(Sponsored Link)

もし、美白効果のある化粧品を使用したり、食生活を改善したりしても治らないようなシミができてしまった場合、除去するにはレーザーでの治療が一般的と言われております。

 

そのレーザー治療による効果であったり、副作用はどのくらいのものなのかという事について詳しくお話ししていこうと思います。

 

大きなふくらみを持つシミができてしまった場合には、普通に肌をケアしていても治す事ができないと言われております。ですから、そういった場合にはレーザー治療が必要になってくるのです。

 

シミを薄くサプリ!どれがおすすめ!?

 

シミのレーザーの効果は?除去できる?

レーザー治療は、レーザーをシミがある部分に照射することによって、シミの元となっているメラニン色素を焼いてしまう事が出来るのです。

 

そしてこのレーザーは、メラニン色素だけにダメージを与える事ができるので、肌自体にはダメージを与えずに済むとも言われているのです。

 

ただし、少なからず痛みを感じるので、一切のストレスを感じずに治療できるというわけではありません。ですから、もし治療を受ける場合には予め痛みを伴うという事を理解した上で受けるようにしてくださいね。

 

レーザー治療の過程

レーザー治療の行程としては、まずレーザーの熱によってメラニンを分解し、そして軽いやけど状態にしてしまいます。

 

そしてレーザー治療後しばらくすると、かさぶたが出来てきます。そのかさぶたが剥がれると同時にシミも剥がれていくというような順序です。

 

このようにしてシミを治療する事ができるのですが、決して一回治療しただけで完治するとは限らないので、注意しましょう。

 

もちろん一回で治す事ができることもありますが、皮膚の深いところにまで及んでいるシミの場合ですと、一度のレーザー治療では深いところまで除去できない事が多いです。

 

なので、何回かに渡ってレーザーをしなくてはならないという事です。ですから、まずは皮膚科に行って自分のシミの症状がどれくらいのものなのかを診てもらうようにしましょう。

 

シミに対するレーザーの副作用

シミのレーザー治療は多くの方が利用されており、多くの方が実際にシミを治す事ができています。しかし、中には副作用が現れてしまい、よりシミが濃くなってしまったという例もあると言われております。

 

ですから、しっかりと医師と相談した上で、自分の体質やシミの種類、シミの大きさなどをしっかりと判断してもらった上で治療を受けるようにしてくださいね。

 

炎症性色素沈着のリスク

レーザーの副作用としてシミが濃くなってしまうのは、『炎症性色素沈着』というものです。レーザー治療を受けてから数週間した後に、シミが濃くなってしまうという症状が出てしまうのです。

 

シミが濃くなるのはメラニン色素が増殖してしまう事が原因だと言われております。このような症状が起きないようにする為にも、レーザー治療を受けた後はその治療を受けた箇所に刺激を与えないようにしていきましょう。

 

そして、レーザー治療後には、医師から薬が処方されますので、必ず処方された薬を忘れずに使用するようにしてください。

(Sponsored Link)

 

治療後は紫外線を浴びない

そして最も重要なのが、紫外線を浴びないようにするという事です。レーザー治療を受けた部分の肌は、他の部分の肌よりもさらに敏感になっています。

 

その為、紫外線によるダメージも受けやすくなっておりますので、せっかくシミを除去する事が出来ても、またダメージを受けてしまいシミを作ってしまう可能性があるのです。

 

ですから、皮膚がしっかりと形成されるまではその箇所にダメージを与えないようにしていきましょう。

 

シミのレーザーの保険は適用!?

シミのレーザー治療には、保険が適用されます。ただし、場所によっては保険が適用されないので気をつけるようにしましょう。

 

基本的に、皮膚科であったり、大学病院の中にある皮膚科であれば、保険が適用されると言われております。しかし、美容外科でレーザー治療を受けても保険は適用されないのです。ですから、できるだけ皮膚科での治療を受ける事をお勧めします。

 

皮膚科でシミのタイプを調べてもらおう!

また、どちらでレーザー治療を受けるとしても、一回だけの治療でシミを完全に治す事ができる可能性はそこまで高くないと言われております。

 

もしレーザー治療を受ける場合には、何回かに渡っての治療が必要になると考えておくようにしましょう。もちろん、小さいシミであれば一回の治療で治る事もあります。

 

しかし、そのようなシミであればそもそもレーザー治療でなくても、美白効果のある化粧品や食生活の改善などで治る可能性もあります。

 

なので、まずは皮膚科に行って、自分のシミがどのようなタイプのものなのかをしっかりと見極めるようにしましょう。

 

そこで、レーザーもしくは手術での治療でしか治す事が出来ないという事がわかれば、レーザー治療の必要が出てくるという事になります。

 

日常的なシミ対策が大切!

どちらにしろ、シミを作らないようにする事が、最も望ましい事ですから、日々の生活から肌へのケアをしっかりと行うようにしていきましょう。特に春から夏にかけての暑くなる季節には、紫外線の量が多くなってきます。

 

ですから、日焼け止めなどを塗らずに直射日光に当たってしまうと、肌へのダメージが大きくなってしまいます。できるだけ、日焼け止めや日傘で対策するようにしましょうね。

 

40代の美白化粧品top5はこちら!

 

まとめ

ニキビや吹き出物、そして日焼けなどが原因となってできてしまうことが多いシミですが、場合によってはレーザーもしくは手術での切除が必要になってきてしまうことがあります。

 

小さなシミであれば、基本的には美白効果のある化粧品を使ったり、食生活を改善して栄養をしっかりと補給していくことで改善することができます。

 

しかし、ほくろのように大きく、ふくらみのあるしみになってしまった場合には、そういった美白効果や食生活の改善などによっては改善できなくなってしまうのです。

 

ですから、そのような大きなシミになってしまわないようにする為にも、できる限り早い段階でケアをしていくようにしましょうね。

(Sponsored Link)