(Sponsored Link)

「肌のごわつきを改善!ピーリングはどう?夏・春・冬編」

 

肌がごわつくと感じると洗顔した後の肌が突っ張る感じになり、化粧水の浸透も悪くなります。

 

更に化粧のノリも悪く、ムラや粉がふいたような感じになるので良い事ではありません。

 

なので、出来るだけ早い改善をしたいと思いませんか。

 

それで、肌のごわつきを改善するには、どんなケアを行えばいいのか

 

まとめて見ましたので、参考にいかがでしょうか。

 

肌のごわつきの症状や原因とは?春・夏・冬編

肌のごわつきを改善するには、ごわつきの原因を調べてからそれに応じたケアが肝心になります。

 

【肌のごわつきの原因】

・スキンケア不足

不十分な洗顔が古い角質や不要な汚れを残している事が、肌のごわつきの原因になります。

 

・肌バリアー機能の低下

乾燥肌や紫外線による影響によって、過剰に洗顔をする事で肌に負担をかかりバリアー機能が低下になれば、肌を守る角質も厚くなります。

 

この為に、角質は急いで作られることで未熟な角質細胞ができる事で、肌のごわつきの原因になります。

 

また、季節が関係で肌のごわつきの原因にもなります。

 

【春の肌荒れ】

花粉によるアレルギー症状で起こるりその、環境の変化によるストレスや疲れで起こしやすくなります。

 

【夏の肌荒れ】

汗や皮脂の過剰分泌、紫外線、冷房によって室内の乾燥などが原因になります。

 

【冬の肌荒れ】

空気の乾燥が冬の肌荒れ一番の原因で起こります。

 

 

スキンケア不足の肌のごわつきは、ピーリングで溜まった古い角質を取り除く事が効果的になります。

 

ただ、肌のバリアー機能の低下によるピーリングは、肌を傷める事になるので、効果としては逆効果になりますので、避けてほうが良いかと思います。

 

また、生活習慣が乱れる事で起こる便秘も肌のごわつきの原因になります。

 

つまり便秘になると腸内での環境が悪化して腸内の善玉菌が減少になります。

 

減少した善玉菌から悪玉菌が強くなり有害物質やガスが発生します。

 

それによって、新陳代謝の通常の働きが追い付かず、肌細胞の動きが遅くなります。

 

それによって、身体の汚れが取れ無い状態から肌のごわつきの原因になります。

 

他にも、花粉症で肌のごわつきの原因になります。

 

それは、花粉が肌に付く事で、肌への影響が出ます。

 

何故なら、顔に花粉が付く事でかゆみが発症して、かきむしる行動で肌に傷を付けたりと肌荒れの原因となるからです。

 

目のしわをとる方法!花粉症の時は注意!

 

肌のごわつきをピーリングで改善する方法

ごわついた肌を改善する方法としては、スキンケアをしっかりとする事です。

 

それは、基本である”クレンジング・洗顔・保湿”になります。

 

ごわつきの原因の多くは、乾燥と角質肥大になります。

 

では、どうすればいいのかと言えば、日々の洗顔クレンジングで古くなった角質を取り除き、乾燥しないように保湿をする事が最も重要になります。

 

それでも、ごわつきが改善されない場合は、特別なケアが必要になります。

 

ピーリングとは何か?と思いますね。

 

それは、美容皮膚科で行われる治療法と言えるかもしれません。

(Sponsored Link)

 

その中でも、ピーリング剤はグリコール酸、乳酸、サリチル酸、サリチル酸マクロゴールなど聞きなれない言葉ですが、それでも1番効果的なピーリング剤は、サリチル酸マクロゴールになります。

 

サリチル酸マクロゴールは、新しいピーリング剤なので他のピーリング剤と比べると非常に効果が高く炎症の副作用も起こりません。

 

サリチル酸の濃度が30%、PH1,7 と強酸なので、確実にピーリングを行う事で、角質以外の細胞には影響が出ていません。

 

そして、治療後の肌の状態は、薄く規則正しい各層が新たに出ています。

 

また、角質肥厚も改善されていますので、きめ細かい肌に整えています。

 

女性には嬉しい事で、真皮にコラーゲンが生産されて肌にハリ、弾力アップにされることは、赤ちゃんの肌と同じ肌になります。

 

他にも、ホームピーリングがあります。

 

こちらは時間に余裕がない方にはオススメになります。

 

美容皮膚科で、1週間から2週間毎に4回から6回のピーリングを行います。

 

古きなった角質を取り除く効果があります。

 

1回の使用で肌がスッキリとされた方もいますが、刺激が強すぎる欠点でもあります。

 

なので、使う回数は、週に1回と抑える事が必要かと思います。

 

それと、朝の使用は避けて夜に使用した方が良いかと思います。

 

何故なら、ピーリングした後の肌は皮膚が薄く、紫外線の刺激で肌が弱っている状態ですので、保湿で十分にカバーして紫外線に当たらないようにしましょう。

 

他にも、オススメな改善策としては、ゴーマージュ、スクラブ洗顔になります。

 

洗顔する際に、マッサージするような洗顔で毛穴の汚れや古い角質も洗い流す事により、肌がつるつるとたまご肌のようになります。

 

但し、肌の負担がかかるので、週1回の使用がおススメです。

 

気を付けて欲しい事は、洗顔をする時についつい力を入れてごしごしとスクラブ洗顔をしてしまいがちです。

 

これは、肌にとっては良くない事なので、力を入れないで泡だけで洗顔をしましょう。洗顔後の肌には、十分な保湿を忘れないようにしましょう。

 

肌のごわつきを解消するスキンケア法とは

肌の質は個人それぞれ違います。

 

肌質にあった解消をおススメします。

 

乾燥肌、敏感肌の方で肌ごわつきが感じる場合は、角質層に潤い成分が不足している事になります。

 

潤いが不足していると、肌の表面がかさつく、小じわ、そして肌の表面の滑らかさが失われることになります。

 

そんな時は、徹底的に保湿をする事が1番になります。

 

但し、保湿と言っても、ただ保湿すればいい、高い化粧品を使えば大丈夫と思わないようにしましょう。

 

それでは、ごわつきは改善されません。

 

しっかりとごわつきを解消するには、クレンジングから仕上げのクリームまでスキンケアを見直しをする事が大事な事です。

 

脂性肌のごわつき脂性肌の方は、皮脂の過剰分泌で毛穴が汚れによって角栓が出来てニキビが出来やすい状態が主になります。

 

肌質の中で、脂性肌の方は遺伝的要素が強く、改善するには難しい事ですが、洗顔する事によって皮脂を洗い落とすだけでも変化が見られます。

 

また、予防としては、規則正しい生活、バランスの良い食事、ストレスを溜めない事が予防にはなります。

 

更に睡眠不足でも肌のとらぶるになるので、夜の22時から2までは睡眠を確保すると成長ホルモンの分泌が多く出て肌荒れの予防効果になるので、夜更かしをしない事を心がけて下さい。

 

(Sponsored Link)