(Sponsored Link)

「薬用クリアエステヴェールはアトピーや混合肌に効果なし?」

 

 

薬用クリアエステヴェールは化粧品で有名なメーカーであるマキアレイベルが製造しており、美容液ファンデーションとして販売されています。

 

 

薬用とついていますが、石油系鉱物油や合成着色料、タール系色素などは無添加となっており、

 

 

特に肌に悪影響を及ぼすこともない医薬部外品となります。

 

 

また、美容液ファンデーションと名乗るだけあって、シミやくすみ、毛穴等の肌の悩みを隠すだけでなく、

 

 

同時にスキンケアも出来てしまう優れものです。

 

 

特に薬用クリアエステヴェールは1本でファンデーション、美白、美容液、日焼け止め、パック作用の5役の役割を果たします。

 

 

マキアレイベルの中でも薬用クリアエステヴァールは11年連続売上No.1ですし、

 

 

口コミで評価が高く、数々の芸能人が使用していることでも知られている商品となります。

 

 

ですが、こちらのファンデーションはリキッドタイプですので、肌が弱かったり、

 

 

混合肌や乾燥肌の場合には一般的にはリキッドファンデーションよりも負担が軽いとされるパウダーファンデーションが薦められますよね。

 

 

ですがパウダーファンデーションは肌への負担は優しい傾向にありますが、

 

 

リキッドファンデーションやクリームファンデーションと比べると密着度が低く、

 

 

シミがうまく隠れなかったり、崩れやすかったりします。

 

 

かといって無理にリキッドファンデーションやクリームファンデーションを使用してしまうと、

 

 

肌が息苦しい感じがしたり、そもそも、お肌にうまく乗らなかったり、

 

 

時には肌荒れや肌の乾燥を助長してしまう場合もあります。

 

 

肌が弱いけど、ナチュラルに、でもしっかり隠すところは隠したい、

 

 

そういった方からも薬用クリアエステヴァールは多く支持されています。

 

 

薬用クリアエステヴェールはアトピー肌に効果でも使える?

top28

アトピー肌は、肌のバリア機能が弱っており、添加剤等が皮膚の内部まで入りやすく、

 

 

それが原因で肌荒れを起こしてしまう場合があります。

 

 

ですので、水分と油分の分離、微生物の繁殖を抑えるための界面活性剤や防腐剤を多く添加する必要のあるリキッドファンデーションや、

 

 

クリームファンデーションは一般的には避けるべきだと言われています。

 

 

ですが、薬用クリアエステヴェールは、そんなアトピー肌の方に対しても安心して使用して頂ける商品となっています。

 

 

その理由として一つ目に、先ほども説明しましたように、

 

 

薬用クリアエステヴェールは肌に刺激を与えてしまうタール系色素や石油系鉱物油、合成着色料に関して、無添加である点が挙げられます。

 

 

アトピー肌でも安心して使えるという点では二つ目に、マキアレイベル独自の技術により、

 

 

ファンデーション成分をミルクコーティングしている為に、

 

 

アトピー肌を助長してしまう日焼け止めの成分である酸化亜鉛や酸化チタン等の物質が肌に直接触れないように設計されています。

 

 

また、三つ目に、アトピー肌はバリア機能が弱い為に肌が乾燥しやすくなっていますので保湿がしっかり出来ることも、

 

 

ファンデーションが崩れない為に必要な条件となります。

 

 

保湿という面においても、薬用クリアエステヴェールは優れています。

 

 

美容液ファンデーションと言われるだけあって、

 

 

50種類もの美容液成分がおよそ62%もの高い割合で含まれています。

 

 

そして保湿成分として4種類のコラーゲンと保水成分として3種類のヒアルロン酸を配合し、

 

 

さらに保湿をサポートする成分として注目されているアロエ液汁末やオリーブ葉エキス、ビタミンC誘導体、カッコンエキス等が配合されているので、

 

 

肌の保湿をすると同時に肌のバリア機能も高めてくれます。

 

 

また、アトピー肌の場合には肌に炎症を起こしやすいのですが、

 

 

炎症を抑える有効成分としてグリチルエレチン酸ステアリルを配合されているという点においてもポイントが高いです。

 

 

こういった理由により、アトピー肌の方でも比較的安心して使える商品となっています。

 

 

薬用クリアエステヴェールは混合肌に効果的?

top30

(Sponsored Link)


top31

top32

 

混合肌の場合にはTゾーンはテカりやすく、それに比べ皮脂腺の少ないUゾーンは乾燥してしまうといった症状が現れます。

 

 

ですのでファンデーション選びやスキンケア選びは一筋縄では行かないことも多いです。

 

 

ですが、そんな混合肌の方からも薬用クリアエステヴェールは多くの指示を得ています。

 

 

一見して、混合肌はTゾーンは脂っぽく、Uゾーンは乾燥してしまうということで真逆のことが同時に起きているように感じてしまいがちですが、

 

 

実は両方の原因は「乾燥」である場合が多いです。

 

 

もともとTゾーンは皮脂腺が多いためにオイリーになるのは必然と言えますが、

 

 

混合肌の場合には、Tゾーンの肌の内側の水分が不足している為に肌が水分を逃がさないように、

 

 

皮脂を過剰に分泌してしまっている場合があります。

 

 

ですので混合肌のケアとしては保湿が重要になります。

 

 

ファンデーションの場合にも同様のことが言えます。

 

 

先ほども説明しましたように、薬用クリアエステヴェールは62%もの美容液成分と50種類もの美容成分が含まれています。

 

 

保湿成分として4種類ものコラーゲンや保水力を上げる為に3種類のヒアルロン酸、

 

 

そして保湿をサポートするアロエ液汁末やオリーブの葉も加わり、肌に潤いを与えます。

 

 

また、その名前にもあるように、美容液成分のヴェールで潤いを逃しません。

 

 

以上のことにより潤いが長時間キープ出来る為、

 

 

肌が乾燥して脂っぽくなってしまうといったことを防げるので混合肌の方にも適していると言えます。

 

 

薬用クリアエステヴェールが選ばれる理由とは?

top46

yakuyou

 

薬用クリアエステヴェールはその保湿力がすごいというお話しをしましたが、

 

 

最初に説明しましたように、薬用クリアエステヴェールは1本で5役の役割を果たすということにおいても注目されています。

 

 

保湿効果の他に、勿論ファンデーションとしても優れています。

 

 

酸化チタンや酸化亜鉛が含まれる大小2つの微粒子パウダーとタルクセリサイトが含まれる、

 

 

平板バウダー(自らツヤ持ち)を配合することによって、

 

 

なめらかな肌表面に調整したり、シミ・毛穴を光の反射で自然にカバーします。

 

 

独自のミルクコーティングを施してある為に肌にも刺激が少なく、

 

 

美容液成分が潤いのバランスを整える為にくすみや化粧崩れを防ぎます。

 

 

また、メイクをしながら美白ケアも出来るファンデーションとしても注目されています。

 

 

日焼け止め効果として薬用クリアエステヴェールはSPF3,PA+++ですので日中、

 

 

普通に出かける程度であれば問題ないですね。

 

 

また、美白成分としてプラセンタがメラニンを作る元となるメラノサイトに働きかける為、

 

 

シミが出来るのを阻止、透明感のある肌へ導きます。この効果がファンデーションを付けている間中持続します。

 

 

また、美容液が多く含まれている為、ファンデーションを落とした際にも潤いが持続しています。

 

button_010-300x53

 

 

(Sponsored Link)