(Sponsored Link)

「シミの見分け方とは!?」

 

あなたは、シミの対策などを行っていますでしょうか?

 

シミは、症状によっては、レーザー治療であったり、手術による切除を行わなければ治すことができなくなってしまう可能性があると言われております。

 

ですから、出来るだけそのような症状が重いシミになってしまわないようにするためにも、日々の肌のケアが非常に大事になってくるのです。

 

できるだけ、シミを作らないようにするためにも、しっかりと栄養を補給したり、睡眠時間を確保したり、ストレスを溜め込まない生活を意識したりして、できるだけ健康的な体、そして健康的な肌を保つことができるようにしていきましょう。

 

今回は、シミと肝斑の違いについて、そして見分け方についてを詳しくご紹介していこうと思います。

 

シミには多くの種類がありますので、自分で自分のシミの種類を見分けるというのは非常に難しいかと思います。

 

ですから、ぜひ正しい知識を身につけて、シミを見分けることができるようになって頂ければと思います。そして、そのシミの種類に合わせた対処をすることができるようになっていきましょう。

 

シミと肝斑の違いや見分け方

肝斑というのはどういうものか御存知でしょうか?

 

肝斑とは、頬の骨に沿って左右対称的にできるシミのことを指します。また、頬の骨付近だけでなく、額であったり、口の周辺にもできることがありますが、基本的には左右対象でできると言われております。

 

なので、同じようなシミが左右対称にできてしまったという症状が現れたら、それは肝斑である可能性が非常に高いと感が得るようにしましょう。

 

また、肝斑は30代から40代に発生する可能性が極めて高いと言われております。

 

基本的にそれ以外の年代の方にできる可能性は少ないと言われております。肝斑の原因となるのは、紫外線だけではないと言われております。

 

紫外線以外の原因として考えられるのが、女性ホルモンやストレスなどです。

 

特に30代から40代の女性というのは、妊娠、出産が多い年代です。

 

その妊娠や出産などによる女性ホルモンの変化によって、肝斑ができてしまうのを促してしまうと言われているのです。

 

ただし、肝斑は基本的に治すことが可能です。皮膚科などに行くと薬を処方してもらうことができます。その薬を使用することによって大体は治すことができます。

 

肝斑の原因とは?シミとの意外な共通点!

肝斑の原因となるのは、ストレスであったり、疲労、紫外線と言われておりますが、やはり最も大きな原因として言われているのが『女性ホルモン』によるものだと言われております。

 

妊娠や出産をすることによって、女性ホルモンの変化が現れますし、多くのストレスを抱えることにもなります。そういったことが重なってしまうことによって肝斑ができてしまうと言われています。

 

原因となるものは違いますが、基本的には肝斑もシミの一つです。

 

なので、絶対に治らないものというわけではありません。

 

肝斑の場合であれば、紫外線によってできる可能性よりも女性ホルモンの乱れによってできる可能性が高いわけなので、その症状に合わせた薬を処方してもらうことができます。

(Sponsored Link)

 

シミの場合は、基本的に紫外線によってできるわけですから、紫外線を予防すること、そして美白効果のある化粧品によって治すことができると言われております。

 

ですから、もし紫外線を浴びる機会がほとんどなかったにもかかわらず、シミのようなものが左右対称に出来てしまったという場合でしたら、それは肝斑だということになるわけです。

 

ただし、肝斑ができてしまった場合には、紫外線を浴びることによってその肝斑が大きくなってしまい悪化する可能性もあるので、どちらにしろ気をつけなくてはならないのです。

 

ですから、肝斑を予防するための方法としても、シミ対策で行っている方法は非常に効果的になるということです。

 

ぜひ、日頃から紫外線対策を行い、日焼け止めを塗ったり日傘をさして外を歩くようにしたりといった事を行うようにしていきましょう。

 

日焼けをする事で、肌がヒリヒリし始めてしまうと、それももちろんストレスにつながり、睡眠不足をさらに促してしまう可能性もあります。

 

ですから、日焼け対策は常に行うようにしていきましょうね。

 

肝斑や美白成分が効かないシミの治し方や治療法とは

肝斑の治し方としては、やはり薬による治療が最も効果的です。

 

肝斑に効果的な薬は『トランシーノ』という薬です。

 

このトランシーノには、トラネキサム酸という成分が含まれており、トラネキサム酸には、肝斑の原因となるプラスミンの働きを抑えてくれる効果があるのです。

 

ですから、肝斑を治していく場合には、ぜひこのトランシーノを服用して治療していくようにしましょう。

 

トランシーノは、薬局でも購入する事ができます。薬局の場合ですとだいたい6000円ほどで販売されております。

 

ただし、トランシーノは飲み続けなければ効果を得る事は出来ないと言われております。

 

1週間ほど連続で飲んだだけでは効果は得られないのです。

 

ですから、最低でも2ヶ月間ほどは飲み続けるようにしてください。

 

2ヶ月飲み続ける事で効果を得られる可能性が非常に高いと岩れておりますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

もしくは、皮膚科に行ってより自分の症状に合った薬を処方してもらうようにしましょう。

 

シミの場合、多くは美白成分のある化粧品などによって治す事ができます。

 

しかし、ホクロのように黒く膨らんでしまったシミの場合ですと、美白成分だけで治す事は出来無くなってしまいます。

 

そういった場合には、レーザー治療を行うか、手術によって切除するしか方法は無くなってしまいます。

 

ですから、できるだけそのような重い症状のシミになってしまわぬように、しっかりと日頃のケアを行っていくようにしましょう。

 

また、レーザー治癒であったとしても、確実に一回で治す事ができるわけでもありません。

 

基本的に何回かに分けて治療を行う必要があります。

 

ですから、より確実なのは手術によって切除するという方法になります。

 

ただし、手術ですともちろん暫くの間は跡が残ってしまうことになりますので、その辺も医師と相談しながら決めるようにしていきましょう。

 

(Sponsored Link)