おすすめ記事 ニキビ跡

【ニキビ】正しい薬の塗り方!最大限効果を引き出す為に必要な事とは?

・効果を最大限に引き出すニキビ薬の塗り方を知りたい。

・効果を実感できるおすすめのニキビ薬を知りたい。

 

このような悩みを解決する記事です。

 

こんな方におすすめ

  • 皮膚科でもらえる薬の種類
  • ニキビの薬の塗り方
  • 薬を塗り忘れた!どうする?
  • 塗り薬の上から絆創膏を貼るのはOK?
  • 本格的に自宅でニキビ治療を行いたいのであれば「ラクトピール」がおすすめ!

 

\天然乳酸を使ったピーリング剤/

3日に1度のホームケアでニキビ 美白 引き締めに「ラクトピール」

 

気になるニキビは、自宅でのセルフケアでどうにか治そうと頑張る方法も悪くありませんが、皮膚科を受診すれば薬を処方してもらうことができます。

 

ニキビの治療薬には飲み薬と塗り薬があり、病院によって処方される薬は異なります。

 

どの薬も健康保険が適用されるので、治療費が高くなる心配はありません。

 

ニキビ治療は、人によっては長期間かかることがありますから、リーズナブルに治療できるという点は、大きな安心感と言えるでしょう。

 

皮膚科で処方してもらえる薬には、どんな種類があって、どんな塗り方をすれば良いのでしょうか?

 

皮膚科でもらえる薬の種類

 

ニキビで皮膚科を受診すると、ニキビの状態に合わせた薬を処方してもらえます。

 

体内環境を整えたり腸の運動を活性化できる飲み薬を処方してもらえることもありますが、塗り薬だけでも大きな治療効果があります。

 

以下に代表的な塗り薬を紹介しています。

 

ニキビ治療に効果のある塗り薬

  • ダラシン
  • アクアチムクリーム
  • リンデロン
  • ゲンタシン

 

1つ目の薬は、ダラシンです。

 

ニキビ治療で処方されることが多い塗り薬で、アクネ菌やブドウ球菌などニキビの原因となる細菌を殺菌する作用があります。

 

ローションタイプとゲルタイプとがありますが、どちらも作用は同じです。

 

ローションタイプは少量でも広く伸ばせるので、広い範囲のニキビに処方されることが多い薬です。

 

2つ目の薬は、アクアチムクリームです。

 

これもニキビの原因となる細菌を殺菌する作用がある薬ですが、クリームタイプとなっていて液だれしないという特徴があります。

 

3つ目は、リンデロンです。

 

肌の炎症を抑える作用がある薬で、ステロイド系に分類されています。

 

ニキビの炎症がひどい時には一時的に処方されることはあるものの、ニキビ治療として長期に渡って継続できる薬ではありません。

 

リンデロンを継続して使っていると、皮脂分泌が促進されてニキビができやすい肌環境を作り出してしまいます。

 

そのため、あくまでも一時的に使う薬だと考えると良いでしょう。

 

4つ目の薬は、ゲンタシンです。

 

これは抗生物質の薬で、肌の炎症をストップする作用があります。

 

おできなどの炎症系トラブルを始め、擦り傷・切り傷の化膿予防の治療に使われることが多い薬ですが、長期間の使用には適していません。

 

そのため、ニキビ治療としては一時的に処方されることはあっても、ゲンタシンをメインの治療薬にすることはありません。

 

ニキビの薬の塗り方

 

皮膚科で処方されるニキビ治療薬には、クリームタイプやゲルタイプ、ローションなど多種多様なタイプがあります。

 

洗顔後やお風呂の後のタイミングで薬を塗るという人は多いですが、薬と化粧水、どちらを先に使うのが良いのでしょうか。

 

薬も化粧水も、どちらも肌の角質細胞に浸透させることを目的として使います。

 

そのため、順番は油分が少ないものを最初に使い、油分が多いものを後に使うのがおすすめです。

 

油分が多いものを最初に使うと、肌の表面に油が膜を張るため、その後に使うスキンケアが肌に浸透しにくくなってしまいます。

 

普段のスキンケアでは、油分が少ない化粧水を最初に使い、保湿クリームや乳液など油が多めのものを最後に使います。

 

ニキビ治療の薬を使う際にも、油がどのぐらい含まれているのかによって、使う順番を変えましょう。

 

例えばローションタイプの薬は、化粧水の前に使うのがおすすめです。

 

ゲルタイプも油は少なめなので、化粧水の前が良いでしょう。

 

クリームタイプのものは油分が入っているので、化粧水でしっかり肌を保湿した上で薬を塗るという順番になります。

 

薬を塗り忘れた!どうする?

 

ニキビ治療で処方される薬の多くは、1日2回~3回ぐらいの使用が目安です。

 

朝の洗顔後、夜はお風呂の後のタイミングで塗ると決めておけば、塗り忘れてしまう心配は少ないでしょう。

 

しかし、もしもうっかり塗り忘れてしまった場合には、気づいた時にサッと塗れば問題ありません。

 

ニキビ治療の塗り薬は、塗り忘れたからと言ってニキビが悪化する心配はありません。

 

用量を守らずに多く塗り過ぎるのは副作用のリスクが高くなるのでNGですが、1度ぐらい忘れても大きな問題が起こることはないので安心してください。

 

例えば、朝塗り忘れたことを昼に気づき、昼にサッと塗ったとしましょう。

 

その日の夜、お風呂の後に再び塗っても問題はありませんし、間隔をあけたいなら次回は翌朝にするという方法もアリです。

 

塗り薬の上から絆創膏を貼るのはOK?

 

ニキビ治療のための塗り薬を塗ったら、その上から絆創膏を貼ると治りが早くなるという話を聞いたことがある人は多いでしょう。

 

ニキビ治療だけでなく、傷を早く治すための方法として近年多く用いられているのは、薬を塗った後は絆創膏などで傷口に蓋をするという温存療法です。

 

ニキビ治療においても、炎症がひどくなると、その部分のバリア機能が低下し、わずかな刺激に対しても過剰に反応してしまう可能性があります。

 

その場合には、絆創膏を使うことによってニキビを外部の刺激から守ることができます。

 

しかし、基本的にニキビ治療では絆創膏は使いません。

 

絆創膏を貼りっぱなしにしていると、その部分が蒸れて痒くなったりするトラブルが起こる可能性もあります。

 

そのため、炎症がひどくない場合には絆創膏は使わずに治すのがおすすめです。

 

本格的に自宅でニキビ治療を行いたいのであれば「ラクトピール」がおすすめ!

 

市販で販売されている塗り薬を使ってもあまり効果を実感できない場合もあります。

 

そんな時は皮膚科医もお勧めしている「ラクトピール」をぜひ試してみましょう。

 

「ラクトピール」は天然の乳酸を使った家庭で簡単にできるニキビ・肌荒れ予防洗顔料です。

 

自宅で簡単に本格的なニキビ治療を行うことが出来ますよ!

 

\天然乳酸を使ったピーリング剤/

3日に1度のホームケアでニキビ 美白 引き締めに「ラクトピール」

-おすすめ記事, ニキビ跡

© 2020 美肌Labo Powered by AFFINGER5