(Sponsored Link)

「黒ずみに蒸しタオルは?時間はどのくらい?」

 

肌に関する悩みは、男女関わらずに多くの方が持っていると言われております。

 

思春期の方であればニキビへの悩みを持たれている方が多いですし、30代を過ぎてからの女性の多くは、シミに関する悩みを持たれていることが多いかと思います。

 

そんな中でも、老若男女問わずに多くの方が悩んでいるのが肌の黒ずみではないかと思います。

 

基本的に黒ずみは、毛穴が汚れる事で引き起こるものなので、肌のケアを丁寧に行う事で改善可能だと言われています。

 

しかし、多くの方が黒ずみに悩んでいると言うことは、それだけ正しいケアの方法を知らない方が多いということでもあるわけです。

 

今回は、そんな黒ずみの改善方法についてご紹介していこうと思います。

 

黒ずみの改善方法の一つに蒸しタオルを使用した改善方法があります。

 

その蒸しタオルの効果や作り方、そして注意点などについて詳しくお話ししていこうと思います。

 

黒ずみに蒸しタオルの効果とは

なぜ、黒ずみに蒸しタオルが効果的なのかというと、蒸しタオルには、毛穴のケアに必要不可欠な『蒸気』と『熱』という二つの要素を両方兼ね備えているからなのです。

 

蒸しタオルで肌に熱が加えられることによって、皮下組織の血流が良くなり、肌の新陳代謝を高めてくれるのです。

 

そうなることで、エイジングケア効果が期待できるということなのです。

 

そして、蒸しタオルで蒸気を肌に与えることによって、水分と共に熱が肌の細部にまで行き渡ってくれるので、毛穴が開き、毛穴の汚れや皮脂などを除去しやすくしてくれる効果が期待できるのです。

 

多くの方は、毛穴が開ききっていない状態で洗顔をしているため、毛穴の汚れを完全に取り除くことができないまま洗顔を終えてしまうことなるのです。

 

ですが、この蒸しタオルを利用することによって、毛穴を開かせることができるので、自然と毛穴の汚れが代謝と共に落ちていくことになるのです。

 

ですから、毛穴が開いていない状態で洗顔をするよりも、蒸しタオルで毛穴を開かせるだけの方が毛穴の汚れが落ちやすいということでもあるのです。

 

なので出来るだけ洗顔後に蒸しタオルを利用して、毛穴を開かせるという作業を取り入れて、そこから最後に化粧水や乳液を使用するようにしてみてくださいね。

 

蒸しタオルの作り方や作る際の注意点

そんな蒸しタオルの作り方と方法をご紹介していきます。

 

まず、洗顔料をしっかりと泡立てて顔を洗っていきます。メイクをしている場合であれば、最初にクレンジングをしてから洗顔をしてください。

 

そして、フェイスタオルに水を含ませて、軽く絞ってから500Wもしくは600Wのレンジで30秒から1分ほど加熱していきましょう。

 

加熱が終わったら、レンジからタオルを取り出すのですが、この時タオルは非常に熱くなっておりますので気をつけて取り出すようにしてください。

 

取り出したタオルからは蒸気が出ていると思いますので、まずタオルを顎の下らへんに持っていき、蒸気が顔に当たるようにしてください。

(Sponsored Link)

 

そして、顔にタオルを乗せても特に熱すぎない程度にまで冷ましたら、両手で優しく蒸しタオルを顔に押し当てるようにして、約3分間ほど待ちましょう。

 

そして3分経ったら蒸しタオルを外し、すぐに化粧水と乳液を使用して保湿ケアを行っていきます。

 

この時の毛穴は最も開いている状態でもありますから、化粧水を冷蔵庫に入れて冷やしておくことで、より肌を引き締めることができますのでオススメですよ。

 

冷やした化粧水で肌に潤いを持たせたら、最後に乳液を使って潤いを閉じ込めるようにしていきましょう。

 

これで蒸しタオルのケアが終了となります。これを行っていくことで、より毛穴を綺麗に保つことができるようになりますので、ぜひ試してみてください。

 

いま紹介したのは、基本的な蒸しタオルケアの方法なのですが、保湿に重きを置いた蒸しタオルケアの方法もありますので、そちらもご紹介させていただきます。

 

まず、メイクを落としてから、しっかり泡立てた洗顔料を使って顔を洗っていきます。

 

洗顔が終わったら、すぐに化粧水を顔に塗っていきましょう。

 

そして化粧水を塗ったら、乳液をいつもよりも多めに塗っていきます。

 

顔に満遍なく広がるように多めに塗っていってください。

 

そして、それから蒸しタオルを先ほどと同じ方法で作り、同じ方法で顔に当てていきましょう。

 

3分間ほど蒸しタオルを当てたら、先ほど多めに塗った乳液がまだ顔に少し残っているはずですので、もう一度優しく顔をマッサージして、潤いを閉じ込めていきましょう。

 

そして最後に、冷蔵庫で冷やした化粧水を使ったり、濡らしたタオルを冷蔵庫に入れて冷やしておいたものを顔に当てたりして、毛穴を引き締めていきます。

 

これで、保湿重視の蒸しタオルケアが完了となります。

 

これらの方法を用いることでより肌の黒ずみを抑えた綺麗な肌をキープすることができるようになりますので、ぜひ活用してみてくださいね。

 

蒸しタオルでケアする際の注意点とは

ここまでご紹介した蒸しタオルケアですが、いくつか注意点もありますので気をつけるようにしてください。

 

まず、この蒸しタオルケアを行う回数ですが、多くても週に2回までにするようにしてください。

 

毎日蒸しタオルケアを行ってしまいますと、毛穴を毎日開かせることになってしまいますので、毛穴を引き締めようとしても開いたままになってしまう可能性があります。

 

ですから、多くても週に2回までにするようにしてください。

 

そして、蒸しタオルを加熱する際の注意ですが、加熱し終わった直後はタオルが非常に熱くなっています。

 

その熱い状態のまま肌に当ててしまうと、やけどを負ってしまう可能性もありますので、必ず適度な温度に冷ましてから顔にあてるようにしてくださいね。

 

そして、蒸しタオルを作る時に使用する水ですが、出来るだけ水道水ではなくミネラルウォーターを使用するようにしてください。水道水には塩素が含まれておりますので、蒸しタオルにするための水としてはあまりお勧めではありません。

 

できるだけミネラルウォーターを使うか、塩素が抜けた真水を使うようにしてください。

 

(Sponsored Link)