(Sponsored Link)

 

あなたは肌に異常ができた時にどのような対処をしていますか?恐らく、その症状によって様々な対処をされているかと思います。

 

例えば、火傷をしてしまった場合には、すぐに火傷したところを冷やしますよね。では、日焼けをしてしまった時にはどのような対処をされていますでしょうか?

 

恐らく、日焼けした部位を冷やしている方は少ないのではないかと思います。実は、日焼けも火傷の一種と言われております。

 

なので、日焼けもしっかりと肌を冷やすという事が必要になってくるのです。

 

ですから、日焼けをしてしまった場合に冷やす事によって、その後の症状が軽くなりますし、さらにシミができてしまうリスクも抑える事が出来るのです。

 

ぜひ、正しい知識を持ってその症状ごとに対処していくようにしてください。

 

今回は、肌の仕組みであったり、シミの原因となる紫外線などについて、詳しくご紹介していこうと思います。

 

肌の仕組みとは

肌の仕組みってどうなっているの?と聞かれたらすぐに答える事ができますか?恐らく、すぐに答える事が出来る方は少ないのではないかと思います。

 

それくらい肌は、一言で表すには難しいほどの仕組みになっているという事でもあるのです。

 

まず、一般的に皮膚と呼ばれる部分というのは、『表皮』というものと『真皮』というものの二つに分かれております。

 

表皮と真皮とは

そしてこれら二つの厚みは0.4mmから1.5mmほどと言われております。肌がデリケートだと言われている理由は、これだけ皮膚が薄いからなんですね。

 

皮膚の中で0.3mmほどしかないと言われている表皮は、内側から『基底層』『有棘層(ゆうきょくそう)』『顆粒層(かりゅうそう)』『角質層』という風に分かれております。

 

この一番外側にある角質層が、一定の期間で剥がれ落ちていくものになります。

 

この一番内側の基底層から、一番外側の角質層になって剥がれ落ちるまでの期間は、だいたい1ヶ月ほどだと言われております。

 

つまり、皮膚が生まれてから皮膚が剥がれ落ちるまでの1サイクルが大体1ヶ月ということになるのです。

 

このサイクルのことを『ターンオーバー』といいます。

 

ターンオーバーが乱れる原因とは

睡眠不足であったり、ストレスを溜め込みすぎてしまったり、食事の栄養バランスが崩れてしまったりすると、このターンオーバーが不規則になるため、肌にも悪影響を与えてしまうことになるのです。

 

ですから、できるだけ健康的な生活を心がけて、ターンオーバーが正しく行われるようにしていきましょう。

 

紫外線によるメラニンがシミの原因!?ターンオーバーが重要?

シミの原因となってしまうのは、紫外線が最も大きいと言われております。ですから、春から夏にかけての暑くなる季節には、特にシミができやすくなる可能性が高くなるので気をつけなくてはなりません。

 

肌が紫外線を浴びてしまうと、肌の細胞が傷ついてしまうため、皮膚ガンを引き起こしてしまう可能性が出てきます。

 

そのリスクを抑えるための働きとして出てくるのがメラニンなのです。

 

メラニンの仕組みとは

メラニンは、皮膚の一番内側と言われる基底層という部分に存在する『メラノサイト』というところから分泌されます。

(Sponsored Link)

 

メラノサイトからメラニン色素が生成されることによって、肌が黒ずんでいき、紫外線を予防しようと働くのです。

 

そのメラニン色素の生成が過度に行われることによってシミができてしまう可能性が高まるというわけなんですね。

 

南国になればなるほど、肌が黒い方が増えますよね。アフリカなどの方々は特に肌が黒いかと思います。

 

彼らの肌が黒いのも、メラニン色素によるものだと言われております。メラニンは、『チロシン』というアミノ酸から生成されると言われております。

 

チロシンとチロシナーゼの関係性とは

チロシンは、チロシナーゼという酸化酵素によって、反応を繰り返すことでメラニンへと変化していくと言われております。

 

そんなメラニンは本来であれば肌のターンオーバーと一緒に剥がれ落ちていくものなのです。

 

しかし、紫外線を浴びることによって、メラニンの生成がどんどんと増えていってしまうので、増え続けた結果ターンオーバーと一緒に剥がれ落ちないほどの量になってしまうのです。

 

それが、シミとして跡が残る原因となるのです。

 

紫外線以外によるシミの原因とは

シミは、紫外線によって引き起こることが多いと言われておりますが、決して紫外線だけが原因ではありませんので注意しましょう。

 

例えば、ホルモンバランスの乱れによってもシミはできてしまうと言われえております。

 

特に30代から40代の女性の場合は、ホルモンバランスの乱れが原因でシミができてしまう可能性が高くなると言われております。

 

30代から40代の女性は、特に妊娠、出産を行う可能性が高いですよね。ですから、妊娠や出産によってホルモンバランスが乱れる可能性が高いのです。

 

ホルモンバランスの乱れは肝斑の原因となる

ホルモンバランスが乱れることは『肝斑』という左右対称のシミが顔にできてしまう可能性があるのです。

 

肝斑は自然に消える?治らない?自力で治す!?

 

肝斑にハイドロキノンの使い方!トレチノインで消す!?

 

ほとんどの場合は、出産を終えるとともに消えていくのですが、場合によっては残ってしまう可能性がありますので気をつけるようにしましょう。

 

肝斑は、皮膚科に行くことで薬を処方してもらうことができます。

 

肝斑にアンプルールが効果的!?

 

その薬を服用することによって症状を抑えることができますので、もし症状が現れたら皮膚科に行くようにしてください。

 

ニキビ跡が原因でシミになることも!?

また、ニキビの跡がシミになってしまうというケースも少なくありません。そしてニキビ以外にも吹き出物であったり汗疹などの跡がシミとして残ってしまう可能性があります。

 

これらの肌のトラブルが起きている時に紫外線を浴びてしまうと、さらにシミとして残ってしまう可能性が高くなりますので、しっかりと肌のケアを行うようにしていきましょう。

 

ニキビや吹き出物、汗疹などの症状にも効果的な薬は存在しますので、薬を使用したり栄養を補給したりして、体の内側と体の外側の両方から肌のケアを行っていくようにしましょう。

 

ニキビ跡はトレチノインやハイドロキノンで消せる!?

 

(Sponsored Link)