斑にアンプルールの効果とは!?

 

(Sponsored Link)