(Sponsored Link)

「ニキビを潰すと赤みが残る?早く治る?触らない方がいいの?」

 

ニキビは通常白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄色ニキビの順に悪化していきます。

 

白ニキビや黒ニキビの段階で早めに潰してしまうほうが治りやすいという噂は聞いたことがありませんか?

 

それとは逆にニキビを潰すのは良くない、触らないのが無難といった噂もありますよね。

 

実際のところはどちらが正しいのでしょうか?

 

大事な顔のことですのできちんと対処法をわかっておきたいところですよね。

 

また、ニキビを潰した後には赤くなって炎症を起こすこともあります。

 

そういった際の対処法はどうすれば良いのでしょうか?

 

それらについて調べました。間違ったケアをして跡が出来て後悔することのないように、是非参考にしてくださいね。

 

ニキビは潰すと早く治る?触らない方がいいの?

ニキビを潰してニキビの中身を取り出すとニキビが早く綺麗に治ると言う話を1度くらいは誰でも聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

実際に私の周りにも、ニキビが出来ると早く治したいからと言って潰している友人がいました。

 

医療機関やクリニックでは実際、ニキビの先端に針やレーザーで穴を開けてニキビの中に溜まっている膿や皮脂、角質等を面皰圧出器という道具を使って物理的に取り出してニキビの治りを早くするという治療が行われています。

 

よってニキビを潰して中身を出すとニキビが早く治ると言うのは本当です。

 

ですが、注意して欲しいのは、ニキビを潰して早く治るのは医療機関やクリニックのみで言えることだという事です。

 

先ほども説明しましたように、ニキビを潰す過程では、ニキビに小さい穴を開けるという前処置を行います。

 

このおかげでニキビを潰しても小さい傷のみで済むので、穴を開けずに圧出すると皮膚が破れて最悪の場合は大きな穴が残り、跡が残ってしまいます。

 

いわゆるクレーター跡と呼ばれるものです。

 

自分でニキビを潰す場合には指やピンセットを使用される方が大半だと思います。

 

ですが、手に雑菌が付いていた場合には、ニキビが炎症を起こして悪化する可能性がありますし、それらはニキビの中身を取り出すのには大きすぎるためにニキビだけでなく、その周辺の皮膚まで傷つけてニキビ跡を形成してしまうことがあります。

 

ニキビの跡を消す!薬で?顔にも効果的?

 

そうすると治療は困難になります。

 

ニキビを治すだけならば塗り薬や面皰圧出等で容易に出来たものを、跡を治すとなるとお金も時間も余計にかかります。

 

クレーター状になってしまった場合にはもしかすると完治しない場合もあります。

 

女性にとって顔は命、ニキビ跡が目立つ肌は幾ら綺麗な人でも印象を下げてしまいます。

 

跡が残って後悔をしないように、ニキビが出来た場合には原則潰さない触らないを徹底しましょう。

 

白や黒のニキビは潰しても赤みが残るだけなので大丈夫?

白や黒のニキビではニキビが炎症を起こす前なのでニキビに詰まっているのは皮脂です。

 

この場合には面皰圧出法により中身を取り出すことでより早く、綺麗に治せることが言われています。

 

ニキビの中身が皮脂なので、中身を出すことでスッキリし見た目もさほど気にならなくなるからと言って白や黒のニキビを潰してしまう人がいます。

(Sponsored Link)

 

中身が皮脂だから自分で潰しても問題無いのでは?と思う方もおられると思います。

 

しかし、先ほども言いましたように、自分でニキビを潰すと手の雑菌がその傷口に入り込んでしまい、ニキビを悪化させてしまうことがあります。

 

皮脂を無理に押し出そうとすると毛穴が目立ってそれがニキビ跡化してしまうことも少なくないです。

 

やはり、医療機関、クリニックでの施術を受けるのが一番です。

 

最近ではインターネット等で容易に面皰圧出器を手に入れることが出来るようですが、やはり素人と医者では手際が違います。

 

幾ら同じ道具を使用したとしても、素人では傷を拡大させてしまう可能性の方が高いです。

 

上記の説明であるように穴を開ける処置も自分でするとなればやはりニキビ以外の部分まで傷つけてしまう可能性があります。

 

自分の顔が大切なのであれば、自己流でニキビを潰すことは辞めましょう。

 

赤ニキビは潰してはいけない?潰してしまった時の対処法

白ニキビや黒ニキビならまだしも、赤ニキビを潰してしまうととても厄介です。

 

どうしてか?と言うと、白ニキビや黒ニキビの中身は先ほども説明しました通り、皮脂です。

 

潰しても皮脂が出てくるだけなので素人がもし潰してしまったとしても変にいじったり、菌が入らなければまだ綺麗に治すことが可能です。

 

ですが赤ニキビの場合はニキビが炎症を起こして膿を持っている状態です。

 

炎症を起こしている部分に触れるのですから肌にダメージを与えてしまうのは容易に想像が出来ますよね。

 

悪化するどころか、ニキビ跡が残ったり、もしも皮膚の真皮にまでダメージを与えてしまった場合、真皮の層ではニキビ跡を治す為のターンオーバーが行われないので最悪の場合にはクレーター状のニキビ跡を形成して、それが一生消えない可能性もあります。

 

そうなると医療の技術を使ってもなかなか綺麗に治すのは難しいです。

 

後で後悔しない為にも赤ニキビの場合には白ニキビや黒ニキビと比べても絶対に刺激を与えないこと、触らないことが綺麗に治すに当たって大切です。

 

ですが、故意に潰そうと思ったわけではなく、寝ている間や洗顔をしている際などに掻いて潰してしまう場合もありますよね。

 

そういった場合にはニキビ跡が残らないように正しいケアを行うことが大切です。

 

まず最初に、ニキビを潰してしまった場合にはその部分をよく水で洗い流しましょう。

 

怪我をしてばい菌が患部に付いて炎症を起こさないように傷口を洗い流すのと同じです。

 

まずは患部を洗って清潔にしましょう。

 

次に保湿と保護を行います。

 

まず薬を塗らなくてはと考える方も多いと思います。

 

ですが薬によっては角質をはがしてしまう作用があったり、それが刺激となって悪化してしまう場合も考えられます。

 

よって、薬ではなくて、化粧水等で保湿し、肌を保護するようにしましょう。

 

その際にも、ほとんどの化粧水は大丈夫かと思いますが、しみると感じた場合には使用を控えましょう。

 

サエルは美白やニキビ跡に効果的?

 

ハニーローズプラセンタの口コミや効果!ニキビにどう?

 

手で塗ると雑菌が付いてしまうことがありますので、化粧水を付ける際にはコットン等を使い、優しく抑えるように塗りましょう。

 

(Sponsored Link)