(Sponsored Link)

「目のしわをとる方法!花粉症の時は注意!」

 

目元のしわは、年齢と共に増えるものですが、その原因を突き止め予防することで発生を遅らせる、またはできなくするようにできます。

 

目元のしわの種類や原因とは

目元のしわの種類は大体下記のような種類と原因に分けられます。

 

①紫外線ジワ

紫外線ジワの原因は、肌が乾燥していて、張りがなく、たるんでいる。そして、紫外線対策を1年中していなく、過去に日に焼けて真っ黒になったことがあることが原因になります。

 

とくに、メラニン色素が少ない人は注意が必要です。

 

②乾燥ジワ

乾燥ジワの原因は、肌の表面が乾燥でカサカサしていて、肌が突っ張っていて、目の周囲や口元に細かく小さなしわ(いわゆるちりめんジワです)ができ始めていたりしたら注意が必要です。

 

③表情ジワ

表情ジワの原因は、額、目の周囲、口元を動かすとしわができ、眉間にしわを寄せるなどのくせや顔の一部にしわを寄せる癖があることが原因になります。

 

④ 筋肉老化ジワ

筋肉老化ジワの原因は、顔が全体的にたるみ、頬や口元、目元にうっすらとしわがあり、無表情で顔の筋肉をあまり動かさなかったり、最近太ったりした事が原因になります。

 

⑤痩せジワ

痩せジワの原因は、顔全体にしわが目立ち、急に痩せたり、バランスのいい食事をしていないことが原因になります。

 

⑥スキンケアジワ

スキンケアジワの原因は、スキンケアやマッサージを行うときに力を入れて皮膚を一箇所に寄せてしまうことが原因になります。

 

花粉症が原因のしわの場合は、主に②の乾燥ジワと⑥のスキンケアジワが関わってきます。

 

 

まず、花粉症で目が痒くなると涙が出ます。

 

この涙が目の周囲に常に付着している状態は、とても皮膚が乾燥します。

 

水分が皮膚についている状態だから保水している状態のように見えますが、この水分が常に肌に付いていることによって更なる水分蒸発を促してしまいます。

 

これが、乾燥ジワの原因になります。

 

そして目の痒みで目をこすってしまってできてしまうシワが、スキンケアジワです。

 

目をこするときに皮膚が一箇所に集まるようにこすりますよね、これが続くとシワになってしまうのです。

 

目をこすった事により、皮膚のバリア機能が低下しまたかゆみが起きてしまうという負の連鎖が起きてしまいます。

 

ですが、花粉症による、目の痒みはそのままにしていても治まるものではありません。

 

まず耳鼻科や眼科などに行き、治療をしてもらうことが最善策です。そして、その後に肌にあわせたスキンケアなどを行うことをお勧めします。

 

目のしわの解消法やとる方法とは

顔のしわの中で、目に付くのは目元のしわやほうれい線、そして首が代表的ではないでしょうか?特に目元のしわは、すごく気になります。

 

鏡を見たときに常に目に飛び込んできますし、メイクによってはとても目立ったりもします。

 

そんな目元のしわの解消法は、目の疲れを取ることと水分補給と睡眠をとることです。

 

まず最初に行うのは目の疲れを取ることです。

(Sponsored Link)

 

現代社会ではPCやタブレット、スマートフォンなど切っても切れない社会になっていますが、家に帰ってきたときぐらいは目を休めるようにしましょう。

 

簡単な方法は、湯船に浸かりながら、お湯に浸したタオルを絞りそれを閉じた目に当て10分ぐらい置いて、自分が心地よくなるまで繰り返しても良いです。

 

これは、湯船に浸かりながらというのがコツです。

 

体温が上がり、マイボーム腺が開きやすくなります。

 

もちろんお風呂に入らなくても、電子レンジでぬれタオルを温めて瞼に置くだけでも効果があります。

 

電子レンジの場合は熱々になりますのでやけどに注意してください。

 

会社に電子レンジがあるようなら休憩の合間に行うのも良いです。

 

これだけでも、目の疲れが取れますし、目の脂が出るようになり軽めのドライアイも解消されます。

 

目のマッサージですが、目の周りの皮膚は薄く、とてもデリケートですので、マッサージを行うときはそっとやさしく行いましょう。

 

そして、乾燥自体に効果があるのが保水です。

 

これは、化粧水や美容液をつけるということも含みますが、もっと簡単なのは水を飲むのが効果的です。

 

水を飲んで体の中の水分量を増やすということです。

 

皮膚から水分を入れるよりも早く肌に水分を届けることができます。

 

ぜひお水は常温で摂る事をおすすめします。また、顔のヨガを行うこともおすすめです。

 

花粉症と目元のしわの関係とは?対策について

目の下のまぶたと花粉症は特に何も関係していないと思われがちですが、実は大きく関係しています。

 

最近の研究報告では乾燥肌の人ほど、花粉の影響を受けやすいということが報告されてきているからです。

 

まず、肌の水分量が減るとどういうことが起こるかというと、肌のバリア機能が低下してしまいます。

 

バリア機能が低下しているところに花粉が付着すると、肌が炎症を起こしかゆみを引き起こします。

 

そうすると、肌をこすっちゃいますよね?肌を擦ると少なからず皮膚を削ります。

 

そうすると肌のバリア機能がもっと低下し、もっと強い炎症や痒みを引き起こすといったように、負のサイクルになってしまいます。

 

また、花粉症が置きやすい、春は空気中の水分が低下している時期でもあります。

 

冬も水分量は少なくなりますが気温が低いため、実はあまり乾燥の影響は受けなかったりします。

 

しかし、春になって気温が上昇し乾燥が進むと、肌の水分量も減って、バリア機能も低下しているところに花粉による刺激が起き、炎症が起きてしまいます。

 

これが花粉症によるしわの原因になります。

 

花粉症によるシワの予防対策として、一番効果があるのは「肌の保水と保湿」です。

 

保水と保湿は似ているようで非なるものです。

 

まず保水とは、水分を保持することで、保湿とは湿潤を維持持続するということです。

 

土に水を撒く行為が「保水」でその撒いた水を蒸発させないように蓋などをするのが保湿です。

 

ですので、水だけ撒いて蓋をしないのも駄目ですし、水を撒かずに蓋をしても意味がないのです。

 

まず最初に行うのは、水を多めに飲むということ、そして保水をした後に保湿をきちんと行うことです。

 

乾燥肌が治らないという方は試してみてください。

 

(Sponsored Link)