(Sponsored Link)

「シミが増えた!足や手のシミは病気なの?」

 

シミと言えば幾ら紫外線に気を付けていても、年齢と共に出てきてしまうことが多く、多くの女性がシミ予防やシミを消す為にサプリメントを飲んだり、美白ケアを行ったり、はたまたクリニックに通って治療を行っていたりすると思います。

 

シミのレーザーの効果や副作用!除去できる?保険は適用?

 

シミと言えば顔に出来るイメージが強いかと思いますが、シミは体の表面、どの部分にも起こりうるものです。

 

特に顔は皆さん、ケアを入念に行う方が多いですが、手や足は顔と比べるとケアも怠りがちになる為に気が付くとシミが出来てしまっていたなんてことも良くあります。

 

紫外線ケアを怠ったり、その他の刺激によって出来てしまったシミであれば良いのですが、手や足に出来るシミの中には病気の初期症状としてシミのようなものが現れることがあります。

 

それらを放置してしまうと、ひどい場合には死に至る場合もあります。

 

恐ろしいですよね。

 

病気かどうか見分ける知識があれば、早期発見が出来るかもしれません。

 

病気により出来るシミと病気では無いシミとはどういったものか?また、それらをどう見分ければ良いか?等について説明していきます。

 

そもそもシミの見分け方とは!?

 

シミが増えた!原因とは?

まず最初に、そもそもシミとは何か?について説明します。

 

シミは、表皮に残ったメラニン色素の集まりのことを言います。

 

色素沈着、色素沈殿と呼ばれます。

 

肌の内部にあるメラノサイトという部分がメラニンを生成する働きがあるのですが、通常はメラニンは外部の刺激から肌を守る為の役割を持ち、適量ずつ作り出され、肌のターンオーバーによって生成されたメラニンはどんどん肌の表面に上がり、最終的には垢となって排出されます。

 

シミとメラニンの関係!ターンオーバーが重要!

 

ですが紫外線を長時間に渡って浴びたり、過剰に浴びた場合にはメラニンの生成が過剰になり、排出しきれずに残ってしまい、結果としてシミとなってしまいます。

 

また、加齢やストレスなど、何等かの原因でホルモンバランスが崩れてしまった際には肌のターンオーバーが正常に行われなくなってしまう為、排出されるべきメラニンが排出されずにシミとなって肌に残ってしまいます。

 

ニキビや肌荒れによって色素沈着を起こし、シミが出来る場合もありますが、今回は手足に出来るシミの原因について説明していきます。

 

 

手や腕のシミの原因とは!?

 

 

・紫外線

女性ですと紫外線ケアに気を付けておられる方も多いと思います。

 

ですが、顔や首等、シミが出来て気になる部分には丁寧に塗ったり、こまめに塗り直したりと気を配られる方が多いのですが、手足に関しては顔や首と比べるとケアが怠りがちになることが多いです。

 

それに加え、衣服を着ていても紫外線の影響は受けてしまいます。年齢を重ねるにつれて、手の甲のシミが気になると訴える方が多いのもこういったことが原因です。

 

 

・虫刺されの跡

若いうちには虫に刺されてもいつの間にか綺麗に治っていることが多いです。

 

しかし、加齢やストレス、睡眠不足等で肌のターンオーバーが乱れると肌がきちんと修復されなくなり、跡が残ってしまうことがあります。

 

肌の曲りかどは20代からと言いますのでそれ以上の年齢の方は特に虫に刺されない工夫や、肌のターンオーバーを正常に保つ努力をするべきです。

 

 

・アトピー

アトピーの場合には、肌が炎症を起こしやすい為に痒みを伴うことが多いです。

 

そうすると掻きむしってしまい、結果として跡が残ったり、その部分が黒ずんでしまったりといったことが起こります。

 

乾燥することでも痒みを伴う為、保湿を心がけることが大切です。

 

 

・ホルモン

(Sponsored Link)

