フォトRF

【初心者向け】paypay証券で口座開設!リスクを最小限に抑える米国株投資

 

・米国株に投資してみたいけど少し不安。
・今後爆上がりが期待できるTESLAやGAFAMのような大型株でリスクを最小限に抑えたいけどまずは少額から初めてみたい。

 

と悩んでいませんか?

paypay証券では、1,000円から米国株に投資できるリスクを最大限抑えたい初心者さんに最適なサービスです。

どうしても個別株に手を出したくなってしまうのですが、いきなり大型株を株単位で購入すると暴落時に含み損が大きくなったり購入タイミングが分からず精神面で不安になってしまうので、まずは1,000円から米国株に少額投資できるpaypay証券がおすすめです。

私自身もpaypay証券を利用して、GAFAMやTESLA、NVIDIAなどに均等投資をしています!

この記事では実際の画面を使いながら初心者の方でも分かりやすく口座開設の手順を解説していきます!

前置き不要の方は、以下から口座開設手順へ!

 

2022.1.31までキャンペーン実施中
キャンペーンコード:cpn2112
 

paypay証券公式HPはこちら

無料で口座開設する

 

現在の100万円の価値=30年後の55万円!?

老後2,000万円問題から始まり、最近はつみたてNISAやiDeCoでの資産形成・さらには配当金収入や投資による福利の効果によって億り人になったり脱サラする人も続出し、FIREというワードも当然のように使われる時代になりました。

貯金が1番損する時代に突入

昔は先進国といわれていた日本。銀行にお金を預けておくだけで莫大な利息がつくようなバブルは過ぎ去り、円安の加速が止まらず日本の株も暴落。
この記事を書いている2021年1月現在ついにドル円が116円まで到達しています。

普通に暮らしていると気付きにくい部分ですが、ガソリンや生活必需品を含め物価は上昇し続けているので、一生懸命貯金だけを続けていても利息はほぼつかず日本円の価値は下がり続け、知らないうちに資産は減りまくっている状態。

それなのに消費税や社会保険料は毎年上がり年金は減る一方。さらには毎年たった2%の物価上昇だとしても、現在の100万円の価値は10年後には80万円、30年後には55万円になってしまうんです。

いやいやさすがに下がり続ける訳がない!と思いたいところですが、たった25年でスーパーカップは100円から140円へ、カントリーマアムやチョコパイも子供の頃と比べると随分小さくなりました。

 

リスクを最小限に抑えられるのが米国株である理由

世界時価総額ランキングを見ると一目瞭然ですが、平成1年には上位50社のうち32社が日本企業だったのに対し、平成31年にはなんと日本企業はTOYOTA1社しか入っていません。今や半分以上が米国企業になり、人口の多さや今後もアメリカは伸び続けていくと言われているので、プロの投資家や富裕層が主な投資先としているのが米国株なのです。

少子高齢化が進む日本や2030年にピークに達すると言われている中国と違い、アメリカは2050年までの30年間で4,800万人もの人口増加が予測されているんだとか

このままではマズい?心配性だからこそリスクを抑えた資産管理

とはいえ、日本の住みやすさやご飯は世界的にもトップクラス!できればこのまま日本に住み続けたいけど経済面で日本は不安…という私のような方も多いのではないでしょうか?

昔から心配性で石橋を何十回も叩いて渡るような性格なので、数年前まで投資なんて危ないと興味がなかった私ですら、このままなにもせず貯金だけしているのが一番マズいのでは?と思い、自分の資産を安定的に守るために投資に目を向けることにしました。

そこでまず始めてみたのがつみたてNISA。コロナ直後で今年のように株価が暴落していたこともり、面白いほど資産が爆上がりしました!一部の貯金を証券口座に少しずつ移しただけなのに、約1年半で約20万円も勝手に資産が増えていたんです!投資先はもちろん1番リスクが低くて将来性のある米国です。

投資銘柄はこちらの記事で詳しく紹介しています。

 

paypay証券とはどんな会社?サービスの内容や特徴は?

1,000円から株が購入できる

 

3ステップで株の売買ができる

 

paypay証券で投資できる米国株の銘柄

GAFAMと呼ばれる、アップル(AAPL)・グーグル(アルファベット)・マイクロソフト(MSFT)・メタ(FB)・アマゾン(AMZN)やテスラ(TSLA)などの大型株をはじめ、ETFの売買も可能です。

 

paypay証券のメリット

少額からGAFAMやTESLAなどの大型株に投資できる

 

リスク分散ができる

 

配当金収入が得られる

 

暴落時の含み損が少額で済む

 

paypay証券のデメリット

 

暴落時には含み損が発生する

 

時間外取引すると手数料が割高

24時間いるでも取引ができるのがpaypay証券のメリットでもありますが、米国市場の取引時間以外にpaypay証券で株の売買を行うと

 

paypay証券の口座開設方法を詳しく解説

口座開設までの手順はわずか3ステップなので5分もあればサクッと完了します!

 

口座開設3ステップ

 アカウントを開設

 基本情報を入力

 本人確認書類をアップロード

 

【5分】口座開設手順3ステップ

それでは早速いきましょう!

step
1
アカウントを開設

 

 

上記の画面が表示されますので、【無料で口座開設>】をタップし、

次の画面でメールアドレスを入力して、【送信する】をタップします。

 

step
2
基本情報を入力

 

step
3
本人確認書類をアップロード

 

口座開設までは3日ほどでした!混みあっていると1週間程かかることもあるようなので、絶好の投資タイミングに備えてはやめに開設を済ませておきましょう!

 

まとめ

今回はリスクを最小限に抑えて米国株デビューできるpaypay証券の口座開設手順を解説致しました。

1,000円から米国株に投資ができることでGAFAMなどの優良大型株でも1株の金額に左右されず均等的に投資が可能になります。ポートフォリオが偏ることなく資産を少しずつ大きくできるのはリスク分散の観点からもメリットが大きいです。

最大限リスクを抑えたい初心者さんにとって米国株へのハードルがグッと低くなりますね!

投資をはじめるとどうしても個別株に手を出したくなってしまうのですが、大型株を株単位で購入すると精神的に不安になってしまうので、まずはpaypay証券で1,000円から米国株にチャレンジしてみましょう!

2022.1.31までキャンペーン実施中
キャンペーンコード:cpn2112
 

paypay証券公式HPはこちら

無料で口座開設する

 

 

 

-フォトRF

© 2022 美肌Labo Powered by AFFINGER5