(Sponsored Link)

「新生児に白ニキビ?乳児湿疹がひどい!?」

 

ニキビと言えば思春期の皮脂の分泌が活発な時期に出来るニキビや食生活の乱れや乾燥が原因になる大人ニキビを想像する方が多いと思いますが、実は新生児にもニキビが出来ます。

 

新生児にもニキビが出来るなんて!

 

と驚かれる方も多いでしょうが、赤ちゃんに肌トラブルは付き物です。

 

ツルツル、スベスベの肌の赤ちゃんなんてそういないものなんですよ。

 

では、どうして赤ちゃんにニキビが出来てしまうのでしょうか?

 

また、その原因やケアの方法についてご紹介します。

 

また、赤ちゃんの顔や体に出来る湿疹はすべて乳児湿疹と呼びますが、乳児湿疹がひどくなると痛々しく、可愛そうですよね。そういった際にはどのような対処法を取るべきなのか?

 

医者に見せる目安や、ひどい時には薬を使わなければならない場面も出てきます。

 

赤ちゃんに薬を使用するのは抵抗がある方も多いと思いますので、乳児湿疹の際に赤ちゃんに使用する薬についても解説していきますね。

 

新生児に白ニキビができる原因とは

生後2週間から1か月頃の新生児によく見られる肌トラブルとしてニキビがあります。  

 

赤ちゃんの顔や体に出来る湿疹全てをさし、総合して乳児湿疹と呼びます。

 

ニキビの状態はカサカサしていたり、ジュクジュクしていたりとその子によって様々です。

 

ほとんどの新生児にその症状が出ると言われるほど多くの赤ちゃんに見られます。

 

では赤ちゃんにニキビが出来る原因とは何でしょうか?

 

原因は大きく分けて2つあります。

 

1つは母親の体から出るホルモンの影響を受けることが挙げられます。

 

大人と比較すると赤ちゃんの毛穴は皮脂の線が細くて未発達となり、ママのホルモンに対応しきれずに皮脂や汚れを毛穴に留めてしまいます。

 

そうすると溜まった皮脂や汚れが皮脂腺を刺激する為にニキビが出来てしまいます。

 

こういったホルモンに影響されて出来るニキビは体が大きくなると共に体が順応してくる為、多くの赤ちゃんの場合には6か月頃には自然に、綺麗に消えていく傾向にあります。

 

2つ目は不潔な環境が原因に挙げられます。

 

新生児の場合にはまだ寝てばかりで、ほとんどの時間をお布団の中で過ごします。

 

そのお布団が汚れていたり、新生児に使用するタオルが不潔だったり、しないとは思いますが、おむつを替えた手で赤ちゃんの肌を触ったりすると、赤ちゃんの肌がそれらの汚れに敏感に反応してしまい、ニキビが出来る原因になってしまいます。

 

最初は白いニキビが出来ることが多いのですが、赤くたくさん出来て肌がブツブツしていたり、化膿して膿が出てきたり、思春期のニキビのようにニキビの中心に白い芯が出来る場合もあります。

 

最初は1つだけだったのに徐々に頭皮にまで広がってしまうこともよくあります。

 

かといって親が神経質に綺麗にしようと強く拭きすぎたりすると、赤ちゃんの肌はとてもデリケートなのでその部分が乾燥して赤くなってしまうこともあります。

 

新生児にニキビが出来た場合には正しいケアをすることが大切です。

 

新生児の白ニキビをケアする方法

新生児にニキビが出来てしまった場合には具体的にはどのようなケアをしてあげれば良いのでしょうか?

