(Sponsored Link)

「乾燥肌で脂っぽい?汗や遺伝で!?アロマやベビーオイルで改善?」

 

乾燥肌に体質改善!食べ物はナッツや果物?

 

多くの方が肌に関する悩みを一つは保たれているのではないかと思います。

 

そんな中でも、特に冬などに多くの方を困らせているのが肌の乾燥ではないかと思います。

 

そして乾燥肌なのに、肌が油っぽくなってしまうという悩みを持たれている方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、そんな肌の乾燥について詳しくご紹介していこうと思います。

 

一見乾燥肌と聞くと、肌が油っぽくなってしまう事なんてありえないように思えるのですが、実は肌が乾燥しやすい人ほど油っぽくなってしまうのです。

 

なぜ、乾燥肌の人ほど油っぽくなってしまうのか。その理由について詳しくご紹介していこうと思います。

 

そして、その乾燥肌を改善していくためには何をすれば良いのか?

 

乾燥肌を改善するために何を使っていけば効果的なのか?といった事についてもお話ししていこうと思います。

 

肌が乾燥しやすい方はもちろんの事、寒い季節になると肌が乾燥しやすくなってしまう方などもぜひ乾燥肌についての知識をしっかりと持って、正しい対処法を身につけられるようにしていきましょう。

 

乾燥肌で脂っぽいのはなぜ?

そもそも乾燥肌というのは肌がどのような状態になっているのかというと、角質層の水分の量が『30%以下』になってしまっている状態の事を乾燥肌というのです。

 

そして水分が不足している状態も乾燥肌というのですが、『脂分』が不足している状態の事も乾燥肌というのです。

 

つまり、水分ももちろん必要ですし、『適度な脂』も必要になってくるということです。

 

では、なぜ乾燥肌なのに脂っぽくなってしまうのか。そんな疑問を持たれている方は非常に多いかと思いますが、実は『乾燥肌だから脂っぽくなっている』と言っても過言ではないのです。

 

先ほども言った通り、乾燥肌は水分と脂分が失われている状態を指しています。

 

肌は、水分や脂分が失われてしまうと肌を乾燥から守ろうとする働きが作用して、より多くの脂を分泌しようとするのです。

 

ですから、肌が乾燥すればするほど、より多くの脂が分泌されてしまうのです。

 

なので、乾燥肌を改善して、ある程度の水分や脂分を肌に持たせることが重要になってくるのです。

 

乾燥肌なのに脂っぽくなってなってしまった方ほど、その脂を除去しようとして洗顔の回数が増えてしまう傾向にあります。

 

しかしこの脂を何度も落とすと、より肌の乾燥を守ろうとして脂の分泌量が増えてしまうので逆効果なのです。

 

ですから、出来るだけ肌の乾燥を防ぐためにも、過度な洗顔は控えるようにしていきましょう。

 

そして化粧水や乳液をしっかりと使って、保湿効果を高めるように心がけていきましょう。

 

ホホバオイルはシミだけではなく乾燥肌の予防にも効果的!?

 

汗や遺伝で乾燥肌や脂性肌になる?

よく汗をかく人ほど脂性肌になりやすいと思われている方が非常に多いのですが、汗をかく量が乾燥肌や脂性肌に直接的な影響を与えているわけではありません。

(Sponsored Link)

 

ただ、汗をたくさんかいた時の対処法次第では乾燥肌や脂性肌を引き起こしてしまう可能性もありますので注意が必要です。

 

おそらく、汗をかくとほとんどの方がタオルやハンカチなどで汗を拭き取るかと思います。

 

この拭き取る時の『拭き方』次第では、乾燥肌や脂性肌を引き起こす可能性を高めてしまうのです。

 

どのような汗の拭き方が良いのかというと、『押し拭き』を心がけるようにしてください。

 

なぜ押し拭きが良いのかというと、必要な脂質まで拭き取ってしまう可能性を低く出来るからです。

 

タオルやハンカチで滑らすように汗を拭いてしまうと、必要な脂分まで繊維が拭き取ってしまうことになるのです。

 

必要な脂分まで拭き取られてしまうと乾燥肌につながり、その乾燥を防ごうと余計に脂が分泌されてしまうのです。

 

まさに悪循環を生み出してしまいますから、汗を拭く時は出来るだけ押し拭きを心がけるようにしてください。

 

また、脂性肌は遺伝も少なからず関係していると言われています。

 

なので、たとえ同じ生活をしていても脂っぽい肌になる人や乾燥した肌になる人がいるという事です。

 

ただ、これらの症状はもちろん生活を変える事で改善する事が出来ます。なので、自分にあった生活を見極めて改善していくようにしましょう。

 

例えば、脂性肌の方の場合は、食生活により気を使っていく必要があります。

 

どんな人でも飽和脂肪酸という脂質を含む食品を多く食べてしまえば脂っぽい肌になってしまいます。

 

バターやラード、肉類などに多くの飽和脂肪酸が含まれているので、もし脂性肌を改善していきたいのであれば、これらの食品を控えた食生活を心がけてみてください。

 

アロマやベビーオイルで乾燥肌や脂性肌を改善する方法

肌を乾燥するためには、化粧水や乳液を欠かさずつけて保湿していく事が重要だと言われています。

 

ただ、乾燥から肌を守るための方法は決してそれだけではありません。

 

例えば、ベビーオイルを塗って乾燥から守ったり、アロマでも乾燥肌を改善していく事が出来ると言われています。

 

まずベビーオイルについてですが、これは近年女性の間で非常に話題になっている保湿方法です。

 

芸能人の方でもベビーオイルを使われている方は非常に多く、顔以外の肌も乾燥しやすくなってしまう方などは特にオススメです。

 

ベビーオイルの使い方も非常に簡単で、お風呂上りの濡れた体に直接ベビーオイルを塗りこんでいく事によって乾燥しにくい肌を保つ事が出来るのです。

 

非常にオススメの方法なので、全身が乾燥しやすい方はぜひ試してみてください。

 

また、アロマも乾燥肌に効果があると言われています。

 

アロマの使い方としては、洗面器に湯気が出るくらいの熱いお湯を注いで、そこにアロマオイルを数滴垂らします。

 

そしてその湯気を顔に浴びせる事によって乾燥しにくい肌に近づける事が出来るのです。

 

これは使うアロマによってリラックス効果や疲労回復効果なども期待できますので、ぜひご自身に合ったアロマオイルを選んで実践してみてください。

 

というわけで、乾燥肌や脂性肌について詳しくご紹介してきました。

 

基本的に肌が脂っぽくなってしまうのは肌の乾燥が原因である事が大半ですので、肌の水分や脂分が失われてしまわないように、日々のケアをしっかりと行うことから始めていきましょう。

 

(Sponsored Link)