シミ

そのタイミングではダメ!シミクリームの効果を最大限に発揮させる方法とは?

・シミができる原因について分かりやすく教えてほしい。
・シミクリームを無るタイミングはいつがベスト?

 

このような悩みを解決する記事です。

 

こんな方におすすめ

  • シミはなぜできるの?
  • シミに効く成分とは?
  • シミクリームの塗るタイミングとは?
  • シミクリームの正しい塗り方
  • シミクリームの効果を高める合わせ技とは?
  • シミのないお肌を目指して

 

\プラセンタの10倍を誇る美肌効果成分配合/

美白オールインワンジェル【SimiTRY(シミトリー)】

 

シミはなぜできるの?

 

シミができる主な原因は紫外線です。

 

私たちのお肌は、紫外線に当たるとお肌の中のメラノサイトという細胞が活性化して、メラニン色素を作り出すメカニズムになっています。

 

なぜなら、お肌の細胞核を紫外線から守るための正当防衛として、メラニン色素が活躍してくれるからです。

 

お肌はターンオーバーを繰り返していて、約一か月で新しいお肌に生まれ変わります。

 

通常ならメラニン色素もターンオーバーのタイミングで、お肌から剥がれ落ちます。

 

しかし、紫外線をたくさん浴び続けてメラニン色素が多く作り出されたり、不規則な生活や加齢によってターンオーバーのサイクルが乱れて長引いてしまうと、メラニン色素がお肌に残り沈着してしまいます。

 

これが、シミとなるのです。

 

シミに効く成分とは?

 

研究開発が進み、シミに効くと言われている成分は世の中にたくさんあります。

 

しかし、現時点で厚生労働省が承認した美白有効成分は、たった20種類ほどしかありません。

 

承認されるためには、有効性や安全性を実証する必要があります。

 

実証には時間が掛かるため、認可が下りにくいという背景もあり、承認はハードルが高くなっています。

 

厚生労働省で承認された美白有効成分が規定量配合されている化粧品は、「医薬部外品」や「薬用化粧品」と呼ばれていて、シミ対策には一番期待できます。

 

美白有効成分には、シミを予防するものと、できてしまったシミを薄くするものの二種類があります。

 

シミを予防するものでよく化粧品に使われているのは、「シミの漂白剤」とも言われることがあるアルブチンです。

 

メラニンを生み出す酵素であるチロシナーゼの活性化を阻害する作用を持っています。

 

他にも、メラニンを生み出す細胞であるメラノサイトの活性化を抑制する作用を持つm-トラネキサム酸や、若返りで有名な成分であるプラセンタ、コウジ酸、エラグ酸、リノール酸などがあります。

 

できてしまったシミを薄くするものには、メラニンの生成を抑制するだけでなく、メラニンを淡色化する作用も持つハイドロキノンや、ビタミンC誘導体があります。

 

シミクリームの塗るタイミングとは?

 

シミ対策と言えばシミクリームです。

 

成分表示を確認して、厚生労働省が承認した美白有効成分が配合されているものを選びましょう。

 

塗るタイミングは、洗顔後に化粧水、美容液、乳液を塗った後です。

 

よく洗顔後すぐ塗っている方がいらっしゃいますが、それは間違いです。

 

化粧水や乳液で保湿した後の方が、シミクリームの浸透率が良くなるので、塗るタイミングを間違えないようにしましょう。

 

効果を最大限引き出すには、この浸透率が大切です。

 

シミクリームを塗る順番を守った上で、浸透率が一番高くなる塗るタイミングは、お風呂上がりです。

 

お風呂上がりのお肌は、清潔で毛穴が開いており水分量が多いので、お肌の内部まで美白有効成分が届きます。

 

お風呂上がりは、シミ対策の絶好のチャンスと言えます。

 

シミ対策はしたいけれど、お風呂に入るのが面倒だという方がいらっしゃると思います。

 

そんな方は、洗顔後に蒸しタオルやスチーマーなどを利用して、お風呂上がり同様の毛穴が開いた状態を作ると効果的です。

 

シミクリームの正しい塗り方

 

シミクリームは、適正量を顔全体に塗り広げます。

 

シミが気になる部分や、頬の高い部分や鼻など紫外線がよく当たる部分は重ね付けすると良いでしょう。

 

高価なシミクリームをできるだけ長期間使えるように少しずつ使っている方がいますが、適正量を塗らなければ効果が発揮できません。

 

ご自身の価値観に合うシミクリームを選び、ケチらずに使いましょう。

 

また、塗る指の圧力が強すぎると、お肌に刺激を与えてしまいます。

 

お肌を動かさないようにやさしく塗りましょう。

 

シミクリームの効果を高める合わせ技とは?

 

シミクリームがお肌によく浸透するように、塗った後はハンドプレスしましょう。

 

手の平で顔を包み込むようにすれば、手の体温によってシミクリームがお肌の奥までしっかり浸透します。

 

また、化粧水や美容液、乳液も美白効果のあるものにすると、美白成分が次々とお肌に働きかけるので、より効果的です。

 

もっと効果を高めたいという方は、お肌の外側からケアするだけでなく、Lシステインなどの成分を含んだ美白サプリを飲む方法もあります。

 

体の内側からも同時にケアすることが、シミ予防やシミ対策の新常識になりつつあります。

 

シミクリームと合わせて使うことで効果絶大な「美白オールインワンジェル」

 

シミクリームの効果の出方は個人差があります。

 

もちろん、シミクリームだけで効果を実感できる方もいますが、あまり効果を実感できない方もいます。

 

そのような時は、シミクリームと合わせて「SimiTRY(シミトリー)」という美白オールインワンジェルを利用してみませんか?

 

この「SimiTRY(シミトリー)」にはプラセンタの美肌効果の約10倍の効果を発揮する成分が配合されています。

 

この効果により、30~50代の女性を中心にご好評中です。

 

ちなみに、現在初回購入のみ26%オフで購入可能となり、高級マスクもプレゼント中です。

 

ぜひこの機会にお試し下さい!

 

\プラセンタの10倍を誇る美肌効果成分配合/

美白オールインワンジェル【SimiTRY(シミトリー)】

 

シミのないお肌を目指して

 

シミのないお肌は、表情が明るく見えて若々しい印象を与えます。

 

季節に関係なく、日頃から日焼け対策や美白スキンケアを心がけましょう。

 

毎日丁寧にスキンケアしていても、すぐには効果が実感できないこともあるかもしれません。

 

それは、美白有効成分の中には効き目がゆっくりなものもあるからです。

 

ですので、まずは3か月シミクリームを始めとするスキンケアを継続してみて下さい。

 

3か月後には、ワントーン明るくなった素肌を感じられるはずです。

 

-シミ

© 2020 美肌Labo Powered by AFFINGER5