(Sponsored Link)

 

あなたは顔にほくろが多い方でしょうか?このほくろとシミにはどんな違いがあるかを御存知ではない方も多いかと思います。

 

そこで、今回は、そういったしみとほくろの違いについても詳しく説明していきますね。

 

しみやほくろはきちんと肌のケアをしておくことでできにくくなるとも言われておりますし、ほくろの種類によっては肌に危険を及ぼすものもあると言われておりますので気をつけなくてはなりません。

 

ですから、そういったしみやほくろから肌を守るためにも、体の内側、そして体の外側からケアしていくことが大切です。

 

肌にしみができる原因とは

肌にしみができる原因というのは、メラニンという成分が過剰に生成されてしまう事だと言われております。

 

このメラニンというのは、メラノサイトというものから生成されるのですが、メラノサイトは普段から継続してメラニンを生成しているわけではないのです。

 

メラノサイトにメラニンを作らせるように指示がいったときに初めてメラノサイトはメラニンを生成し始めるのです。

 

そのメラノサイトにメラニンの生成を命令するのが『紫外線』なのです。

 

シミの原因となる紫外線の種類とは

紫外線には、UVAというものとUVBというものが存在するのですが、UVBは直接皮膚の細胞を攻撃してしまい、DNAを傷つけてしまう働きを持っていると言われております。

 

紫外線が体内に入ってくると、細胞を守らなくてはならないので、メラノサイトを刺激することでメラニンを生成する物質が活性化し始めるということなのです。

 

ですから、紫外線は肌にダメージを与える非常に危険なものなので、気をつけなくてはなりません。

 

そして活性酸素も肌にしみができる原因の一つだと言われております。

 

活性酸素が発生してしまう紫外線とは

この活性酸素は、UVAによって発生すると言われており、UVAが体内に入ると免疫細胞を刺激してしまい、炎症を起こすので、それによって活性酸素の発生を促してしまうと言われております。

 

活性酸素が増えることによって、活性酸素を減少させようとするために『メラノサイト』が活発になり、メラニンが多く出てきてしまうことになるのです。

 

ですから、この活性酸素にも気をつけなくてはなりません。

 

活性酸素は生活習慣の悪化も関係している!

活性酸素が発生してしまうことの原因となるのは主に、紫外線であったり、ストレス、飲酒、喫煙、睡眠不足、食生活の偏り、などが挙げられます。

 

ですから、これらを出来るだけ避けるようにして、肌のしみを抑えるようにしていきましょう。

 

シミにおすすめのサプリとは!?

 

しみとほくろの違いとは

まず、しみの正体というのは、メラニン色素の沈着によってできているものです。

 

皮膚が、紫外線などの刺激を受けることによって、メラニン色素を生成するメラノサイトが活性化してしまい、チロシナーゼという酸化酵素を活性化させるのです。

(Sponsored Link)

 

そしてそのチロシナーゼという酸化酵素が、アミノ酸であるチロシンというものをメラニン色素に変化させてしまうことで、しみができてしまうという仕組みになっているわけです。

 

ほくろには種類がある!

一方でほくろは、メラノサイトが皮膚の一部分に集まることによってできたものと言われております。

 

そしてメラノサイトはメラニン色素を作り出す細胞でもあるわけですから、結果的に色が黒くなり、そして凹凸が出来るのです。

 

中には凹凸のない平らなほくろもあり、この平らなほくろの事を『単純ほくろ』といいます。そして凹凸のある盛り上がっているほくろのことを『色素性母斑』というのです。

 

注意すべきほくろとは

ほくろというのは、大半が良性腫瘍と呼ばれるものであり、特に切除などをして取り除く必要もないと言われております。

 

しかし、中にはメラノーマという『悪性黒色腫』が存在するのです。

 

このメラノーマは、メラノサイトによって出来た悪性腫瘍なので、切除しなければならないほくろなのです。

 

そんな一般的なほくろとメラノーマの区別方法としては、『直径が6mm以上ないか』を調べることで区別することができます。

 

もしくは、『ほくろの色が不均一でないか』を調べることによても判断することができます。

 

足の裏のメラノーマは要注意!

メラノーマの場合、色が不均一であることが多いので、もしこのような症状であった場合にはすぐに病院に行くようにしてください。

 

また、このメラノーマは紫外線によって肌が刺激を受けることで引き起こる確率が上がると言われておりますので、日焼けにはくれぐれも注意するようにしましょう。

 

そして、特に足の裏にほくろがある方は要注意です。

 

足の裏というのは歩くたびに確実に地面と触れるわけで、その度にほくろに刺激を与えてしまうことになりますので、その刺激がメラノーマに変化してしまう可能性もあるのです。

 

ですから、もし足の裏にほくろがある方は、悪性腫瘍でなかったとしても早めに切除するようにしてください。

 

ほくろに美白剤は効果なし!

シミであれば、美白効果のある美白剤などでもある程度効果を得ることが出来ると言われておりますが、ほくろは腫瘍なので、美白剤を使ったところで意味がありません。

 

シミに効果的な化粧品とは!?

 

もし切除するのであれあれば、レーザー治療もしくは手術による切除が必要になってきます。

 

大きいほくろであれば、手術による切除縫合の方か効果的だと言われております。

 

ですから、悪性腫瘍が大きくなっていく前に出来るだけ早く病院に行って、治療を受けるようにしてくださいね。

 

そして、出来るだけこのような事態を招かないようにするためにも、日々の生活から日焼け対策を行ったり、食事でしっかりと栄養を摂取することを意識していくようにしましょう。

 

(Sponsored Link)