 

1つ目に、赤ちゃんの身の回りを清潔に保つことが大切になります。

 

ニキビが出来る原因にもなりますし、ニキビが出来てしまった際にはニキビを悪化させる原因にもなります。

 

特に赤ちゃんの肌と接触の多いお布団や枕といった寝具、洋服はもちろんのこと、ガーゼやタオル、赤ちゃんに触れる際には手を石鹸でしっかりと洗う等の対処をしましょう。

(Sponsored Link)

 

2つ目に、かさぶたを剥がさないことが挙げられます。

 

ニキビが悪化すると徐々にかさぶたになることが多いです。

 

かさぶたが気になるからといってかさぶたを剥がしてしまうお母さんが意外と多く見られますが、これは放って置くと時期が来たら自然に剥がれ落ちますので無理に剥がすのは辞めましょう。

 

赤ちゃんの肌はデリケートです。爪でガリガリなんてした際には肌荒れが更に悪化してしまうこともあります。

 

3つ目は皮脂をしっかりと洗い流すことです。

 

ニキビが出来て痛そうだからと言って石鹸を使わなかったり、沐浴をササッと済ませてしまうお母さんがいますが、それではニキビの原因である皮脂をしっかりと洗い流せない為にいつまでたってもニキビが出来たままになります。

 

刺激の少ない赤ちゃん用の石鹸を使い、キメの細かい泡にすると肌へのダメージも最小に出来るので石鹸をしっかりと泡立ててやさしく洗いましょう。

 

泡が残らないようにしっかりと洗い流し、やわらかいタオルでふいてあげましょう。

 

そして、お風呂上りには必ず保湿をします。

 

他に夏場であれば赤ちゃんは代謝が良いのですぐに汗をかきます。

 

こまめに汗をふきとってあげたり、着替えをさせてあげ、毛穴に皮脂が溜まらないようにケアをしてあげましょう。

 

その他、自分で肌を傷つけないように爪のケアをするのも忘れずに。

 

乳児湿疹とは?ひどい時の対処法はこれ!

先ほども言いましたように、赤ちゃんの顔や体に出来る湿疹を乳児湿疹と呼びます。

 

その中でも特に生後数か月までの赤ちゃんに多いのが「脂漏性湿疹」です。

 

毛穴が未発達で詰まりやすいのに加え、皮脂の分泌が盛んな為に肌が荒れます。

 

生後2.3か月を過ぎると今度は皮脂の分泌が減少することで肌が乾燥し、カサカサの湿疹が出来ることがあります。

 

乾燥の場合には赤ちゃん用の保湿クリームを塗ったり、皮脂のつまりが原因の場合には上記のようなケアをして良くなることが多いのですが、それでも改善されずに症状が続く場合には病院で診察を受けましょう。

 

自己判断で市販の薬を使用するのは好ましくありません。

 

症状が激しい場合には薬を処方してもらうことが可能です。

 

使用するに当たっては、それらについて理解しておくことも大切です。

 

赤ちゃんの薬としては非ステロイド系の塗り薬か、症状が重ければステロイド系の塗り薬を処方されます。

 

非ステロイド系は保湿やかゆみを軽減させる為に処方されます。

 

「アンダーム軟膏」「ヒルドイド軟膏」等がそれらに当たります。

 

効果はゆるやかで副作用の心配もそれほどありませんが、アトピー性皮膚炎に対しては症状を悪化させる要因となります。

 

使ってみて効果が感じられない場合や悪化した場合はすぐに医者へ相談しましょう。

 

ステロイド系の塗り薬は強い作用がありますので症状が重かったり、アトピー性皮膚炎の場合に処方されます。

 

「リンデロン」や「ロコイド」等がそれに当たります。

 

ステロイド系は使い続けるとやめた際に湿疹がひどくなる可能性もあるので症状がひどい場合に、その部分にだけ塗るようにします。

 

乳児湿疹で原因がわからない際には非ステロイド系とステロイド系の薬を併用して様子を見る場合もあります。

 

また、これらの薬が合わない場合には保湿効果のある馬油やワセリンなどが処方されます。

 

薬を処方された場合には医師の指導に従い、用法、用量を守って使用するようにしましょう。

 

また、異変があった際にはすぐにわかるように赤ちゃんの様子を普段からよく観察しておくことも大切です。

 

(Sponsored Link)