(Sponsored Link)

「乾燥肌の原因が加齢?肌の老化を防ぐ方法!」

 

乾燥肌についての悩みを持たれている方は比較的多いのではないかと思います。

 

特に30代を過ぎてから乾燥肌が気になり始めたという人は多いのではないでしょうか。

 

実は、肌の乾燥と加齢には大きな関係があると言われています。

 

今回は、そんな乾燥肌と加齢の関係性であったり、肌の老化を防ぐ方法などについて詳しくご紹介していこうと思います。

 

乾燥肌に効果的な飲物!ハーブティーやウーロン茶は?

 

 

加齢が原因で乾燥肌を引き起こす仕組みとは

乾燥肌には様々な種類があるのですが、その中でも加齢とともに肌の乾燥が酷くなってしまうものの事を『老人性乾燥肌』と呼びます。

 

この老人性乾燥肌というのは、年齢を重ねるに連れて肌の乾燥が酷くなってしまう状態の事を指します。

 

人間というのは、年齢を重ねるに連れて体の様々な機能が低下していくと言われています。

 

例えば、『発汗』であったり、『皮脂の分泌』であったり、『肌をバリアする機能』などが加齢とともに低下してしまう傾向にあるのです。

 

これらの機能が低下してしまうと、細菌であったり紫外線などによる外的刺激を受けやすくなるので、敏感肌や乾燥肌になりやすくなってしまいます。

 

また、女性の場合は40代から50代で女性ホルモンが一気に減少してしまう傾向にあると言われています。

 

それも加齢によって乾燥肌になってしまう原因の一つと言われています。

 

肌の潤いを保つためには欠かす事の出来ないヒアルロン酸やコラーゲンなどの物質も、加齢とともに減少していく傾向にあるので、どうしても加齢と共に乾燥肌は起きやすくなってしまうと言われています。

 

また、普段は乾燥肌ではないのに季節によって乾燥肌になってしまうという方も少なくありません。

 

特に冬などの空気が乾燥しやすい季節は、肌も乾燥してしまうというケースが非常に多いと言われています。

 

ですから、年齢に関係なく、空気が乾燥している季節に肌も乾燥してしまう傾向にあるという方は、出来るだけ肌も乾燥しないように保湿などのケアを行っていくと乾燥肌を改善する事ができると言われています。

 

乾燥肌はタバコや寝不足、冷え性が原因?内臓も関係?

 

 

老人性乾燥肌の種類や症状とは

老人性乾燥肌には二つの種類があると言われています。

 

一つが『老人性乾皮症』というものです。

 

この老人性乾皮症というのは、加齢によって皮膚の水分が減少してしまい、肌が乾燥してしまう状態の事を指します。

 

この老人性乾皮症の症状が酷くなってしまうと、肌の表面にヒビが入ったり、白い粉をふいた状態になってしまったりします。

 

なぜこういった症状になるのかというと、肌の角質層までもが乾燥し、硬くなってしまうからです。

 

そのため、この老人性乾皮症になると肌に痒みが出てくると言われています。

 

そしてもう一つが『老人性皮膚掻痒症』というものです。

 

この老人性皮膚掻痒症は、肌の様々な機能が低下してしまう事によって発症すると言われています。

 

例えば分泌される皮脂の量が減ってしまったり、肌のバリア機能が低下してしまったりする事で、紫外線などの外的刺激によるダメージを受けやすい肌になってしまうのです。

(Sponsored Link)

 

ですから、老人性皮膚掻痒症になってしまうと、そこまで強くない刺激でも敏感に反応してしまって、肌が荒れたり痒くなってしまったりするという特徴があります。

 

これらの老人性乾燥肌は、やはり冬の空気が乾燥する時期に特に発症しやすくなると言われているので、暖房を頻繁に家でつける方などは特に注意が必要です。

 

当然若い方でも乾燥肌になってしまう可能性はありますので、冬の空気が乾燥している時期はしっかりと肌のケアを行っていくようにしてください。

 

また、老人性乾燥肌は非常に肌にダメージが伝わりやすくなっていますから、お風呂に入って体を洗うときに、強く体を擦ってしまうと肌にダメージを与えてしまい、より肌が乾燥してしまう可能性があるとも言われています。

 

ですから、出来るだけ優しく体を洗う事も重要です。

 

乾燥肌に体質改善!食べ物はナッツや果物?

 

 

肌の老化を防ぐ方法は!?

では、肌の老化を防ぐためにはどのような事を行っていけば良いのか?

 

実は、肌の老化を防ぐためにはある3つの方法を実践していくと良いと言われています。

 

一つが『紫外線ケア』、二つ目が『コラーゲンの増加』、そして三つ目が『定期的なピーリング』です。

 

まず一つ目の紫外線ケアですが、これはその名の通り出来るだけ紫外線から肌を守るようにする事が重要になるという事です。

 

紫外線というのは肌の老化を早めてしまう一番の原因とも言われています。

 

ですから、夏に外出する際は必ず日焼け止めを塗ってから外出したり、紫外線による肌のダメージに効果的なビタミンCをたくさん食事で摂取したりなどの工夫をしていくと良いのです。

 

また、勘違いされやすいのですが、紫外線は決して夏だけに発生しているものではありません。

 

そして晴れている日だけに発生しているものでもないのです。

 

ですから、紫外線から肌を守る際は天候や季節に囚われる事なく継続的に日焼け止めなどを使用していくようにしましょう。

 

二つ目のコラーゲンを増加させるというのも、文字の通りコラーゲンを摂取するという事です。

 

ただし、コラーゲンドリンクやサプリメントなどではあまり効果を得る事が出来ないと言われています。

 

口からコラーゲンを摂取しても、肌に行き届くコラーゲンの量は少ないからです。

 

ではどのようにコラーゲンを摂取すれば肌に行き渡るのかというと、コラーゲン自体を摂取するのではなく、コラーゲンを作り出す『線維芽細胞』を活性化してくれる成分を化粧品から補っていけば良いのです。

 

例えば『ビタミンC誘導体』であったり、『ナイアシン』『レチノール』などは、コラーゲンを増やすだけでなく肌のターンオーバーも促進してくれると言われています。

 

ですから、これらが含まれている化粧品を積極的に使用してみてください。

 

そして三つ目の定期的なピーリングというのは、肌の表面にある古い角質を人工的に剥がしていく作業の事を言います。

 

ただ、これは既に乾燥肌になってしまっている方が行うと、余計に肌にダメージを与えてしまう可能性が出てきますので、あくまでも予防の一環として取り入れるようにしてください。

 

既に乾燥肌になってしまっている方は是非この一つ目と二つ目の方法を実践していただければと思います。

 

乾燥肌で脂っぽい?汗や遺伝で!?アロマやベビーオイルで改善?

 

(Sponsored Link)