(Sponsored Link)

 

シミに効果的な薬品は数多くあると言われておりますので、実際それらの薬品が効果的なのかどうかを紹介していきますね。

 

ハイドロキノンとは、シミの原因になると言われているメラニン色素の生成を抑える働きがあると言われております。

 

さらにそれだけでなく、メラニン色素を作り出す細胞と言われている『メラノサイト』自体を減少させてくれる働きもあるのです。

 

ですから、シミを治すために皮膚科に行った場合、このハイドロキノンが処方される可能性が非常に高いです。それくらい効果的な薬だということですね。

 

シミをハイドロキノンで除去!経過はどう?

shimi-7

 

ハイドロキノンには美白効果もあると言われているので、より肌を綺麗に保つことができるようにもなります。

 

もちろん、ハイドロキノンを塗ったからといって1日や2日で良くなるといったことはありません。少なくとも2ヶ月ほどは継続して塗り続ける必要があります。さらにハイドロキノンは酸化しやすいという弱点もあります。

 

ですから、皮膚科でもらったハイドロキノンは一度開封したら、できるだけ早く使い切るようにしましょう。だいたい1ヶ月くらいで使い切るくらいのペースが良いと言われております。シミは短期間で治すことは難しいですが、しっかりと治療していけば少しずつ改善されていきます。

 

シミをトレチノインで除去!経過はどう?

shimi-7

トレチノインもシミに効果的だと言われております。このトレチノインというのは、もともと我々人間の血液中に極微量含まれているものです。そのため、このトレチノインを使用してもアレルギー反応を起こすことはないので安全だと言われております。

 

そんなトレチノインの使い方としては、1日2回シミに塗るようにしてください。先ほどご紹介したハイドロキノンと一緒に塗ると、より効果を期待できるとも言われております。そして、使用し続けているとだいたい数日後から1週間後くらいの間に、肌がカサカサしてきたり、肌が赤くなってきたりします。

 

この期間は、肌のシミを漂白している期間なので、少しかゆみや痛みが強くなってきて辛い時期なのですが、できるだけ我慢するようにしましょう。もし我慢できないほどの炎症になってしまった場合には、すぐに病院に行くようにしてください。

 

特に問題がなければ、そのまま使用しつづけていきましょう。そして、2週間から8週間ほどで、炎症がおさまってきます。その炎症が治ると共にシミも少しずつ消えていきます。この状態になったら、必ずもう一度皮膚科に行って診察を受けるようにしてください。

(Sponsored Link)

 

トレチノインを使用する際の注意点

診察で良くなっていることが分かれば、もう薬を服用しなくても問題なくなります。また、このトレチノインを使用している期間中は、出来るだけ日焼けをしないように徹底してください。

 

特に肌がカサカサしていたり、肌が赤くなっている期間中に日焼けをしてしまうと、シミが薄くなる可能性が極めて低くなってしまうと言われております。ですから、このトレチノインの使用中はできるだけ日焼けをしないように心がけるようにしてください。

 

肝斑にハイドロキノンの使い方!トレチノインで消す!?

 

シミをヘパリンで除去!経過はどう?

shimi-7

ヘパリンという軟膏もシミに効果があると言われております。このヘパリンはシミそのものに効果があるというよりも、シミの原因となるであろうニキビや吹き出物といった肌荒れを改善するのに効果的な薬と言われております。

 

このヘパリンは薬局などでも購入することができるので、手にしやすい薬と言えるかと思います。ヘパリンの効果は、主に『保湿』『血行促進』『抗炎症』の3つです。ですから、肌荒れの症状がひどい方に多く使用されている薬とも言えます。

 

特に、肌がカサカサしてしまっている方であったり、肌が乾燥してしまっている方であったり、乾燥によって服が擦れるだけでもヒリヒリしてしまう方などにはオススメの薬です。このヘパリンには保湿効果がありますので、シミを改善するためにも効果を発揮してくれます。

 

ヘパリンだけでシミを消すのは難しい!?

しかし、先ほどのハイドロキノンやトレチノインよりは効果が弱い薬なので、出来るだけ皮膚科に行って診察を受けて、自分の症状に最も適した薬を処方してもらうようにしてください。シミというのは短期間で消えるものではありませんから、それなりに時間をかけて治療を行う必要があります。

 

ハイドロキノンでさえ、最低でも2ヶ月以上は使用し続ける必要がありますので、このヘパリンだけでシミを消そうとするのは厳しいとも言えます。ですから、もし使用する場合には、お医者さんか薬剤師さんと相談した上で、その他の薬と合わせて使用していくのがオススメです。

 

それか、皮膚科に行ってより強い効果がある薬を処方してもらうのがオススメです。また、ヘパリンだけに限りませんが、シミを改善していくには食生活も非常に大切になってきます。今回ご紹介したものはあくまでも体の外側から改善していくものであり、体の内側から改善していくものではありません。

 

ですから、薬を使用すると同時にしっかりと栄養を補給して体の内側からも改善できるようにしていきましょう。

 

シミが消える化粧品のおすすめは!?

 

(Sponsored Link)