女性ホルモンには、メラニンを作るもととなるメラノサイトを活性化する働きがあります。

 

女性ホルモンの分泌が増加する妊娠時にはシミやそばかすが出来やすくなり、体のあちこちにも色素沈着が現れることがあります。

 

 

・無駄毛処理

綺麗な手足を維持する為にかみそりを使用する女性は多いと思います。

 

その際にかみそり負けをすれ炎症を起こし、色素沈着を起こしてしまうことが良くあります。処理をした後にはしっかりと保湿をすることが大切です。

 

 

・摩擦

腕の場合には洋服の締め付け、足では下着の摩擦によってVラインに色素沈着が起こることがあります。

 

摩擦が長期間に渡ると、肌のバリア機能が低下し、メラノサイトが活性化してメラニンを過剰に放出してしまうことがあります。

 

そうすると結果としてシミになってしまいます。身に付ける下着にも注意が必要です。

 

 

・傷跡

年齢により肌のターンオーバーが正常行われなかったり、損傷がひどい場合には、ひどいけがや火傷、靴擦れなどが色素沈着として肌に残り、シミとなってしまう場合もあります。

 

 

足や手のシミは病気なの?

先ほども説明しましたように、紫外線や虫刺され、加齢や生活習慣によるホルモンバランスの乱れ、摩擦や無駄毛処理など、様々な要因により手足にシミが出来てしまうことは意外と多いです。

 

ですので手足にシミが出来たからと言って一概に病気とは言えません。

 

しかし、手足に出来るシミの中でも病気の初期症状としてシミが出てくる場合もある為、普段から出来たシミをよく観察しておく必要があります。

 

次の項目で注意が必要なシミについて詳しく説明していきます。

 

 

シミの中でも注意しておきたいのは?

長年過剰な紫外線を浴び続けて、光による老化がすすむとシミの部分がかさかさしてうろこ状やかさぶたのような状態になることがあります。

 

これを日光角化症と呼び、稀に皮膚がんにつながるケースがあります。

 

シミに似たほかの症状を発症してしまう病気としては「悪性黒色腫」「ボーエン病」「表在型基底細胞癌」「固定薬疹」が挙げられます。

 

 

・表在型基底細胞癌

初期症状として黒色や黒褐色の軽く盛り上がった皮疹が現れることが多いです。

 

これが数年間かかって徐々に大きくなり、腫瘤を形成して進行すると中心部が陥没し、その周辺は盛り上がった黒い丘疹になります。

 

表在型の状態は境目が鮮明な紅斑となっており表面にボロボロと落ちるかさぶたのような皮膚がついているようなものになります。

 

特にかゆみや痛みなどの症状がないので、自分では多々気がつかないこともあります。

 

 

・悪性黒色腫

足の裏や体幹、顔面、爪などに発生します。

 

ほくろの細胞、メラノサイトが悪性化することが原因です。

 

初期ではほくろと区別が付きにくいですが、突然できたほくろで、急速に大きくなり、要注意としては直径5ミリ以上になったものになります。

 

これは皮膚癌の一種でどこの臓器にも全身転移する悪性度が高いとなります。

 

 

・固定薬疹

特定の薬剤を内服や吸引、注射等で使用した際に赤みや発疹が出て、それを繰り返すとその部位に色素沈着を起こす場合があります。

 

繰り返していくと薬疹が重症化するケースもある為、注意が必要です。

 

 

・ボーエン病

表皮内部に生じる癌で早期癌の一種です。

 

皮膚は赤く、境界は明瞭で一個だけ生じることが多いです。

 

形は円形であったり、地図状であったりと様々です。

 

表面はざらざらとしており、フケのようなものが付着しています。

 

大きさも大小さまざまで、稀に隆起性になることもあります。

 

今までになかったシミが出来たり、シミに変化が見られる場合には自己判断でなく、病院を受診することをおすすめします。

 

新陳代謝を良くする!シミや黒ずみ、くすみにどう?

 

(Sponsored Link)